【海外最新情報】街にはびこる悪徳を 正義の矢が射抜く時 ドラマ「ARROW/アロー」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DCコミックの人気ヒーロー「グリーンアロー」をベースに、シリアスでダークな世界観を築いてリブートした、ドラマ「ARROW/アロー」。

平和な街を荒廃させる非情な悪人どもや、悪徳政治家たちに、正義の弓矢で裁きを下す陰のヒーローの姿に、多くの人々が魅了されています。

漂流後にたどり着いた、謎の島での過酷なサバイバル体験から、強靭な肉体と戦いの知恵を身に着けた、闇の戦士アロー。
ヤングスーパーマン、スーパーナチュラルを手掛けるワーナーブラザーズテレビジョンが放つ、ニュースタイルヒーローアクション、ドラマ「ARROW/アロー」の見どころを紹介します。

弓矢にナイフ 原始的な武器とフィジカルで戦う男

汚い手段で私腹を肥やす強欲な政治家や実業家たち、目的のためなら殺人もいとわぬ醜悪な犯罪者によって治安は悪化し、堕落し、荒廃した都市へと成り下がったスターリングシティー。
愛すべき故郷スターリングシティーに、かつてのような秩序を取り戻すために、闇に紛れて悪と戦う、謎の戦士アロー。
戦いの中でアローが敵に放つのは、人類が原始時代に生み出した弓矢とナイフ、そして圧倒的な強さを誇るフィジカルのみという、どこまでも男らしいもの。

なぜ、アローが拳銃やマシンガンなど近代的な武器を使わずに、弓矢やナイフといった、古臭い道具を使って戦うのか?
それは、この男らしさの権化のような戦士、アローが誕生したその秘密に隠されています。

何もない島で ただ生き延びるために戦った男

かつては、特別な戦闘技術など何もない、ごく普通の青年だったアロー。
乗っていた船が沈没したために、漂流した末にたどり着いたのは、太平洋上にある絶海の孤島。

大昔に罪人が流刑されたかのような、何もないこの島で、いつか故郷へと帰れることを信じて、必死に生き延びようとしていた青年。ですが、無人島と思われたこの島には、恐ろしい暴力的な集団が生息しており、青年は囚われて厳しい拷問を受けることに。

壮絶な生きざまが サバイバルヒーローを誕生させた

凶悪な集団の手から、何とか逃げ出した青年。彼は、この島で生き残るためには、身を守るために敵と戦わなければならないことを知ります。
食料はおろか、飲み水すらまともに確保できない島。青年は、島の自然にあるものを使って武器を作り、この手で敵から身を守り、必ず生き延びることを決意します。

こうして誕生したのが、百発百中の弓矢とナイフ投げの技術を身に着けた、強靭なサバイバルヒーロー、アローなのでした。

シンプルで男らしい戦い方がアローの魅力

DCヒーローを元に生み出された、ニュースタイルヒーロー、アローの魅力は、どこまでもシンプルで男らしい戦い方にあります。

アローには、スーパーマンのような超自然的な能力は何もない、いわゆるごく普通の人間です。
また、バットマンみたいに、最新の科学技術で生み出した、装甲車や戦闘機といった兵器も所有していません。

拳銃や機関銃以上に強力な、弓矢とナイフ投げの技術と、肉体同士がぶつかりあう格闘技術のみを使って、アローは敵を倒します。
特に、すさまじい早わざで鮮やかに放たれる、弓矢によって敵を倒すシーンは、痛快そのものです。

通常のヒーローとは異なる、非常にストイックな戦闘シーンが、幅広い視聴者層を惹きつけている、アローの魅力となります。

死んだはずの男が 街に帰って来た

スターリングシティーに、死んだと思われていたある男が、五年ぶりに生きて帰って来たとのニュースが流れ、街は騒然となります。
男の名は、オリバー クイーン(スティーヴン アメル)。
5年前、父であるクイーン財閥の億万長者 ロバート クイーンと、オリバーの恋人の妹で浮気相手のサラと共に、ロバートの所有する大型ヨットで旅行に出かけるために出港。
しかし、その途中で大嵐に遭い、ヨットは沈没。オリバーを始め、父のロバートや浮気相手のサラや乗組員は救助されることなく、死亡したと考えられていました。

