【海外最新情報】核よりも テロよりも ウイルスの方が恐ろしかった ドラマ「ザ ラストシップ」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人類滅亡の日は、いつか本当にやってくるのか。

いや、むしろその前に、急激な温暖化による環境異変で、地球にはもう人が住めなくなってしまうのか?
人類存亡に対する危機は、核兵器やテロリズムでも、自然災害でもなく、肉眼では見えないほどの小さな生物だったとしたら…。

殺人ウイルスvs人間 果たして勝敗はいかに?

2014年6月から全米で放送が開始された、ドラマ「ザ ラストシップ」は、突如発生した致死率100%の新型ウイルスによって、わずかな間に滅亡の危機に立たされた人類が。
治療可能なワクチンを作り出そうと奔走する博士と、彼女を乗せた、人類にとって唯一の希望となる一隻の戦艦を巡って、生き残りを懸けた熾烈な戦いを繰り広げる物語です。

驚異の殺人ウイルスを前に、人類に生き残る道はあるのか。
鬼気迫るストーリー展開と、劇場映画さながら迫力満点の戦闘シーンが、視聴者を興奮させっぱなしにすると評判の、ドラマ「ザ ラストシップ」を紹介します。

人々の希望を一手に背負う ザ ラストシップ

優れた防空戦闘能力を誇る、アーレイ バーク級イージス駆逐艦 ネイサン ジェームズは、アメリカ海軍による極秘武器評価試験を行うため、南極海の洋上を航行中でした。

ネイサン ジェームズの艦長 トム チャンドラー中佐(エリック デイン)は、この任務は、軍の最高機密であるとの厳命を受け、遂行中は一切の無線を封止。経験豊富なキャプテンのトムは、4か月にも渡る過酷な任務を順調に実施し、予定通りに終了日を迎えるはずでしたが、思わぬことから期間を延長されてしまいます。

明確な理由もなく 任務期間が延長され…

南極大陸で、ある調査を行うために、米海軍の艦船ネイサン ジェームズに乗船していた、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)のレイチェル スコット博士(ローナ ミトラ)とそのチーム。
責任者のレイチェルは、まだ調査が終了していないと、艦長であるトムに、洋上にとどまるよう強く進言します。

予定外の航海延期は、乗組員たちにも大きな負担となる。トムは、レイチェルに対して明確な理由を尋ねますが、なぜか答えようとしません。
そうするうちに、海軍からも延長せよとの命令が下り、艦長のトムは、しぶしぶクルーたちに事態を説明することに。

謎の武装ヘリコプターが接近!

軍から命じられた延長期間もようやく終了し、トムは、艦内放送でクルーたちにねぎらいの言葉をかけ、これより帰国すると伝えます。
長きにわたる任務で、疲れ切っていたクルーたちは、やっと家に帰れると、艦橋(ブリッジ)は歓声に湧きたちます。
ところが、レーダーを監視していたオペレーターから、識別不明の機体が、猛スピードで接近してくるとの声が…。

南極海を航行中の、イージス駆逐艦ネイサン ジェームズの前に現れたのは、武装されたミル社製のMi17ヘリコプターでした。

激しい戦闘の末に 敵をすべて撃墜

まさか、ロシア軍が…。

ネイサン ジェームスに向かって、一直線に接近してきた数機の武装ヘリは、息をつく間もなく、攻撃を仕掛けてきます。
トムは、直ちに戦闘態勢に入り、防戦を開始。
ネイサン ジェームズの、Mk.45 5インチ単装砲が火を噴き、2基の25mm単装機関砲がうなりを上げて、謎の武装ヘリを攻撃。戦闘の末に、敵はすべて撃墜されますが、極秘の任務中になぜロシアに攻撃されたのか、トムは首をかしげます。

南極大陸にいたレイチェルも ヘリに襲われる

同じころ、南極大陸へと上陸していたレイチェルと調査チームのメンバー、同行した二人のネイビーシールズ(海軍特殊部隊)も、謎のヘリによる急襲に遭っていました。

レイチェルは、「何か」が入った防護ケースを必死に守りながら、ヘリによる攻撃から逃げようと、雪に覆われた地面を必死に駆け出す。
ネイビーシールズの二人は、スノーモービルを爆走させて、レイチェルを護衛。抜群の腕前でロケットランチャーを発射し、一機を撃墜すると、もう一機は、機関銃でヘリのローター付近を狙い撃ちして見事に撃墜します。

この常軌を逸した異常事態に、トムは、レイチェルに向かって、説明するよう激しく問い詰める。
そして、彼女の口から告げられたのは、とても信じられない、驚愕の真実でした。

そして ついに驚愕の真実が明らかになる

レイチェルは、あるウイルスの始原株(変異する前の最初期の状態)を採取するために、南極大陸へと上陸しており、その目的はワクチンの開発です。

これは、致死率100%の恐ろしい新型ウイルスであり、駆逐艦ネイサン ジェームズが任務を遂行していた4か月の間に、すでに世界各地で感染被害が発生。
現在では、社会の存続が危ぶまれるほどの、パンデミック(伝染病の流行が、大規模な範囲にまで及ぶこと)状態に陥って、おびただしい人数の死亡者が確認されており。

