【海外最新情報】優等生の彼女は 魔女と人間のハイブリッド ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全米でティーンエイジャーたちに絶大な人気を博した学園サスペンスドラマ、「リバーデイル」を手掛けた、ロベルト アギレー サカサが、新たにNET FLIXのために制作した「サブリナ ダークアドベンチャー」。

ファンタジーホラーという注目度の高いジャンルに、ハイスクールを舞台とした青春ドラマを上手く融合させた本作品は、主演のキーナン シプカの魅力あふれるキャラクターとともに、多くの批評家から絶賛され注目を集めています。

優等生の彼女は、もうすぐ16歳の誕生日を迎える、人間と魔女とのハイブリッドだった。
ゾクゾクするスリリングなストーリー展開と、自然があふれる美しい映像で、視聴者を魅了していると話題のドラマ、「サブリナ ダークアドベンチャー」の見どころを紹介します。

17世紀に起こった セイラム魔女裁判をヒントにした作品

「サブリナ ダークアドベンチャー(原題:Chlling Adventures of Sabrina)」は、2014年から出版されているコミック、「Chilling Adventures of Sabrina(サブリナの冷たい冒険)」を元にして映像化された作品で、コミックの作者であるロベルト アギレー サカサ自らが製作総指揮を務めています。

「Chilling Adventures of Sabrina」は、アメリカの漫画出版社アーチ―コミックが、1971年より出版を開始したファンタジーコメディ「Sabrina, the Teen-Age Witch(魔女サブリナ)」をベースに、全く世界観の異なるシリアスなホラーファンタジーとしてリブートしたもの。

いずれの作品も、17世紀に起こった現実の悲劇で、世界でもっとも有名な魔女狩りとして知られる、「セイラム魔女裁判」をヒントにして作られた作品です。

大昔に魔女裁判が行われた街 グリーンデイルが舞台

サブリナ ダークアドベンチャーで描かれる物語の舞台は、かつて世にも悲惨なセイラム魔女裁判が行われたとされる、アメリカ北東部の豊かな自然に育まれた架空の街、グリーンデイルです。

人々が、魔女や悪魔の存在をかたくなに信じ、心から恐れていた17世紀。
当時、多くの罪のない人たちが、魔女だと疑われて有罪となり、無残にも処刑された街 グリーンデイル。
ここでは、現在もまだ、森の中には本当に魔女がいると信じられています。

サブリナ ダークアドベンチャーは、ここグリーンデイルの街に住む、父親が魔法使いで、母親が人間の女性というハイブリッドの少女が。人間界と魔界との狭間で起こる、さまざまな事件を目の当たりにしながら、魔女でも人間でもないただの女性として、たくましく成長していく姿を描いた物語です。

セイラム魔女裁判なら 映画「クルーシブル」

サブリナ ダークアドベンチャーがヒントを得た、セイラム魔女裁判について知りたい人は、映画「クルーシブル」をぜひご覧ください。

アメリカの有名な劇作家、アーサー ミラー(マリリン モンローの夫としても有名)が書いた戯曲を元に映像化したこの作品は、ダニエル=デイ ルイスとウィノナ ライダーが主演する歴史的悲劇です。
無実の罪で告白された男、ジョン プロクターを演じる、ダニエル=デイ ルイスの涙なくしては観られない演技が、必見の映画「クルーシブル」。
悲惨な魔女狩りの首謀者とみられている、ずる賢い少女アビゲイルを、若き日のウィノナ ライダーが熱演するところも、非常に注目となっています。
サブリナ ダークアドベンチャーを観たい人に、ぜひおすすめの映画、「クルーシブル」は、amazonプライムビデオで視聴可能です。

主人公は ホラー映画が大好きな高校生

主人公のサブリナ スペルマン(キーナン シプカ)は、地元バクスター高校に通う、ホラー映画が大好きな少女。
サブリナは、大好きな親友のロザリンド(ジャズ シンクレア)とスージー(ラックラン ワトソン)、そしてボーイフレンドのハービー(ロス リンチ)と一緒に映画館に出掛けては、作品評論に花を咲かせる充実した毎日を送っています。