ところが、ただ一人、太平洋にある絶海の孤島 リアン リューにたどり着き、奇跡的に生き延びたという息子のオリバー。
オリバーは、夢にまで見た故郷へと無事に生還します。

以前とは変わり果てた姿に

五年ぶりに、スターリングシティへと帰って来たオリバー。
オリバーは、母親のモイラ(スザンナ トンプソン)や妹テア(ウィラ ホランド)、親友のトミー(コリン ドネル)、そして恋人のローレル(ケイティ キャシディ)と再会することになります。
ですが、久しぶりに再会を果たした家族たちが見たのは、以前とはすっかり様変わりした、オリバーの姿でした。

かつては、街のセレブで一番のプレイボーイと呼ばれ、いつもマスコミをにぎわせていたオリバー。
今では、そのような感じはどこにもなく、どこか重々しい雰囲気に包まれています。
そればかりか、全身の至る所にひどい傷痕や骨折の跡があり、家族たちは島で何があったのかと尋ねますが、オリバーは答えようとしません。

闇夜に紛れて悪を裁くヒーローとなる

スターリングシティーに帰って来たオリバーには、ある秘密の計画がありました。

それは、絶海の島 リアン リューでの、5年間にもおよぶ壮絶なサバイバル生活で培った、優れた戦闘能力を使い。
法の手の届かぬ、罪深き悪人たちに、この手で裁きを与えることで、スターリングシティーに秩序を取り戻すことでした。

オリバーは、頭に大きなフードのある戦闘服で顔を隠し、闇夜に紛れて、悪徳どもに正義の矢を放つのでした。

かつては遊び人だった財閥の御曹司が、夜には謎の戦士となって、正確無比な弓矢とナイフ、そして強靭な肉体を利用し。
さまざまな悪人たちと戦うことで、ヒーローとして、そして一人の男として成長していく姿が、ドラマの見どころとなります。

アローに登場する他のヒーローたちを紹介

ドラマ「アロー」の物語の中には、DCコミックスが生み出した、さまざまなヒーローや悪役たちが登場してきます。
そのような、魅力的なキャラクター達を紹介します。

ダーク アーチャーことマルコム マリーン

かつて、妻を強盗によって殺害されたことから、スターリングシティーの住人に恨みを持ち、狂気の殺人者となって帰って来た男です。
全身黒ずくめの弓遣いで、アローに先回りしてターゲットを殺害するなど、オリバーの計画を阻み。
また、謎の秘密結社「The Undertaking」のリーダーで、シーズン1では最後黒幕となる悪役キャラです。

演じるのは、イギリス スコットランド グラスゴー出身の俳優、ジョン バロウマンです。

「ミス サイゴン」「サンセット大通り」「オペラ座の怪人」など、舞台での活躍が有名なジョンは、現在51歳。
テレビでは、イギリスBBC制作のドラマ「ドクター フー」の、キャプテン ジャック ハークネス役で出演。
ジョンは、ゲイの弁護士が活躍する、アメリカの人気ドラマ「ふたりは友達?ウィル&グレイス」のウィル役の話が持ち上がっていましたが。ジョン自身がゲイであったために、演技があまりに露骨すぎるとして、断られたという経歴を持っています。

デスストロークことスレイド ウィルソン

元ASIS(オーストラリア秘密情報局)のスパイ。リアン リュー島に漂流してきたオリバーと出会い、彼に、島で生き抜くいてゆく術と、さまざまな戦闘技術を叩きこんでいく人物です。
当初は友情を築いていた、オリバーとスレイドでしたが、島に生息する暴力集団との戦いの中で、不幸にも因縁の間柄となり。

