【海外最新情報】これはもう絶対にハマりますよ ドラマ「弁護士ビリー マクブライド」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

刑事ドラマと同じくらい、法廷で争う検事や弁護士を取り上げた、映画やドラマ作品が多く制作されています。

amazonプライムビデオが2016年10月に配信を開始した、ドラマ「弁護士ビリー マクブライド」は、過去に観たあらゆる作品の中でも、出色のでき栄えであることは間違いありません。

一度観たらやみつきになる面白さ

作品の持つスケールの大きさはもちろんのこと、発想の斬新さや、観ればみるほどのめりこんでいくストーリー展開。

そして、賞賛せずにいられないのは、登場するキャラクターが持つ個性と、出演するキャストの見事な演じぶり。

このような優れたドラマ作品が、プライム会員なら無料で視聴できるなんて、本当に良い世の中になりました。

海外ドラマが大好きな奥様方、毎日、夕食のお献立を考えるのにも骨が折れ、本当にご苦労様です。

魚屋のおっちゃんが、今日の魚はどれも活きがいいよ、ではないですが、新鮮なドラマは新鮮なうちにどうぞお召し上がりください。

一度観たら最後、これはもう絶対にハマりますよ!

役者ソーントンの魅力に溺れる

ドラマで主人公の弁護士、ビリー マクブライドを演じるのは、映画界でハリウッド随一の才能といわれるビリー ボブ ソーントンです。

これまで数々の映画やドラマに出演し活躍を見せたソーントンは、ハル ベリーと共演した映画「チョコレート」で、ハルが演じる死刑囚の夫を持つ美しい黒人女性、レティシアに恋をする差別主義者の男を演じて注目を集めました。

役柄の持つすべてを暴き出す演技

人種の異なる者同士の恋愛に対し、強い偏見を持つアメリカ社会を描いたこの作品。

ソーントンが演じるハンクという男は、刑務所の看守という職業に就き、死刑囚であるレティシアの夫に自ら刑を執行し葬っておきながら、その妻だった女性に思いを寄せます。

この何とも印象深い役柄を、一見淡々としながら内面では感情が火のように燃えたぎる、持ち前のスタイルで演じ切ったソーントン。

その演技は、もはやリアルという言葉さえ受け入れられないほど、役柄の持つ本質を見事に暴き出しています。

ドラマでは、ソーントンが演じる弁護士ビリーそのものが、大いなる見どころとして、作品が持つ最大の魅力となるでしょう。

私生活でも波乱万丈の人

ビリー ボブ ソーントンは、1955年生まれの現在63歳。

少年時代は野球一筋に打ち込み、メジャーリーグでの活躍を目指した経験を持つ彼は、役者として名が知られるまで、相当な苦労を重ねたこともよく知られています。

ですがそれ以上に、彼の私生活のすさまじさは、これまでに何と、5回の離婚と6度の結婚を経験してきたという波乱万丈ぶり。

その上、離婚した妻の一人は、あのハリウッド一のセレブリティとして名高い、アンジェリーナ ジョリーだったとは信じがたい事実です。

こうしたソーントンの、人生でいくつもの出会いと別れを積み重ねてきた珠玉の経験が、新しいこのドラマにも十二分に生かされています。

弁護士ビリー マクブライドとは

amazonプライムビデオが制作するドラマ「弁護士ビリー マクブライド」は、全米法曹界で偉大な功績を持つ敏腕弁護士が、アメリカ社会に巨人のように君臨する強大な組織に、恐れることなく立ち向かう姿を描く痛快な法律ドラマです。

人気の秘密は、主役の弁護士がキムタクみたいなヒーローではなく、酒におぼれて人生のすべてが崩れ去った、よれよれの老年オヤジだということ。

何が原因なのか人生を踏みはずし、女房には見限られ、娘にはおちょくられて、頭のてっぺんから足の先まで見事にグダグダな弁護士ビリー。

そのような彼が、誰も触れることのできない巨大な敵の秘密を見事に暴き、いかにして叩き潰そうとするのか注目のドラマとなっています。

まとめ

ドラマ「弁護士ビリー マクブライド」は、人気が高い一話完結型ではなく、壮大なテーマをシーズンを掛けて、じっくりと取り組んでいく作品です。

確かに一話づづ完結したほうが、より鑑賞しやすいですが、シーズンを通して作品の持つ深みを十分に味わうのも、ドラマ作品の醍醐味でしょう。

海外ドラマファンの間で話題の本作品は、すでにシーズン2の配信が開始されています。この面白さを、ぜひamazonプライムで体験してください。

Source: SATS

【海外最新情報】これはもう絶対にハマりますよ ドラマ「弁護士ビリー マクブライド」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です