【海外最新情報】ディケンズが書いた名作の誕生秘話 映画「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イギリスを代表する文豪チャールズ ディケンズが、まだ若き日に書き上げた、児童文学における不巧の名作として、世界中で愛され続ける中編小説「クリスマス キャロル」。1843年12月の初版から170年以上もの時を経て、今もなお読まれ続けているこの傑作が生まれた背景には、ディケンズ自身の生い立ちや、貧困を極めた子供時代への想いがあります。

映画「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」は、世界の文学史に燦然と輝く数々の名作を世に送り出してきた、小説家ディケンズの心にじかに触れられそうな、名作「クリスマス キャロル」誕生の秘話を描いた注目の作品です。

スクルージよ なぜもそんなにケチなのか

映画の主人公、若き日のチャールズ ディケンズを演じるのは、ディズニー映画「美女と野獣」で注目を集め、ドラマ「ダウントン アビー」で一躍人気者となったダン スティーブンスです。

ダン扮するチャールズは、作家としてはまだまだ駆け出しの青年。

自宅の維持費や、家族を養うお金にも事欠くほど、経済的に困窮しています。

彼は、将来の見えないこの状況を何とかしようと、必死に思案を巡らせるうちに、クリスマスの日に訪れる不思議な物語を思いつきます。

チャールズがさらに想像を膨らませていくと、目の前に、見たことのない初老の男性が姿を現します。

その男性こそが、あのどうしようもないケチんぼで、人情のかけらもない小説の主人公、嫌われ者の守銭奴スクルージなのでした。

実はクリスマスの生みの親だった?

嫌われ者の商人で、異常なほどお金に執着を持つ、他人のことなど誰一人信用できない哀れな男性スクルージを演じるのは、オスカー俳優クリストファー プラマーです。

映画「人生はビギナーズ」でアカデミー助演男優賞を受賞したクリストファーは、漂わせる雰囲気や、いかにも気難しそうな表情など、どこを見てもスクルージそのもの。

小説「クリスマス キャロル」の中で、何を見ても心を動かせない非情な守銭奴から、思いやりにあふれた紳士へと変わっっていく主人公スクルージ。

彼こそが、遠い過去から現在まで続く、家族で和気あいあいと過ごすクリスマスを生み出した、立役者だと言われています。

そのようなスクルージが、映画では創作に悩む若きチャールズに、多大なインスピレーションを与えていきます。

現実の話を元にして作られた作品

映画の舞台は1843年のロンドン。ジャーナリストとして仕事をする傍らで書いた小説がヒットし、ようやく作家として世間に知られるようになったチャールズ ディケンズは、新たな作品「クリスマス キャロル」のアイディアを思いつくも、創作にすっかり行き詰まってしまいます。

答えは自分自身の中にあった

そのような中、彼の身に不思議なできごとが起こります。

何とチャールズが思い描いていた、主人公のスクルージや使用人のクラチット、足を患うクラチットの息子ティムや亡くなったマーレイ老人、甥っ子のフレッドといった小説の登場人物が出現。

それぞれ思うがままに、彼に向って話しかけてきたのです。

そのような登場人物との触れ合いの中で、チャールズ自身も気づかないあいだに心に抱えていた、幼いころの記憶や父親に対する想いが沸き上がり、その一つ一つに真摯に向き合ううちに作品は出来上がっていくのでした。

まとめ

映画「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」は、文豪ディケンズの青春を描いただけでなく、世界中の誰もが祝う、クリスマスが誕生したエピソードを秘めた素敵な作品となっています。

家族や恋人、親友や気の合う仲間など、大切な誰かと一緒に楽しみたいこの映画は、11月30日より新宿バルト9他にて全国で上映開始となります。

Source: SATS

【海外最新情報】ディケンズが書いた名作の誕生秘話 映画「Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です