クレーム対応

こんばんは
Toku太郎です。
今日は、お客様のクレームに
少し対応していました。
商品については、外箱に1本のカッターの線が
入っていたとのことです。
一部返金対応ですると回答していましたが、
納得がいかないと執拗に言ってきており、
検品の担当者を出せとおっしゃたり、
電話できないのかとおっしゃったりしてきました。
目的は、さらなる割引だったようです。
輸入をされる方にとって、
避けては通れない道
“クレーム対応”
今回の対応に関して、防ぐためには、
この2つの武器で対応しました。
・注文時の注意事項の説明
・Amazonポリシー
本当にしっかり押さえておく必要があります。
Amazonスペシャリストがメッセージのやり取りを見ていますので、
しっかりと返品の基準を決めて、しっかり対応していれば大丈夫です!
今回のようなしっかりとお客様の過剰なクレームに対しては、
ポリシーや注意事項で明示して対応していきましょう!
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

Source: Toku太郎
クレーム対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です