【海外最新情報】今の時代だからこそ シャワーを浴びるように染みわたる 不巧の名曲 映画「ボヘミアン ラプソディ」

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「海外最新情報」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロック界に永久不滅の功績を残し、今もなお精力的に活動を続けている、イギリスを代表する、伝説的ロックバンド Queen/クイーン。

かつてクイーンのヴォーカルとして世界中をとどろかせた、今は亡き天才アーティスト、フレディー マーキュリーが、1974年に発表した不巧(ふきゅう)の名曲が ボヘミアン ラプソディです。

映画「ボヘミアン ラプソディ」は、まるで頭からシャワーを浴びせられたみたいに、現在も人々の胸の中に熱く染みわたる、あの名曲が誕生した背景を描き。音楽史に燦然と輝く芸術家フレディと、ロックバンド クイーンの、炎にように燃えたその姿を、ありのままに綴った物語。

2018年10月24日にイギリスで公開され、記録的なヒットとなっているこの作品。すでにアメリカや日本でも公開され、その素晴らしさに、多くの観客の胸を熱くしている話題の映画、「ボヘミアン ラプソディ」の見どころを紹介します。

フレディとクイーンが成し遂げた 輝かしい功績

1973年にデビューしたイギリスの4人組ロックバンド クイーンは、本国はもちろんのこと、アメリカや日本など全世界で絶大な人気を誇り、世界的にもっとも成功を収めたバンドの一つです。

クイーンがこれまでに発表した、アルバムやシングルの売り上げは、合計で2億枚以上と言われ。ヴォーカルを務めた、カリスマ的なシンガーソングライター、フレディ マーキュリーがこの世を去った後も、さらに売り上げは伸び。今や、伝説的なロックバンドとして、その地位を不動のものとしています。

苦心の末に完成した6分の大作

天才アーティストのフレディが生み出した「ボヘミアン ラプソディ」は、冒頭はアカペラで始まり、バラードとオペラ、そしてハードロックという多様な構成で成立する曲です。
その特徴的なメロディーラインと、衝撃的な歌詞によって、クイーンを代表する曲として語り継がれている。

「ボヘミアン ラプソディ」は、ポップミュージックとしては異例となる、6分という長さの大作です。そのため、バンドのメンバーや、クライアントである音楽会社との間で物議を醸し、完成までには紆余曲折があった模様。
「6分もある長い曲など、ラジオで流せないし、誰も聞かない」と、発表後もマスコミから大きな批判を浴びますが、予想に反して「ボヘミアン ラプソディ」は人々の心を打ち、空前の大ヒットとなります。

既存の枠にとらわれない自由な曲調が魅力

彼が7歳の時から、ピアノを習い始めたというフレディ。「ボヘミアン ラプソディ」を始め、クイーンが奏でる魅力的な楽曲は、フレディが放つピアノとメンバーたちのコーラスが合わさった、美しいハーモニーに酔いしれます。

「ボヘミアン ラプソディ」のボヘミアンとは、世間の風潮に従わず、自由で放浪的な生活をする人々を、かつてジプシー(移動生活者、放浪者)と呼ばれたボヘミア人に例えて表した言葉。ラプソディとは、狂詩曲(きょうしきょく)を意味し、既存の制約にとらわれない、自由奔放な形式で作り上げた音楽のことです。

各パートが持つ個性をあえて際立たせる

アカペラのコーラスから、優しいピアノの調べと共に、驚くような言葉で吐き出される、フレディのバラード。
そして、突如始まる、心を絞り出すような、情感にあふれたオペラ。
最後は、狂ったみたいにかき鳴らすギターと、重厚なドラムビートのハードロック。
全体の曲調を無理にまとめず、それぞれのパートが持つ個性を際立たせているところが、時を超えて愛される名曲、「ボヘミアン ラプソディ」の魅力でしょう。

衝撃的な歌詞に込められたフレディのメッセージは?

Is this the real life-これは現実の人生なの?で始まる、ボヘミアン ラプソディの歌詞。
この歌に出てくる主人公は、若くして人生を破滅へと導いた、不幸な青年です。

Mama just killed a man-ママ、僕、人を殺しちゃったよ…。
この衝撃的な言葉を、切なくもやさしい声色(こわね)で歌い上げるフレディ。

拳銃の引き金を引いたら、あいつは死んじまったよママ。
人生はまだ始まったばかりなのに、僕は、もうすべてを放り投げてしまったんだ。

Because I’m easy come, easy goーだって、僕は気分次第で生きているから。
Anyway the wind blows, doesn’t really matter to me―どっちにしろ風は吹くけど、僕にとっちゃ、本当にどうでもいいことなんだ。

フレディが描き上げた、この歌詞には、一体どのようなメッセージが込められているのでしょう?