もはや、人類は滅亡の危機に瀕している…。

一隻の軍艦による 世界を救うための戦いが始まる

想像をはるかに超えた、恐るべき現実に直面したトムは、驚きのあまりに言葉を失います。
艦長であるトムは、イージス駆逐艦ネイサン ジェームズと217名の乗組員を預かる責任者として、これからどのように行動するのか、決断をしなければなりません。

このままでは、国へ帰ることはできない…。

もはや選択の余地はないと、腹を決めたトムは、古代ウイルス学者のレイチェル博士に、ワクチンを艦内で製造する以外にはないと宣告。
トムは艦長として、乗組員全員にすべての真実を明かし、「諸君らの、新たなミッションはただ一つ、生き延びることだ」と言い渡すのでした。

こうして、一隻の軍艦と乗組員たちによる、世界を救うための壮絶な戦いが始まります。

斬新なストーリーと本物の戦闘シーンが見どころ

全米で大ヒットを記録した「ザ ラストシップ」の見どころは、パンデミックスリラーという普遍的なテーマに、最強の攻撃能力を持ったイージス戦闘艦による、スリリングなアクションを加えるという斬新なアイディアです。

地球規模で猛威を奮う殺人ウイルスに対し、治療可能なワクチンを開発できる、人類でただ一人の女性レイチェル スコット博士。
彼女は、アメリカ海軍の駆逐艦ネイサン ジェームズとその乗組員たち、そして果てしなく広がる海に守られながら、世界を救うためにワクチンの開発にすべてを捧げる。
本作品では、世界を救えるのは、レイチェル スコットという女性ただ一人だけという、大前提が存在します。

ウイルスと戦ってきた現実に焦点を当てる

一見、現実離れしているかのように思えますが、ワクチンの開発は、天然痘を撲滅させたエドワード ジェンナーを始め、黄熱ワクチンを開発したマックス タイラーなど。過去の歴史においても、一人の学者が研究に人生を捧げた結果、ウイルスの脅威から人々が救われています。

このように、人類が長きにわたり病原体との戦いを続けてきたという、まぎれもない現実に焦点を当てた、興味深いプロット。
殺人ウイルスによって滅亡の危機に瀕した人類に、唯一の希望となる一人の女性研究者を、駆逐艦ネイサン ジェームズと屈強な米海軍の兵士たちが、命を懸けて守り抜くというストーリー。
その魅力に、観ている誰もが、壮大なロマンを感じずにはいられない、すべての人に必見の作品となっています。

海軍が全面協力!迫力満点の戦闘シーン

ドラマ「ザ ラストシップ」では、アメリカ海軍で実際に運用されている、アーレイ バーク級イージス駆逐艦そのものを利用して、撮影が行われています。
艦名はネイサン ジェームズではなく、ハルナンバー(船籍番号)DDG151のミサイル駆逐艦「ハルゼー」で、全長156.4m。GE(ゼネラルエレクトリック)社製のガスタービンエンジンを4基搭載し、最大出力は10万馬力、最大速力は30ノット(55km/h)以上。
シコルスキー製のMH-60S ナイトホーク ヘリコプターを一機搭載し、核弾頭を搭載可能なトマホーク巡航ミサイルを始め、アスロック対潜ミサイルなど数々の兵器を装備した、高性能イージス駆逐艦です。

本作品では、アメリカ海軍の全面協力によって、軍が運用する本物の艦船やヘリコプターの他、さまざまな兵器を使用して撮影。
実際の戦闘といっても過言ではない、迫力満点のバトルアクションが、日本のドラマ作品では決して実現できない、素晴らしい魅力となっています。

ドラマ「ザ ラストシップ」のキャストを紹介

ハリウッドのヒットメーカーの一人、マイケル ベイが製作総指揮を任された、ドラマ「ザ ラストシップ」に登場するキャストを紹介します。

艦長トム役は エリック デイン

米海軍の駆逐艦ネイサン ジェームズの艦長トムを演じるのは、アメリカ サンフランシスコ出身の俳優、エリック デインです。

現在46歳のエリックは、2006年9月から放送が開始されたドラマ、「グレイズ アナトミー恋の解剖学」シーズン3にレギュラー出演した、イケメン形成外科医マーク スローン役で人気となった俳優。

日本の海外ドラマファンにもおなじみの、人気俳優エリックは、2006年の映画「X-メン ファイナルエディション」に、マルチプルマン役で出演。

「ザ ラストシップ」では、ネイサン ジェームズを率いる海軍軍人、トム チャンドラー中佐を、颯爽と演じる姿が印象的なエリック。
しかし、ドラマの撮影中に、主演のエリックがうつ病にかかり、撮影が一時中断されるというハプニングがあったとか。
その後、復帰したエリックは、ラストシーズンとなる、シーズン5最終話の撮影を無事に終了しました。
病気になりながらも、本作の大ヒットに懸命に貢献した、俳優エリック デインの、今後の活躍が期待されます。