やがて、スターリングシティーへとやってきたスレイドは、襲るべき悪役デスストロークとなって、オリバーと敵対することになります。シーズン2で、メインとなる悪役です。

演じるのは、ニュージーランド ロトルア出身の俳優、マヌー ベネットです。
ファンタジー映画「ホビット」や、アメリカのドラマ「スパルタカス」への出演で有名なマヌーは、現在49歳。
最近では、アメリカMTVで放送されるドラマ、「シャラナ クロニクルズ」にレギュラー出演し、活躍しています。

ラベジャーことイザベル ロチェフ

シーズン2より登場する悪役で、ステルムーア インターナショナルの併合担当副社長。オリバーの父、ロバートが創設した、クイーン産業を乗っ取ろうと目論みます。
いつも不機嫌なのが特徴で、ロバートの母モイラには、全く信用できない人物と思われている。

演じるのは、アメリカ テキサス州サンアントニオ出身の女優、サマー グローです。
2008年に放送された、映画ターミネーターのテレビドラマ版。「ターミネーター サラ コナー クロニクルズ」で、女ターミネーターのキャメロン フィリップスを演じて、人気となったサマーは、現在37歳。

サマーは、大ヒットシュチュエーションコメディー、「ビッグバンセオリー ギーグな僕らの恋愛法則」に、ターミネーター役でゲスト出演するなど活躍しています。

あのザ フラッシュも登場

ドラマ「アロー」には、DCコミックスが生んだ大人気ヒーローの、バリー アレンことザ フラッシュも登場します。

超音速で移動して敵を翻弄する、スーパーマンやジャスティスリーグなどにも登場する、DCコミックの人気者ザ フラッシュ。
「アロー」には、シーズン2から登場し、主人公のオリバーとは正反対の明るいキャラクターを発揮。
当初は普通の人間として登場するバリーが、異常事態に直面して、特殊能力を発揮するようになるところが、見どころです。

演じるのは、アメリカ バージニア州ノーフォーク出身の俳優、グラント ガスティンです。
2014年から「アロー」のスピンオフとして放送されている、ドラマ「ザ フラッシュ」で大活躍中のグラントは、現在28歳。
他にも、多くのテレビドラマや舞台にも出演しているグラントは、今後の活躍が期待される若手俳優の一人です。

ドラマ「アロー」に出演するキャストを紹介

痛快な戦闘シーンと、ダークな世界観で人気のドラマ、「アロー」に登場するキャストを紹介します。

アローこと主人公オリバーを スティーヴン アメル

悲劇の海難事故から五年ぶりに生還した主人公で、弓矢を操る闇の戦士アローを演じるのは、カナダ オンタリオ州トロント出身の俳優、スティーヴン アメルです。

2004年に、同性愛者が主人公のドラマ「クィア アズ フォーク」でデビューした、スティーヴンは現在37歳。
その後、CSIマイアミなど多くのテレビドラマに出演したスティーブンは、2012年から放送が開始された本作「アロー」で、大ブレイク。

壮絶な戦いの中で傷つきながらも、スターリングシティーに平和を取り戻そうとする、主人公オリバーを熱演しています。

ヒロイン ローレル役を ケイティ キャシディ

スターリングシティの弁護士で、オリバーの恋人だったヒロインローレル役を、アメリカ ロサンゼルス出身の女優ケイティ― キャシディ―が演じます。

人気テレビシリーズ「スーパーナチュラル」シーズン3で、悪霊ハンタールビー役で人気のケイティ―は、現在32歳。

本作「アロー」では、元恋人オリバーとの関係に、心が揺れ動く、ローレル役を好演しています。

親友トミー役を コリン ドネル

スターリング シティーの大物実業家マーリン家の長男で、主人公オリバーの親友トミー役は、アメリカ ミズーリ州セントルイス出身の俳優コリン ドネルです。

アメリカNBCテレビで放送される人気ドラマ、「シカゴ ファイアー」にも出演するコリンは、現在36歳。

本作では、かつて、オリバーとともに遊び人を気取っていた、親友トミー役を好演。
ところが、オリバーの元恋人ローレルには、一途な想いを抱いているなど、複雑で単純なトミーの動向には目が離せないでしょう。

