【海外最新情報】ゲームキャラだって人生に悩みを抱えている? 映画「シュガーラッシュ オンライン」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゲーム―センターで大人気のゲームキャラが、自分たちのゲームから外へと飛び出して、別のゲーム世界へと潜入。

毎日プレイヤーを楽しませているゲームキャラたちが、それぞれの世界で、自分の居場所を見つけられずに悩んでいる?
このように、人間社会では、ごく当たり前の現実が、誰も知らないゲームの裏側にも存在していたら…。

従来にはない圧倒される世界観と、奇想天外なアイディアにより、心に染みるヒューマンドラマを構築して大ヒットを記録した、映画「シュガーラッシュ(原題はWreck-it Ralph)」。

みんなが大好きになった、ラルフとヴァネロペのでこぼこコンビが、今度は世界中とつながる、壮大なインターネット空間へと飛び込んで大暴れします。

大人気ディズニーアニメの続編、映画「シュガーラッシュ オンライン」の見どころを紹介します。

悪役キャラのたそがれを描いた前作

「シュガーラッシュ」の主人公ラルフは、80年代に登場して現在もプレイヤーたちに愛され続けている、ゲームセンターのアーケードゲーム、「フィックス イット フェリックス」の悪役キャラクター。

ラルフは、プレイヤーが操るゲームの主役キャラ フェリックスの邪魔をする、身長9m・体重290kg(という設定)の恐るべき巨漢を持つ悪役ですが、実際には外見とは違ってとても気が優しく、悪人には向かない性格の持ち主です。

もう悪役なんて やってられない

ラルフは、メインの悪役としてプレイヤーを楽しませるゲームには無くてはならないキャラクターですが、その大きすぎる体のために「フィックス イット フェリックス」にいる他のキャラたちから、不本意にも疎まれてしまっています。

人間社会にもありがちなシュチュエーションにひとり悩むラルフは、何十年も悪役でいることにもう嫌気がさし、自分だって主役になれるはずだと、ゲームの世界から外へと旅立つことに。

ヒロインなのに虐げられる 悲運な少女

「フィックス イット フェリックス」から外に出たラルフは、さまざまなゲームの住人たちが交流することのできる、プラットフォームのような空間へと入ります。

そこでは、ゲームキャラたちが他のゲームへと潜入して不具合を起こさないよう、検疫官のような者がチェックをしていますが、監視体制がゆるいため自由に出入りが可能でした。

ラルフは、たまたま見つけた、お菓子の王国で速さを競うレースゲーム、「シュガーラッシュ」の世界へと入っていきます。

ヴァネロペの境遇に 同情するラルフ

ラルフは、シュガーラッシュの世界で、周囲から仲間外れにされている孤独な少女、ヴァネロぺと出会います。

ヴァネロペは、自分が抱えているプログラミングの不具合のために、他のキャラクターと同じようにレースに出場させてもらえないのだと話し、自前で用意したレーシングカーで何とかレースに出ようとしているのだと説明。

もしレースで優勝することができれば、きっと自分も仲間だと認めてもらえると、かたくなに信じているヴァネロペに、ラルフは深く同情します。

腹黒い国王のたくらみを 見事に打ち破る

ところが、ヴァネロペは、本来は、シュガーラッシュの世界では王女となるはずの、まぎれもない主役キャラ。

それなのに、別のゲーム世界からシュガーラッシュへと秘かに潜入してきた、キャンディ大王を名乗る札付きのお尋ね者、ターボのたくらみによってはみ出し者扱いにされていたのです。

そのことを知ったラルフは、不幸な少女 ヴァネロペを、元のヒロインへと復帰させるために立ち上がります。

こうして、腹黒いターボの陰謀を見事に打ち破り、めでたく一件落着となったのが前作の物語でした。

新作では 壮大なインターネットの世界へ飛び出す二人

待望の新作「シュガーラッシュ オンライン」では、シュガーラッシュの世界が何かの原因によって不具合を起こし、このままではゲーム機が破棄されてしまうという、緊急事態が発生。

その問題を解決すべく、前作で親友となったラルフとヴァネロペの二人が、それまで見たこともない「Wi-Fi」と書かれた謎のゲートへと向かって(オンラインゲームの意味か?)進入し、果てしなく広がるインターネット空間へと旅立っていくストーリーです。

未知なる世界で さまざまな人やモノと遭遇する

ご存知のように、光回線を通して世界中が一つにつながっているインターネット空間では、この世に存在するありとあらゆるものがごちゃごちゃになっており、望むものは何でもござれといった夢みたいな世界。

ラルフとヴァネロペは、この世界で初めて目にする、さまざまなものや、多くのキャラクターたちと遭遇することに。

こうして二人は、それまで想像しえなかった人生の真実を目の当たりにして、また新たな自分を発見するという、人間味にあふれる物語となっています。

前作のテーマを 大きく広げた新作のストーリー

新作「シュガーラッシュ オンライン」で、ストーリーの要となるのは、やはり前作と同じ、人生における自分という存在のむなしさが語られます。

前作では、悪役という現実に飽き飽きしたラルフが、自分のいる世界を飛び出して奔走した結果、あらためて自らの存在に大切な意味を見出すという物語でした。

知られざる世界で 何を見つけるのか?