幼いころに両親を飛行機事故で亡くしたサブリナは、伯母である姉妹の姉ゼルダ(ミランダ オットー)と、妹のヒルダ(ルーシー デイヴィス)、従妹のアンブローズ(チャンス パードモ)と4人で暮らしています。

自宅で葬儀屋を営んでいるこの三人は、実はいずれも魔法使い。
そしてサブリナは、伯母姉妹の兄弟に当たる魔法使いの父エドワードと、人間の母ダイアナとの間に産まれた、魔法使いと人間とのハイブリッドなのでした。

友達も恋も人生は最高潮なのに…

ある日の夜、サブリナは、ボーイフレンドのハービーから、家の前でステキなペンダントを贈られます。
誕生日には、まだ少し早いのにどうして?尋ねるサブリナに、ハービーは、「君は、誕生日には予定があると聞いていたから」と答え、そして彼女の前で愛の告白をする。

ハービーと別れ、家へと入ったサブリナは、もう、うれしすぎて天にも昇る気持ちに。
けれども、喜びもつかの間。
あと数日後に訪れる、10月31日のハロウィーンで、16歳の誕生日を迎えるサブリナ。
サブリナは16歳の誕生日に、闇の主による洗礼を受け、これまで人間として生きたすべてを捨てて、魔女として闇の世界で生きていかねばならないのでした。

魔女だけど人間も捨てられない

誕生日まであと3日と迫った日、サブリナは、学校で親友のルーシーがいじめに遭っていたことを知らされます。
サブリナは、普段はとても上品でおしとやかだけれど、内心は非常に勝ち気で、正義感の強い少女です。
ルーシーをいじめた犯人は、おそらくフットボール部の男子たち。
日頃から学校の女子に対して乱暴な彼らを、何とかしてほしいと、サブリナは校長に直訴しますが、残念にも全く相手にされず。

このままでは、親友を始め、学校の女子たちが、男子にひどい扱いをされ続ける。
そう考えたサブリナは、ロザリンドやスージーとともに、女子だけの同盟を作ろうと思い立ちますが、彼女が人間界に居られるのはあと3日だけ…。

そして、サブリナは、大好きなハービーとも会えなくなってしまう。

魔女として人間としてあらゆる試練に立ち向かう

せっかく、自分の前で愛を打ち明けてくれたハービーのことを、このままないがしろにするなんて、絶対に嫌だ。
サブリナは、魔女として洗礼を受けても、ハービーや人間界の人とも会えるようにしたいと、伯母たちに訴えます。

ですが、それは絶対に許されないことでした。

そして、ついに運命の誕生日を迎え、決断を迫られるサブリナ。果たして、彼女はどの道を選択するのか?
ボーイフレンドや親友たちは、この後どうなるのか?
サブリナの前には、闇の世界や人間界から、とても個性的な、さまざまな人物たちが登場してきます。

人間はやがて老いるが、魔女になれば永遠に若く美しいままでいられる。

この言葉をキーワードにして、次々と迫りくる試練に立ち向かい、サブリナが、女性としてどのように成長していくのか。
そこが、作品の持つ大きな見どころとなります。

魔女と人間とが放つ壮大なエンターテインメント

NET FLIXとワーナーブラザーズテレビジョンが制作する、ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」の魅力は、原作コミックが持つ優れたプロットを忠実に再現した、魔女と人間とが放つ壮大なエンターテインメントです。

二つの顔とパフォーマンスで視聴者を虜に

カナダで撮影されたという、美しい自然美の中で、主人公サブリナを中心として、闇の世界と人間界の両方で繰り広げられる人間ドラマ。
魔女として超自然的な能力を持つ自分と、人間で普通の女子高校生という、二つの顔を持つサブリナ。
二つの顔の間で葛藤するサブリナが、魔女として、亡霊や魔物と戦い。一方では、勝ち気な人間の少女として、いじわるな男子や、不条理な教師たちに立ち向かいます。

ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」は、ホラーファンタジーが持つ緊張感を伴いながら、ハイスクールでの痛快な青春ストーリーをも交えた作品です。
サブリナ ダークアドベンチャーは、この魅力的な二種類のパフォーマンスによって、多くの視聴者を虜にする作品に仕上がっています。