頼れる男ディグ役は デヴィッド ラムゼイ

クイーン家にオリバーの護衛として雇われた、元軍人ディグ役は、アメリカ ミシガン州デトロイト出身の俳優、デヴィッド ラムゼイです。

2000年に放送されたテレビ映画、「アリ/栄光の軌跡」で、伝説のボクサー モハメド アリを演じたデヴィッドは、現在47歳。
他にも、テレビシリーズを中心に多くの作品に出演するデヴィッド。
劇中でオリバーの身を危険から救い、やがて友情を築くことになる、人気キャラクター ディグを熱演しています。

オリバーの妹テラを ウィラ ホランド

オリバーが不在のクイーン家で、孤独に耐え兼ねて、すっかりひねくれてしまった妹のテラ。
多感なティーンエイジャーの妹テラを演じるのは、アメリカ ロサンゼルス出身の女優、ウィラ ホランドです。

2006年に放送されたドラマ、「THE O.C.」のケイトリン クーパー役で人気となったウィラは、現在27歳。

本作「アロー」では、無謀な振舞いをして、オリバーを始め家族をハラハラさせる、妹のテラ。
劇中で、その複雑な生い立ちが明らかになり、翻弄される少女のテラを、ウィラが鮮やかに演じています。

オリバーの母親モイラを スザンナ トンプソン

オリバーとテアの母親で、夫ロバート亡きあとのクイーン産業を事実上率いているモイラ役を、アメリカ カリフォルニア州サンディエゴ出身の女優、スザンナ トンプソンが演じます。

1990年台から、数多くのドラマや映画に出演する、ベテラン女優のスザンナは、現在60歳。

表向きは、オリバーとテラの善き母親を演じているモイラですが、次第に、その隠された秘密が明らかになっていきます。

ドラマ「アロー」の評価は?

ロッテントマトによると、ドラマ「アロー」に対する批評家からの評価は、好印象と答えた人が85%と素晴らしい数値。
ドラマを観た視聴者からも、87%が好ましいと答えています。

批評家による好印象の理由として「DCコミックのグリーンアローをヒントに、よりシリアスにしたストーリーは、哀愁漂を漂わせる主人公の役づくりとともに、大変興味深い作品に仕上がっている」と語っています。
ドラマを観た視聴者からは、「コミックでは明るいキャラクターだったオリバー クイーンを、これほどストイックな人物に仕立て上げたのがスゴイ」とのこと。

まとめ

DCコミックの人気ヒーローを元に、全く異なる世界観によって制作された、ドラマ「ARROW/アロー」は、批評家からも高く評価されて大人気となっています。

このニュースタイルヒーロー、アローの魅力は、他のヒーローみたいな超自然的な能力はなく、あくまでも身体能力の高さで敵を倒すところ。
素晴らしい弓矢のテクニックや、正確なナイフ投げなど、あのロビンフッドの時代を彷彿とさせる、痛快な戦闘シーンが大きな見どころです。

2012年から放送され、高い人気を誇るドラマ「ARROW/アロー」。
本国では、2018年にすでにシーズン6までの放送が終了し、10月15日から、待望のシーズン7の放送が始まっています。

ますます面白くなるヒーローアクションドラマ「ARROW/アロー」は、現在、NET FLIXにてシーズン1~5まで。
amazonプライムビデオでは、シーズン1~6までが視聴可能となっています。

話題のDCヒーロードラマ、「ARROW/アロー」をぜひお楽しみください。

Source: SATS

【海外最新情報】街にはびこる悪徳を 正義の矢が射抜く時 ドラマ「ARROW/アロー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です