常識に従うのがそれほど大切なのか?

いつ聞いても、思わず涙がこみ上げてきそうなほど、胸が熱くなるクイーンの名曲、ボヘミアン ラプソディ。

この曲を書いたフレディの父親は、当時イギリスの植民地だったタンザニアで、政府の会計係を務めていた、ペルシャ系インド人です。この非常に信仰心が強く、厳格な父親の下で、フレディは育てられました。
ゾロアスター教の敬虔な信者で、世間の常識や誠実な生き方を、何よりも重んじたフレディの父親。
そのような彼の父親は、ロックなど、ポップミュージックに傾倒するフレディのことを、全く理解しなかったといいます。
ましてや、フレディがゲイであることなど、父親には、口が裂けても言い出せなかったに違いありません。

自分が持つ、ありのままに生きることが、なぜ悪いのか?
彼がきっと持っていたであろう、父親や社会に対するこのような思いが、フレディが生み出す音楽に、少なからず影響を与えています。

自分らしさを愛して何が悪いのか

どっちにしろ風は吹くけど、僕には本当にどうでもいいことなんだ。
ママ、あなたを泣かせるつもりなんてなかったんだ。
僕は死にたくない。どうせなら、初めから、生まれてこなければよかったのに。
ガリレオ、ガリレオ、フィガロ(オペラ「フィガロの結婚」の主人公で理髪師)、マグニフィコ(偉大な人という意味)。
けれど、僕はただの貧しい哀れな青年で、誰も愛してはくれない。

自分にも他人にも不誠実な生き方をし、そのあげくに殺人まで犯した若者の、どうにも不安定な精神状態を、つらつらと書き綴ったようなボヘミアン ラプソディの歌詞ですが。
この言葉の中に、フレディが持っていた、社会に対する痛烈な批判が感じられます。

世界を一変させた科学者ガリレオや、傲慢な貴族に一泡吹かせたフィガロは、本当に立派だけれど、それを見てアンタ達は僕にどうしろと言うんだい?
僕は何も持っちゃいない、哀れなただの青年。それで何が悪いっていうんだ?
社会的に誠実な人間として、立派な地位を築くことよりも、自分らしくありのままに生きることの方が、大切ではないのか。

心を自由にして生きようというフレディの想い

フレディ自身が抱えていた、他の人とは少し違う自分と、誰もが同じであることを強く要求する、社会との不協和音。

そして、世間からもてはやされている、上物のスーツに身を包んだ、有名な企業家や政治家たちも。
所詮は、一皮むけば、衝動的に人を殺してしまった、哀れな貧しい青年と少しも変りはしない。

ママ、僕は人を殺してしまった。もう破滅なんだ、でも死にたくないんだ。
いっそのこと、僕は、生まれなきゃよかったんだ。
どっちにしろ風は吹くけど、僕には本当にどうでもいいことなんだ。

どんなにか立派な人物も、結局、最後には、ママに泣きついて助けを求めるしかない。
人間なんて、誰でも、それほど大して変わらない。
世間からどう思われようと、どうでもいいことだ。
それなら、自分らしい楽しいことを見つけて、心を自由に生きていく方がいい。

こうした、人々に対するフレディなりの慈愛を込めた強い気持ちを、ボヘミアン ラプソディに綴られた言葉の中に、感じることができないでしょうか。
それが、いつまでも人々の心を惹きつけてやまない、この名曲に隠された秘密だと考えます。

映画「ボヘミアン ラプソディ」の見どころは?