新作では、前作で晴れてゲームの主役となったヴァネロペが、今度は同じことばかりが繰り返される毎日に嫌気がさし、かつてのラルフのようにむなしさを感じて悩みます。

そのようなヴァネロペを見ても、なぜか全く共感を持てないラルフは、自由なのになぜか息が詰まりそうになるインターネットの世界に疑問を感じ、しまいにはヤケになって騒動を起こします。

これまで二人が生きていた場所では、とても想像できないようなことが、次々と起こる、壮大なインターネットの世界。

ラルフとヴァネロペは、ここで、自分たちの中に何を見つけることができるのか?それが映画の持つ大きな見どころとなります。

シェイクスピアが残した あの名言を思わせる

シュガーラッシュシリーズの一貫したテーマとなっている、人生を生きる多くの人々が、ふとなにげなく感じてしまう、たそがれの気持ち。

この同じテーマをあらためて取り上げることで、前作とは違ったエピソードとして人々へと伝え、観客の心により深く印象づけようとする、作品に対する制作者の想いが感じられます。

男も女も 所詮は役者に過ぎない

人生とは大きな舞台。男も女も、人は所詮、自分という役を演じる役者に過ぎない(喜劇「お気に召すまま」第2幕7場)。

シェイクスピアが残した、この有名な言葉を思わせる、映画シュガーラッシュシリーズ。

何かとしがらみばかりが繰り返される人生でも、自分という生まれながらにして与えられた役を、ただ役者のように演じるしかないのが、すべての人が持つ真実だと気づかせてくれます。

こうした真実をきちんと受け止めることで、人生にいかなる困難が立ちはだかろうとも、しっかりと前を向いて、立ち向かっていくことができるのではないでしょうか。

さまざまな人気キャラが登場する新作!

前作「シュガーラッシュ」でも、数多くのゲームキャラたちが劇中に登場し、観客を大いに楽しませてくれたこの作品。

待望の新作では、おなじみのディズニーの人気キャラや、ゲームのキャラクターを始め、スターウォーズやアベンジャーズといった大ヒット映画のキャラクターが登場!

予告編を見るだけでもスゴイ!

予告編を見るだけでも、シンデレラや白雪姫、「アナと雪の女王」のアナとエルザ、「美女と野獣」のベルといったディズニープリンセス。
「リトル マーメイド」のアリエルや「モアナと伝説の海」のモアナ、「眠れる森の美女」のオーロラに加え、「くまのプーさん」に登場するイーヨーやダンボ、「アーロと少年」のアーロなどおなじみのディズニーキャラクター。

スターウォーズのストーム トルーパーにダースベイダー、宇宙船ミレニアムファルコン号にXウイングやタイファイターなどの戦闘機、アヴェンジャーズのアイアンマンといった、大人気キャラたちの姿を見ることができます。

吹き替え版の声優に 人気女優 菜々緒が出演

新作「シュガーラッシュ オンライン」で主人公ラルフの声を演じるのは、前作と同じジョン C ライリーで、日本語吹き替え版の声を、引き続き人気者の山寺 宏一が担当します。

ヴァネロペ役の声優と吹き替え版も、前作と同じで、サラ シルバーマンと諸星すみれが担当。

そして、吹き替え版を担当する声優陣のなかに、日本のテレビドラマで大活躍している女優、菜々緒の名前が。

日米のワンダーウーマンが演じる新キャラに注目!

注目すべきは、新作に登場する新しいキャラクターで、インターネット世界で活躍する女性レーサーのシャンクを、あの大人気DCヒーロー ワンダーウーマンを演じたガル ガドットが担当していることです。

映画「ワイルド スピード」でも脚光を浴びた、イスラエル出身の人気女優 ガル ガドット。
日本語吹き替え版では、ガルが演じるシャンクの声を、日本のワンダーウーマンとも呼べる女優 菜々緒が担当し、注目を集めています。

日米のワンダーウーマンが演じる新キャラクター、シャンクが、物語でどのような活躍を見せるのか、大いに期待したいところです。

映画「シュガーラッシュ オンライン」の評価は?

映画「シュガーラッシュ オンライン」は、2018年11月21日に全米で公開予定となっており、現在は、まだロッテントマトによる批評家の意見は発表されていません。

ですが、映画ファンからの作品に対する期待度では、97%もの人が観たいと答えており、前作の人気がいかに高かったかが示されています。

まとめ

2012年に公開され、大ヒットとなったディズニーアニメ待望の新作、「シュガーラッシュ オンライン」は、前作をはるかに超えたスケールで描かれた話題の作品です。

物語のテーマは、前回と同じ人生のたそがれで、新たなエピソードで語られる新作も、心に染みるヒューマンドラマに仕上がっています。

映画「シュガーラッシュ オンライン」は、2018年12月21日に、全国で公開予定です。

Source: SATS

【海外最新情報】ゲームキャラだって人生に悩みを抱えている? 映画「シュガーラッシュ オンライン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です