【ebay輸出】ebayリサーチツールebayハンターはどうやってアマゾンからデータを取得するのか?

◆◇————————————–

大好評!!LINE@に登録して!!!!
「ebay輸出全体マップ」をもらおう。

スマホからアクセスしてる方は下記から
https://line.me/R/ti/p/%40rps4911m

PCの方はLINEの友達検索で@rps4911mで検索できます。
「ebay輸出全体マップ」の詳細はこちらから
http://ten.funsjp.net/sonota/zentai

————————————-◆◇

 

 

杉原です。

 

いよいよebayリサーチツール
ebayハンターは27日(火)から
発売日開始となります。

 

ebayハンターの販売日程は、

11月27日(火)~12月3日(月)迄

一週間のみ先行者特別価格で販売します。

 

その後はしばらくサポートに徹するために
販売を一旦終了します。

 

 

さて、昨日はebayハンターについてその
概要をお話ししました。

 

 

昨日の記事を見逃した方はこちらから
https://ten.funsjp.net/reserch/ebeyhunter

昨日の話ではebayハンターがどんなツール
なのかということを説明しました。

 

 

簡単に説明すると、ebayハンターとは
Amazon.co.jpで販売されているけど
Amazon.comでは販売されていない商品の
中からお宝商品を効率的に見つけること
ができるツールでしたね。

 

 

ご存じのとおりAmazon.comはアメリカで
もっとも巨大な通販サイトで商品登録数も
Amazon.co.jpの6~7倍とも言われています。

 

 

そんな巨大な通販サイトAmazon.comでも
販売されていない商品をebayに出品したら
どうなるのか?

 

 

もし、あなたがebayでしか買えない
お宝商品を、しかも独占的に販売できたら
儲かるとは思いませんか??

 

 

そういった思想から生まれたのがこの
ebayハンターです。

 

 

実際にこれまでもebayハンターと同じ
方法で見つけた商品が売れ続けています。

 

 

さらにモニター生にも試してもらったところ
様々な商品が売れています。

 

 

ということでしたね。

 

 

通常、この様なツールを開発するとなると
日本とUSのアマゾンから開発者としての
MWS情報(API)を取得する必要があります。

 

 

しかし、最近では開発者としての
MWS情報を取得するには審査が必要になり
その審査はよほどのことがない限り通過
しないようです。

 

 

僕の知っている限り実際に審査に申し
込んだにもかかわらず3名中3名全員が
審査に落とされています

 

 

さらに審査に通過したとしてもアマゾンの
MWS情報を取得するためには
日本とUSのアマゾンで大口契約する
必要があります。

 

 

大口契約は合計で約1万円という費用を
毎月アマゾンに支払う必要があります。

 

 

1年で12万円という費用は初心者に
とっては大きな負担であると僕自身も
ebayを始めた初期のころを思い出します。

 

 

こういった背景からアマゾンのMWS
情報を取得せずにツールを開発できないかと
何度もプログラマーと話しながらやっと
完成したのがこのebayハンターです。

 

 

ではebayハンターはどのようにしてアマゾンから
データを取得しているのか?

 

 

それはスクレイピングという方法です。

 

 

スクレイピングを簡単に説明すると
WEBサイトをプログラムが巡回しながら
目的のデータを取得するといった方法です。

 

 

ebayハンターではAmazonのサイトをプログラムが
巡回してデータを取得します。

 

 

ここで問題なのはあまりにも多くのデータを
短時間に取得する場合です。

 

 

例えば、1万や10万件といった大きな数の
データを短時間に取得するとなると
アマゾンのサーバーに多大な負荷がかかって
しまします。

 

 

なので、ebayハンターを使用する場合は
Amazon.co.jpから取得するデータを
1000件未満まで絞り込むことをお勧めしています。

 

 

お勧めは500件や300件まで絞り込むことです。

 

 

まあ、アマゾンサイトのアクセス負荷を
考えない場合であってもこれくらいの
絞り込みをしなければ無駄なデータを取る
だけで時間の損失となるからです。

 

 

さらに、注意していただきたいのはアマゾンで
商品を販売していたリ、
MWS情報を利用している場合です。

 

 

ebayハンターにて1日に何度もデータを取得
する場合それだけアマゾンサイトへの
アクセス負荷が大きくなります。

 

 

アマゾン側も対策として、途中で画像認証など
を入れています。

 

 

しかし、仮にAmazonからツールによるアクセスが
IPアドレスなどから見つかってしまい
販売者ということが分かってしまった場合、
アカウントのサスペンドになるリスクがあります。

 

 

その場合はアマゾンでの販売ができなくなるのは
もちろん、MWS情報を利用して正式にツールを
使用している場合でもツールの利用ができなく
なってしまいます。

 

 

えっ、じゃebayハンターは1日に数時間
程度しか使えないの?

 

 

といった疑問が湧いてきますよね。

そこが大きな問題でした。

 

 

その壁を突破して販売に至ったのですが
どうやってこの壁を乗り越えたのか?

 

 

明日詳しく説明します。

 

 

それではまた~♪

 

 

PS
ebay輸出について詳しく知りたい方へ
こちらから一通り学ぶことができます。
↓   ↓   ↓
初心者でも稼げるebay輸出ビジネスの始め方!

 

PS1
電子書籍を無料で読んで5つのプレゼントを手に入れませんか?
電子書籍を読んで感想を送付頂いた方には以下の特典を無料でプレゼントしております。

電子書籍のダウンロードはこちらから

電子書籍の感想を送って次の特典をもらおう!

特典1、初心者がたった1日で152,800円稼ぐ裏技
特典2、今すぐebay輸出ができる2大基本マニュアル
特典3、トップセラーが秘かに稼ぐebay極秘商品リスト30選
特典4、稼ぐ人だけが知っているビジネス成功の法則(動画)
特典5、初心者が最速で稼ぐためのビジネスモデル講座(動画)

 

 

初心者の方はこちらから
https://ten.funsjp.net/bigining

 

ブログランキングに参加しています。
現在の順位は? 以下のボタンより確認してみて下さい。
応援ありがとうございます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

Source: 杉原裕一

【ebay輸出】ebayリサーチツールebayハンターはどうやってアマゾンからデータを取得するのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です