公開以来、世界的な大ヒットとなっている、映画「ボヘミアン ラプソディ」の見どころは、クイーンとフレディが生きた人生ドラマの面白さではなく。
音楽史に燦然と輝く孤高のアーティスト、フレディー マーキュリーとクイーンが生み出した、音楽とパフォーマンスをありのままに描いた、素晴らしい芸術性にすべてが集約されています。

映画では、伝説的ロックバンド クイーンが誕生し、目覚ましい活躍を遂げる様子と、フレディが愛した恋人メアリーとの日々が語られますが。もっとも注目すべきは、あの若き日のフレディとクイーンのメンバーが、現代によみがえったかのような、圧倒的なライブパフォーマンスのシーンに他なりません。

クイーンのメンバーによって芸術性の高い映画に

本作「ボヘミアン ラプソディ」は、カリスマ的な人気を誇るアーティスト、フレディー マーキュリーの伝記的映画として、ドラマティックなストーリーで制作される予定でした。
それが、当初から音楽プロデューサーとして加わっていたクイーンのメンバー、ブライアン メイとロジャー テイラーの意向により、音楽シーンを前面に打ち出した作品へと方向転換されます。

過去に制作された、芸術家の伝記映画では、アーティストたちが生きた、人生ドラマを中心に描いた場合。彼らの人生そのものと呼べる名作の数々に対して、真っ向から挑戦するような形となるため、あまりにも無謀です。
映画「ボヘミアン ラプソディ」ではそのような挑戦は避け、クイーンの音楽が持つ魅力を、十二分に発揮させた作品としたことで、多くの観客から絶賛されることとなりました。

ラミ マレックが演じるフレディに賞賛の嵐

この映画で最大の見どころは、主演のフレディー マーキュリーを演じる俳優、ラミ マレックの、目を見張るほどに素晴らしい演技です。
圧巻は、すさまじいほど大勢の観客を前に、ラミが放つホンモノのフレディさながらのライブパフォーマンスで、すべての観客をタイムスリップさせるほどの迫力に満ちています。

映画「ボヘミアン ラプソディ」を観たい人は、その前に、ぜひ実際のフレディーとクイーンが演奏する動画を、観ておくことをおすすめします。
素晴らしいことに、世界初のプロモーションビデオではないかと言われる、名曲 ボヘミアン ラプソディのPVや、80年代にクイーンが出演した伝説のLIVE AIDEなど。クイーンが発表した、あらゆる楽曲の動画が、YouTubeで視聴可能です。
現実のクイーンとフレディが放つ、パフォーマンスと比較することで、この映画が持つ芸術性の高さといった魅力を、より充実したカタチで堪能することができるでしょう。

映画「ボヘミアン ラプソディ」のキャストを紹介

映画「ボヘミアン ラプソディ」に登場する、キャストを紹介します。

主役のフレディは ラミ マレック

伝説的ロックバンド クイーンのカリスマ的ヴォーカリスト、フレディー マーキュリーを演じるのは、アメリカ ロサンゼルス出身の俳優、ラミ マレックです。

アメリカFOXテレビの人気コメディ「The War at Home」(2005~2007年)で、主人公の隣の家に住むゲイの少年を演じ、人気となったラミは、現在37歳。
ベン スティーラー主演の人気シリーズ、映画「ナイトミュージアム」では、美術館の展示物で、若きエジプト国王のアクメンラーを演じ。多彩な役柄で、実力を発揮するラミ マレック。

本作「ボヘミアン ラプソディ」では、役作りに一年を掛けたといい、カリスマ的シンガーのフレディー マーキュリーを見事に演じ切り、一躍大ブレイクとなりました。

恋人メアリー役は ルーシー ボイントン

フレディが愛した、恋人メアリーを演じるのは、ニューヨーク生まれでイギリス国籍を持つ女優、ルーシー ボイントンです。

レ二― ゼルウィガー主演の伝記映画「ミス ポター」(2006年)で、ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス ポターの少女時代を演じ、女優デビューしたルーシーは現在24歳。

2016年のアイルランド映画、「シング ストリート未来へのうた」では、ヒロインのラフィーナ役で出演したルーシー。
本作「ボヘミアン ラプソディ」では、フレディと婚約するも破局し、その後は生涯を通じての良き友人となる、恋人メアリーを熱演しています。

ギタリストのブライアンを グウィリム リー

イギリスの伝説的ロックバンド、クイーンでギターを務めるブライアン メイを演じるのは、イングランドの港町ブリストルで生まれたという俳優、グウィリム リーです。

10代でテレビドラマに出演し、16歳の時にロイヤル シェイクスピアカンパニーの「リチャード三世」に出演した、実力ある俳優グウィリムは、現在35歳。
主にテレビシリーズで活躍するグウィリム。本作では、現在もクイーンで大活躍するギタリスト、ブライアン メイを好演し、存在感を示しています。