ウイルス学者レイチェル博士を ローナ ミトラ

恐怖の殺人ウイルスから人類を救うべく、命をかけてワクチン開発に臨むレイチェル スコット博士を、イングランド ロンドン出身の女優、ローナ ミトラが演じます。

インド系イギリス人で美容整形外科医の父と、アイルランド人の母親を持つローナは、現在42歳。
モデルとしてキャリアをスタートさせたローナは、1997年~1998年にビデオゲーム「トゥームレイダー」の主人公、ララ クロフトのイメージモデルを務めます。

映画では、吸血鬼を主役にしたケイト ベッキンセール主演の人気シリーズ、アンダーワールドの第3作「アンダーワールド ビギンズ」で、主役の吸血鬼ソーニャを好演。

ドラマでは、主演のジェームズ スぺイダーが、2005年と2007年にプライムタイム エミー賞 最優秀主演男優賞を受賞した、話題作「ボストンリーガル」にタラ ウィルソン役で出演しています。

副艦長マイクを アダム ボールドウィン

ネイサン ジェームズの副艦長で、トムと階級が同じマイク スラッタリー中佐を演じるのは、アメリカ シカゴ出身の俳優、アダム ボールドウィンです。

艦長のトムと時には対立しながらも、懸命に支えようとする、副長マイクを熱演するアダムは、現在56歳。
ベトナム戦争の真実を描いたスタンリー キューブリックの傑作、「フルメタルジャケット」のアニマル マザー役や、ローランド エメリッヒ監督の「インデペンデンス デイ」でミッチェル少佐を演じ、観客に強烈な存在感を見せつけたアダム。

その後も多くの映画やテレビドラマに出演したアダムは、2007年から2012年まで、NBCテレビで放送された人気ドラマ「CHUCK/チャック」で、メインキャストのジョン ケイシー役で出演していました。

製作総指揮は マイケル ベイ

ドラマ「ザ ラストシップ」で製作総指揮を任されているのは、アクション大作で有名なハリウッドのヒットメーカー、マイケル ベイです。

マイケルは、ウィル スミス、マーティン ローレンス主演の人気シリーズ、映画「バッドボーイズ」で監督デビュー。
その後は、「ザ ロック」「アルマゲドン」「パールハーバー」、そして「トランスフォーマー」シリーズといった、メガヒット作を手掛けた超有名プロデューサー。

マイケル ベイは、アメリカの経済誌「フォーブス」による「エンタメ界でもっとも稼いだ人物ランキング」で、1億2,000万ドル(約98億4,000万円)を獲得し、堂々の4位にランクイン。

ドラマでは、エミリーブラントの夫、ジョン クラシンスキー主演の大人気シリーズ、「CIA分析官/ジャックライアン」でも製作総指揮を任されています。

ドラマ「ザ ラストシップ」の評価は?

ロッテントマトによると、ドラマ「ザ ラストシップ」の批評家による評価は、好印象と答えた人がシーズン1では65%とまずまずの数値でしたが。シーズン2では86%、シーズン3では何と100%という快挙を達成しています。

ドラマを観た視聴者からは、好ましいと答えた人が、最高で93%(シーズン2)となっています。

批評家による好印象の理由として、「過去に制作された、パンデミックをテーマとしたポスト アポカリプス(終末、あるいは破滅)物とは異なり、現実味にあふれた人間ドラマが大きな魅力」「原作小説とは大きくプロットを変更しながら、原作の持つ、スリラー作品としての面白さを十二分に引き出している」「俳優エリック ベインによる味のある演技に、引き込まれずにいられない」と、絶賛しています。

まとめ

全米で大ヒットを記録したドラマ「ザ ラストシップ」は、恐怖の殺人ウイルスによる人類滅亡の脅威に対して、唯一の希望となる、一隻の軍艦による活躍を描いた作品です。

このドラマの原作となる、ウイリアム フリンクリーの小説「The Last ship」(1988)では、米ソによる核戦争で放射能に汚染された世界を巡る、ポスト アポカリプス物のペストセラー。

ドラマでは、原作とは異なる、ウイルスによるパンデミックというプロットを新たに採用し。アメリカ海軍の全面協力によって実現した、すさまじい迫力の戦闘シーンとともに、ロマンにあふれた作品に仕上がっています。

話題のドラマ「ザ ラストシップ」は、ファイナルとなるシーズン5の最終話が、2018年11月11日に放送が終了しています。
日本では、amazonプライムビデオ(全シーズン)、もしくはHulu(シーズン1~4)にて絶賛配信中です。

ドラマファン必見の素晴らしいこの作品を、ぜひお見逃しなく。

追伸:ドラマで米艦船ネイサン ジェームズが任務を行うのは、原作の北極海とは異なり、南極海となっています。

Source: SATS

【海外最新情報】核よりも テロよりも ウイルスの方が恐ろしかった ドラマ「ザ ラストシップ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です