平家物語から学ぶインターネットビジネス業界#601

 

平家物語から学ぶインターネットビジネス業界

 

黙っていればキレイ?

あら〜今日になったら一気に静かですね〜wまるきちさんというなかなか素直にほめてくれない方からお褒めの言葉を頂きましたおともですw

黙っていればキレイ??

という最高の?お言葉も頂きましたのでこれからもガシガシおとも節を炸裂させていきますね(^o^)/昨夜のまるきちさんのメルマガにも書かれていましたが、文章だけでなくメルマガからその“背景”を読むっていうのも本当に面白いものですよ。普段はメルマガ配信しない人がいきなりバッサ〜送ってきたら・・・いろんな意味で驚きますよね。つまり、その背景ですよね・・・まぁそんな事をこの表の舞台でガシガシ書いてしまうとクレームが出ますわね〜ψ(`∇´)ψ

という事で、こういったのは たま〜に ですが裏で書いてますので裏口登録して下さいね♪

 

平家物語とインターネットビジネス業界

 

さて。
昨夜のメルマガで少し触れた“諸行無常”…なんだか懐かしくなかったですか^^学校の教科書に出てきましたよね、平家物語

______________

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

たけき者も遂には滅びぬ

偏に風の前の塵に同じ

______________

 

釈迦の寺の鐘の音は不変なモノは何1つないと言ってるかのよう

釈迦が入滅したときに枯れたツバキは何でも必ず枯れる時がくるという事を表しているようだ

どんなにすごい業績を出してもその後はなまけ怠るようなヤツは、「春の夜の夢のごとし」で儚い。

 

調子に乗れるのも今のうち、それは一過性でしかなく長くは続かないぜ〜

どんなに今ブレイクして勢いに乗っていてもいつかは必ず滅びる

っと言いますか、風が吹いて散るチリと同じですから〜

ごめんけど!

 

「平家物語 おとも語訳」m(_ _)m

______________

 

文章1つ、言葉1つから、そういった怠慢さって伝わりますよね。私が尊敬する師匠達は、怠けることなく常に動き続けています。私もその背中を追いかけるかのように常に走り続けるだけです。マラソンじゃないけど、前を走っている人がいるという事は有り難いことですね。そして、後ろを走ってくれる人がいるという事も有り難いことです。

だってなんとなく止まれないじゃないですかw

このように私は怠ける暇もなく不変なモノがない事を常に体感しているんだな〜と、当たり前のようで当たり前じゃない日常に感謝する今日この頃です。

 

私のメルマガは止まりませんね〜悪しからず。

 

こんな感じで今日はサラッと終わります。

(アカデミーの準備終わってないよ〜汗)

 

明日は、MYCの2018年上半期アカデミーです!

Source: おとも

平家物語から学ぶインターネットビジネス業界#601

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です