ドラムのロジャーを ベン ハーディー

クイーンのドラム、ドジャー テイラーを演じるのは、イングランド ドーセットボーンマス出身の俳優、ベン ハーディーです。

イギリスBBCのドラマ「イーストエンダーズ」の、ピーター ビール役で世に知られるベンは、現在27歳。
ベンは、2016年の映画、「X-MEN:アポカリプス」のアークエンジェル役で、映画デビューを果たします。
映画「ボヘミアン ラプソディ」では、ドラム以外にも多彩な楽器を操り、クイーンでは一部の楽曲でヴォーカルも務めた、マルチプレイヤー ロジャー テイラー役で人気となっています。

ベーシストのジョンを ジョゼフ マゼロ

ブライアンとロジャーが組んでいたバンド「スマイル」に、フレディと共に加入し、クイーンが誕生した立役者の一人となるベーシスト、ジョン ディーコン。

その後「地獄への道ずれ」や「ベスト マイ フレンド」、「ブレイク フリー(自由への旅立ち)」といった、名曲を生み出すこととなるベーシストのジョンを、アメリカ ニューヨーク州ラインベック出身の俳優 ジョゼフ マゼロが演じます。

映画「ジュラシック パーク」(1993年)で、恐竜が大好きな少年ティムを演じ、注目を集めたジョゼフは、現在35歳。
その後、メリル ストリープ、ケヴィン ベーコン主演のヒット作「激流」(1994年)や、「マイ フレンド フォーエバー」(1995年)。ジュラシックパークの続編、「ロストワールド」(1997年)で再びティムを演じるなど、多くの作品で活躍したジョゼフ。

本作で、フレディを演じたラミ マレックとは、2010年のテレビドラマ「ザ パシフィック」以来、久々の共演となりました。.

音楽会社の重役フォスターを マイク マイヤーズ

フレディが生み出した不朽の名曲、ボヘミアン ラプソディを巡ってメンバーらと対立する、大手音楽会社EMIの重役フォスター役を、あの超人気コメディアンで俳優のマイク マイヤーズが演じています。

今世紀最大のおバカ映画「オースティン パワーズ」シリーズで、世界的な人気を博したマイヤーズは、カナダ オンタリオ州スカボロ出身の、現在55歳。

元は、アメリカNBCテレビの長寿バラエティ、「サタデーナイトライブ」で大ブレイクし、エミー賞を受賞したマイヤーズ。
大人気映画シリーズの「オースティン パワーズ」では、主演や悪人など複数の役を熱演。同作では、さらに脚本を務め、プロデューサーとしても名を連ねるなど、マルチな才能を発揮するエンターテナーです。

映画「ボヘミアン ラプソディ」の評価は?

ロッテントマトによると、映画「ボヘミアン ラプソディ」に対する批評家からの評価は、好印象と答えた人が62%となかなか数字。映画を観た観客からは、好ましいと答えた人が何と92%という、圧倒的な高評価を得ています。

批評家によると「凡庸なストーリーや、単純化されたフレディのキャラクターは残念だが。ミュージシャンとしてのフレディ マーキュリーを、鮮やかに演じ切った、俳優ラミ マリックの演技は、目を見張るほど芸術的だった」と語っています。

まとめ

イギリスが生んだ伝説的ロックバンド、クイーンの栄光の軌跡を、ありのままに描いた、映画「ボヘミアン ラプソディ」。
この作品の魅力は、映画のために用意された贅沢な演出と、役者たちの優れた表現力による、本物さながらに感動的な演奏シーンの素晴らしさです。

フレディー マーキュリーが遺した不朽の名曲、ボヘミアン ラプソディ。
この楽曲のために書き下ろされた、衝撃的な歌詞が意味するものは、大きな謎として現在も知られています。
歌詞に綴られた言葉の解釈について、作詞をしたフレディ本人からは、何も語られてはいません。
読んでみると、どこか支離滅裂な印象すら覚える、問題の歌詞ですが。
「それがロックであり、俺たちが作る音楽なんだ!」と、天国でニヤリとする、フレディの顔が思い浮かぶでしょう。

本国はもちろん、アメリカや日本など世界中で大ヒットを記録している、映画「ボヘミアン ラプソディ」を、ぜひ最寄りの映画館でお楽しみください。

Source: SATS

【海外最新情報】今の時代だからこそ シャワーを浴びるように染みわたる 不巧の名曲 映画「ボヘミアン ラプソディ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です