【海外最新情報】歴史的な名車VWビートルの生産終了を偲ぶ 映画「バンブルビー」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年9月13日に、1938年の誕生から80年ものあいだ、世界中で愛され続けてきた歴史的な名車が生産を終了し、その生涯に幕を閉じることが報道され話題となっています。
車の名はフォルクスワーゲン ビートル。衝撃のラストデイは来年7月だと、ドイツのフォルクスワーゲン社はアナウンスしています。
新しいビートルにはもう乗れなくなってしまうと、現在も数多く存在する熱狂的なファンたちを、とてもがっかりさせることとなりました。

アメリカの映画制作会社 ドリームワークスが提供する、大人気映画シリーズ「トランスフォーマー」待望の最新作は、長い歴史についに終止符を打つ、フォルクスワーゲン ビートルを偲ぶ作品として注目を集めています。
高倉 健さんも思わず喜ぶ、幸せの黄色いビートルが主人公という話題の映画「バンブルビー」を紹介します。

トランスフォーマーって何?

トランスフォーマーとは、日本の玩具メーカータカラトミーが製造する、変形ロボット人形シリーズです。
1980年代に、タカラと業務提携を行った米国のハズブロ社が、他にも数社の製品を合わせて「TRANSFORMERS」として発売したところ、全米で大ヒット。
トランスフォーマーとは宇宙からやってきたロボット生命体で、正義のサイバトロンと悪のデストロンという二つの勢力が存在し、人類が住む地球を舞台に、それぞれが生死をかけた熾烈な抗争を繰り広げるという設定です。

さまざまな乗り物に変形するのが特徴

トランスフォーマーたちは、地球に存在するさまざまな乗り物や動物に姿を変える(トランスフォーム)ことができるという特徴を持ち、数多くのアニメ作品が制作され、アメリカの子供たちに大人気となります。

2007年からは、幼いころトランスフォーマーに胸を熱くさせた世代の心を揺さぶる実写映画が、スティーブン スピルバーグ総指揮の元で制作され、世界中で大ヒットを記録する人気シリーズとなっています。

バンブルビーとは?

バンブルビーとは、トランスフォーマーシリーズの登場人物です。
仲間の中ではもっともからだが小さく能力も劣るが、戦いでは持ち前の勇気で大活躍し、とても人懐こい性格というユニークなキャラクターでファンたちに支持されています。

シリーズ待望の新作「バンブルビー」は、トランスフォーマー初のスピンオフ作品で、物語の舞台は、まさにトランスフォーマーが誕生した1980年代となっているところも興味深いです。

放置されたポンコツのビートルが実は…

1987年のカリフォルニアで、主人公でティーンエイジャーの少女チャーリーは、海沿いのスクラップ置き場で偶然に見つけた、くすんだ黄色をしたポンコツのビートルに心を惹かれます。
打ち捨てられたビートルを自宅に持ち帰り、レストアを始めようとしたチャーリーでしたが、車の下に潜り込んだ瞬間に仰天!

その車は、ただのポンコツではなく、実は宇宙から来たロボット生命体トランスフォーマーの一人、バンブルビーが変形した姿だったのです。

フォルクスワーゲン ビートルについて

世界の自動車史に残る名車ビートルとは、正式には1938年に誕生したフォルクスワーゲン タイプ1で、独特のカブトムシに似たボディフォルムから、愛着を込めてこう呼ばれています。
設計したのは、高性能スポーツカーの代名詞として知られるポルシェを生み出した、Dr.フェルディナンド ポルシェです。
フォルクスワーゲンとは、日本語で「国民車(国民のための車)」という意味です。当時ナチス ドイツの総統アドルフ ヒトラーが、一部の富裕層にしか手に入らなかった自動車を、国民の誰もが所有できるようにすると宣言したことから開発されました。

終戦後に叶えられた国民の夢

第二次世界大戦の終戦後、ビートルは、戦災で破壊されたドイツを復興させる事業の一環として、連合国の支援によって本格的に生産を開始。その後は、国内だけで100万台もの数が走行するという、大ベストセラーとなります。

ビートルは1998年に、誕生してから初めてのモデルチェンジが行われます。新型は北米を中心に人気車となり、2011年に現行型へとバトンタッチ。
かつてと変わらないカブトムシのボディスタイルに、最新の性能を備えて注目を集めましたが、世界的に小型車の人気が低下すると同時に販売台数は減少します。
さらに環境問題の深刻化から、世界的に電気自動車などへの転換が勧められることを背景に、残念ながら、生産終了が決定されることとなりました。

まとめ

映画「バンブルビー」で主演の少女チャーリー役を務めるのは、期待の実力派女優ヘイリー スタインフェルドです。
もう一人の主役であるバンブルビーこと、悲しくも生産終了が決まった名車フォルクスワーゲン ビートルにも注目が集まる、映画「バンブルビー」は、2019年の春に日本公開予定です。

Source: SATS

【海外最新情報】歴史的な名車VWビートルの生産終了を偲ぶ 映画「バンブルビー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です