魅力的な登場人物たち

サブリナ ダークアドベンチャーの素晴らしさは、優秀なキャストが演じる登場人物を抜きにしては、語ることはできません。

正義感が強く、とてもしっかりしているけれど、まだ少女らしいあどけなさがにじみ出ている、主人公のサブリナ。
まじめで優しくて純粋で、心に裏表の一切見られない、ティーンエイジャーとして理想的すぎる、ボーイフレンドのハービー。

闇の世界に、心から忠誠を誓い、サブリナを魔女として妥協なく育て上げようとする、伯母姉妹の姉ゼルダ。
魔女と人間との狭間で揺れ動くサブリナのことを、自分のことのように気に掛けている、とても気の優しい妹のヒルダ。
同じ魔法使いとして、サブリナに対して、友人のように兄のように、愛情深く接する従妹のアンブローズ。

このように、原作小説が生み出した登場人物は、どれも魅力的で、視聴者が思わず心を惹きつけられてしまいます。

サブリナの使い魔 セーラムのかわいさにほっこり

サブリナ ダークアドベンチャーに登場する、魔女や魔法使いたちには、それぞれに「使い魔」と呼ばれる、用心棒の役目をする動物がいます。

サブリナの使い魔は、セーラムという名のアメリカンショートヘアの黒猫です。
これがまた、見るだけでも、ほっこりさせられてしまうほど、とってもかわいいのが特徴。

セーラムは、言葉は話しませんが、ドラマの中でサブリナを襲う魔物をやっつけたり、鳴き声や仕草で危険を知らせたりと大活躍します。
この本当にかしこい、使い魔の黒猫セーラムに、視聴者の目は釘付けになってしまうでしょう。

ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」のキャストを紹介

シリアスなホラーファンタジ―と、痛快な学園青春ドラマを融合して大人気の、ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」に登場する、キャストを紹介します。

主人公サブリナを キーナン シプカ

魔法使いの父と人間の母との間に生まれた、ハイブリッドの主人公サブリナ役は、アメリカ イリノイ州シカゴ出身の女優、キーナン シプカです。

2007年から、アメリカのケーブル放送局AMCで放送が開始された、ドラマ「マッドメン」のサリー ドレイパー役で脚光を浴びたキーナンは、現在まだ19歳という若さ。
「マッドメン」では、全米映画俳優組合アンサンブル賞を、共演者たちと共に獲得したキーナンは、2012年のヤングハリウッド賞と2013年のヤングアーティスト賞を受賞。
2014年には、アメリカの雑誌「タイム」で、「もっとも影響力のある10代の25人」の一人に選ばれるなど、今後の活躍が期待される若手女優です。

◇実は 猫アレルギーだったキーナン シプカ
本作「サブリナ ダークアドベンチャー」では、とってもキュートな魔女の高校生、サブリナを熱演するキーナン。
劇中では、愛すべきパートナーの黒猫セーラム役の、アメリカンショートヘアーとの2ショットも注目の彼女。
実は、キーナンは、猫アレルギーだそうです。
きっと、撮影中は、苦労が絶えなかったと思われる彼女ですが。そのようなことはまったく感じさせず、愛情たっぷりにセーラムに接するキーナンの姿に、きっと視聴者は、目が離せないでしょう。

ボーイフレンドのハービー役は ロス リンチ

サブリナに純粋な気持ちを打ち明ける、ボーイフレンドのハービー役は、アメリカ コロラド州リトルトン出身の俳優で歌手、ロス リンチです。

ロックバンド「R5(アールファイブ)」のヴォーカルとして、全米で人気絶頂のロスは、現在22歳。
ロスは、ティーンエイジャーを中心に圧倒的な支持を得ている、アメリカのエンターテインメント放送局ディズニーチャンネルで放送されたコメディー「オースティン&アリー」に主演し、一躍脚光を浴びます。
その後ロスは、持ち前の美しい歌声と絶品の歌唱力で、ティーンたちのハートをあっという間に虜にして、シンガー兼俳優として人気者となります。

ドラマでは、同じディズニーチャンネルで放送された作品に、多数出演。
また映画の出演も多く、日本でも2018年11月に公開された映画、「ステータス アップデート」に主演し、ティーンのカリスマ オリビア ホルトと共演するなど大活躍しています。

