【海外最新情報】あの最強のデンゼルがスクリーンに帰って来た! 映画「イコライザー2」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2014年に公開され大ヒットとなった、デンゼル ワシントン主演の、痛快なアクション映画「イコライザー」。
たった一人で敵の居場所に堂々と乗り込んで、わずか19秒で悪人どもを皆殺しにしてしまうという、デンゼル演じる最強の男ロバート マッコールに、観客の誰もが気分爽快で映画館を後にしました。

そして2018年。一度怒らせたら、もう手が付けられない殺しのプロフェッショナル、ロバート マッコールが再びカムバックし、スクリーンで大暴れして注目を集めています。

名優デンゼルが、自身初のシリーズ作品として主役を演じる、映画「イコライザー2」の魅力を紹介します。

イコライザーってどういう意味?

イコライザーと聞いてすぐ頭に浮かぶのは、オーディオ機器や音楽再生アプリにもついている、グラフィックイコライザーでしょうか。
イコライザーは、音楽ソースが持つ、各音域の特性を均一にして、より聴きやすくするためのもの。言葉の意味は、平衡化もしくは平等化となります。

悪の手から弱者を守る

映画でのイコライザーは、主人公ロバート マッコールの別名として使われています。
マッコールは、元CIAのエージェントで、それもトップクラスの戦闘能力を持つ、恐るべき殺人マシーンだったという設定です。現役を引退した現在は、その身分を隠して、街のホームセンターに勤める、まじめで温厚なただの従業員。

普段は気の優しい平凡な男が、夜にはイコライザー(強大な悪の手から弱者を守り、世の中を平等にする)となって、善良な市民を悪の手から救うために戦います。

悪徳マフィアの手から少女を救った前作

前作「イコライザー」では、未成年の少女に売春を強要し、私腹を肥やす悪徳ロシアンマフィアと対決します。

この映画の醍醐味は、丸腰の主人公がテーブルの上に置いてある酒瓶やグラス、相手が持つナイフや拳銃といったその場にあるものを使って、あっという間に次々と敵を倒してしまうというスゴ技です。

マッコールは、友達の少女をマフィアから救うために、9,800ドルを渡すから自由にしてほしいと頼みますが、マフィアのボスは鼻で笑って相手にしませんでした。怒ったマッコールは、その場で悪者たちを、わずか19秒ほどで皆殺しにしてしまいます。

ホームセンターでの戦闘シーンに興奮

映画のクライマックスでは、マッコールの命を狙うマフィアからの刺客が、彼の職場であるホームセンターに罠を仕掛けて誘い込みます。

しかし、ノコギリや電動ドリル、ハンマーといった殺しのための道具がいくらでも揃う彼の職場は、マッコールにとって絶好の戦闘ステージです。

照明が消された暗闇のホームセンター内で、忍び来る敵を、あらゆる道具を使って抹殺していくマッコールの姿に、観客はみな大興奮だったと絶賛しています。

新作ではタクシードライバーに転職

前作の後、自分の力を、善良な人たちのために使おうと決心したマッコール。

同じボストンの街で、フリーのタクシードライバー(正確には、配車サービスの登録ドライバー)をしながら、イコライザーとして広告サイトに掲示し、助けを求める人からのメールを待っています。
夜には人助けのために奔走するマッコールのことを、知る者は誰もいませんでしたが、かつてCIA時代の上司だったスーザンだけは、唯一の理解者として彼を援助していました。

ある事件によって命を狙われるマッコール

スーザンは、同じCIAのエージェントで、マッコールの元同僚だったデイブとともに、ベルギーのブリュッセルで起きた殺人事件を調査していました。しかし、スーザンは、宿泊先のホテルに侵入してきた、何者かによって殺害されてしまいます。

同じころマッコールは、タクシーの車内で、後部座席に乗せた客から襲われて、命を狙われます。すでに殺気を感じていたマッコールは、難なく身をかわして、殺し屋を倒しますが、その後で信じられない事実を知ることになります。

殺し屋が所持していた、携帯電話に記録されていた暗号を解読したマッコール。何とそこには、スーザンの殺害や、自分に殺し屋を仕向けた黒幕が、元同僚のデイブであることが記されていたのです。

クライマックスは 台風の中で戦いに挑む

マッコールは、デイブを倒すために、レズリック・アリ・コバックという、かつての仲間三人に協力を求めます。
しかし、協力するどころか、この三人もデイブとグルだったために、マッコールは逆に命を狙われることになります。

CIAの強者たちの襲撃に、絶体絶命のマッコール。今度ばかりは、いつもの悪者とは違う、殺しのプロが相手です。
マッコールは、決着をつけるために、巨大な台風が接近する自分の故郷へと、敵をおびき寄せる作戦に出るのでした。

まとめ

映画「イコライザー2」は、10月5日に日本で公開され、絶賛上映中となっています。ぜひ、お見逃しなく。

Source: SATS

【海外最新情報】あの最強のデンゼルがスクリーンに帰って来た! 映画「イコライザー2」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です