【海外最新情報】巨匠ヒチコックの傑作が現代によみがえる ドラマ「ベイツ モーテル」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

巨匠アルフレッド ヒチコックが手掛けた、サスペンススリラーの金字塔として後世に語り継がれる、映画「サイコ」。

その象徴的な登場人物である、精神障害を持つ殺人鬼ノーマン ベイツと、物語の舞台となったあの血塗られた建物が、テレビドラマとしてカムバックされ大ヒットしています。

海外ドラマ「ベイツ モーテル」は、かつてアンソニー パーキンスが演じた想像を絶するキャラクターを、若き実力派俳優フレディ ハイモアが現代によみがえらせ、全米を恐怖で震撼させていると大変な話題です。

時空を超えて人々を惹きつける名作「サイコ」とは何なのか、たっぷりと見せてくれるドラマとなっています。

実在した殺人犯をヒントにした作品

映画「サイコ」は、1950年代に実在した殺人犯、エド ゲインにヒントを得て書かれたスリラー小説を元にした作品です。

このエド ゲインについては、あまりにもおぞましすぎるため割愛しますが、「サイコ」のノーマン ベイツは、この殺人犯が持つ特異な生い立ちをヒントにして生まれました。

子育てママはどうかご用心を

「ベイツ モーテル」は、元はごく普通の子供だったノーマン ベイツが、母親ノーマ ベイツによる常軌を逸した過保護な育て方から、次第に精神を破綻させてゆく様子が描かれます。

感受性の強い少年期の心が、いかにして崩壊し、殺人を犯すほどの狂気を抱くまでになったのかを、現実感に満ちたストーリーで展開。

ノーマは、母親でありながら、息子ノーマンに対してまるで恋人のように、自分の持つ何もかもをぶつけて重みを着せてゆきます。

純粋なノーマンは、母親の希望にこたえようとするあまり、心にストレスが溜まり…。ドラマでは、このような母子関係のひずみに焦点を当て、子育てに励むお母さんたちにも、とても興味深い作品です。

傑作スリラーの現代版として

「ベイツ モーテル」の時代背景は、映画「サイコ」が公開された60年代ではなく、現代のアメリカです。

物語の舞台もアリゾナからオレゴン州の田舎町へと変更されています。

主人公ノーマンも、原作小説ではカセットテープすらまだない時代でしたが、彼は最新のスマートフォンで、インナーイヤーヘッドフォンを耳に音楽を聴きながら登場。ノーマンは、母親ノーマに言われるがままに引っ越してきたこの町で、地元の女の子たちに早くも発見されます。

何と彼女たちは、最新型BMWのオープンカーに、ノーマンを含め5人を乗せて学校へ向かうという、あのビバリーヒルズ高校生白書さながらの展開。

不慮の事故がきっかけで父親を亡くす

ノーマとノーマン親子が、このオレゴン州の片田舎にわざわざ引っ越してきたのは、自宅でノーマンの父親が、謎の事故によって亡くなってしまったためです。

母親ノーマは、息子ノーマンと二人で人生をやり直すために、素晴らしいアイディアを思いつきます。

それは、夫の死亡保険金で得たお金で、たまたま売りに出ていたオレゴンの屋敷と併設するモーテルとを買い取って、母子二人でモーテルを経営しながら暮らすこというものです。

これはノーマン ベイツのモデルとなった殺人犯エド ゲインの母親が、ウィスコンシン州プレインフィールドの町はずれに農場を購入し、外部の社会からはなるべく隔離して、幼い二人の兄弟を育てたことと一致しています。

俳優たちの素晴らしい演技に絶賛

映画「サイコ」でメガホンをとったアルフレッド ヒチコックや、原作小説を書いたロバート ブロックももうこの世にはいませんが、かつての傑作を元にドラマを立ち上げたのは、「LOST」を大ヒットさせたカールトン キューズです。

今もっとも旬な俳優フレディ ハイモア

ドラマ「ベイツ モーテル」の見どころは、殺人鬼ノーマン ベイツの少年時代という見るからに難解な役柄を、非凡な才能を発揮し、見事に演じ切った俳優フレディ ハイモアでしょう。

現在24歳のフレディは、数々の映画やドラマに主演し活躍する、ハリウッドでもっとも注目される若手の一人です。

迫真の演技を魅せるヴェラ ファーミガ

息子のノーマンを、異常なまでの執着心で手の中に置こうとする、母親ノーマ役を、映画「マイレージ マイライフ」でジョージ クルーニーと共演し話題を呼んだヴェラ ファーミガが演じます。

これまの人生にどこを見てもいわくだらけの中年女性ノーマが、息子の心を次第にいびつにしていく様子を、常に迫真の演技で魅せてくれるヴェラの姿に、誰も目をそらすことなどできません。

まとめ

ドラマ「ベイツ モーテル」は、全米ですでに最終シーズンの放映が終了し、大変な反響のうちにラストを迎えたと言います。

日本でも衝撃のラストとなる待望のシーズン5が、2018年10月26日に、WOWWOWプライムにて放送されることが決定!

第一話は何と無料で視聴できるとのことで、海外ドラマファンはぜひともお見逃しなく。

Source: SATS

【海外最新情報】巨匠ヒチコックの傑作が現代によみがえる ドラマ「ベイツ モーテル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です