伯母姉妹の姉ゼルダ役は ミランダ オットー

サブリナと同じ家に住む、ちょっと気難しそうな伯母ゼルダ役は、オーストラリア ブリスベン出身の女優、ミランダ オットーです。

母親は元女優、異母妹のグレイシーも女優、夫のバリーも俳優というミランダは、現在50歳。
オーストラリアで人気女優となっていたミランダは、ハリソン フォード、ミシェル ファイファー主演のサスペンススリラー「ホワット ライズ ビニーズ」(2000年)で、ハリウッドデビュー。
その後、トム クルーズ主演でスティーブン スピルバーグが監督したSFアクション、「宇宙戦争」(2005年)で、主人公の妻の役で出演。

近年は、SFロマンティック作品「ホンモノの気持ち」(2018年)で、ユアン マクレガーや歌手のクリスティーナ アギレラと共演し、活躍しています。

伯母姉妹の妹ヒルダは ルーシー デイヴィス

サブリナと同居する、心優しい伯母のヒルダ役は、イングランド ソリフル ウォリックシャー出身の女優、ルーシー デイヴィスが演じます。

2001年と2002年に、イギリスBBCのドラマ「THE Office」のドーン ティンズリー役や、ホラーコメディ「ショーン オブ ザ デッド」のダイアン役で知られるルーシーは、現在45歳。
他にも、イギリスのテレビドラマを中心に、ハリウッドでも活躍するルーシーは、ガル ガドット主演のDC映画「ワンダーウーマン」(2017)にも出演しています。

本作「サブリナ ダークアドベンチャー」では、姪のサブリナにいつもやさしく接する、ヒルダおばさん役を、味のある役作りで好演。作品に、とてもなごやかなムードを与えています。

製作総指揮は ロベルト アギレー サカサ

ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」で製作総指揮を任されているのが、アメリカ ワシントンDC出身の漫画家でありプロデューサーの、ロベルト アギレー サカサです。

スティーブン キング原作のスリラー、映画「キャリー」で、脚本を手掛けたロベルトは、現在43歳。
同じNET FLIXで制作されたドラマ、「リバーデイル」(2017年-現在も継続中)を手掛け、ティーンエイジャーを中心に大ヒットとなります。

本作「サブリナ ダークアドベンチャー」でも、リバーデイルの近くにあるグリーンデイルの街を舞台に、時代背景を1950~60年代のアメリカ(にもかかわらず、ノートPCが登場する)にするなど、ロベルトならではの特色を出しています。

ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」の評価は?

ロッテントマトによると、ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」に対する批評家による評価は、好印象と答えた人が、何と90%という素晴らしい数値を記録。
ドラマを観た視聴者からも、80%が好ましいと答えています。

批評家は、本作品に対して「美しくも邪悪なホラーファンタジーで、観れば自然と夢中になる作品。主演のキーナン シップカの演技は、回を重ねるごとに魅力を増してくる」と、大絶賛。
圧倒的にティーンエイジャーが多い、視聴者からは、「サブリナとハービーの関係が最高!」「アンブローズのキャラがカワイイ、もっと観たい」との声が上がっています。

まとめ

NET FLIXが贈る、非常にクオリティーの高い作品として、多くの人々から大絶賛されている、ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」。

17世紀のアメリカで起こった、凄慘な魔女狩りとして有名な、セイラム魔女裁判を元にしたこの作品。
ティーンエイジャーの高校生で、魔女と人間とのハイブリッドの主人公という。現実に起きたセイラム魔女裁判にも、どこかつながりのあるプロットは、物語に不気味なリアリズムを与えます。

1962年に、アメリカ マサチューセッツ州、セイラム村で。未成年の少女たちによる偽りの告発によって、多くの罪もない人たちが処刑されることとなった、世界でもっとも有名なこの魔女裁判。

現実の事件と一緒に観ることで、その面白さがますます深まる、ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」を、NET FLIXにてぜひお楽しみください。

Source: SATS

【海外最新情報】優等生の彼女は 魔女と人間のハイブリッド ドラマ「サブリナ ダークアドベンチャー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です