僕のセールスのスタンスとは

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

本日は、12月6日のメルマガの一部を、
公開させていただきますね!

 

この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

 

本日のテーマは、

「プロダクトローンチをやってみようと思っています。」

 

僕の、ビジネスの実績も公開させていただいておりますので、

最後までお読みください^^

 

プロダクトローンチをやってみようと思っています。

 

こんばんは。
大越です。

さて、

2018年も佳境となっております。

そして、

約2年半運営してきました、
無在庫輸入クラブMYCの幕を閉じようとしております。

コミュニティ内から数々の、
パワーセラーも生まれました。

コミュニティメンバーを稼がせることに、
全力を注いだ2年半でもありました。

しかし、

昨日も書かせていただいた通り、
そろそろ、無在庫販売も市場的に、
厳しくなっているのかなって思います。
https://yusukeokoshi.com/BackNumber/view/hnVC9uyE/fPBjPiZg/03XFbbv4

11月の終わりから、
今日にかけて、
数名の新規セラーが、
アカウント停止になっております。

とは言っても、
これはイタチごっこで、
無在庫販売自体が稼げなくなる訳ではありません。

・無在庫セラーが精査されていく
・新規セラーの参入が厳しくなってくる

ということなんです。

では、

これから新規で参入する人や、
稼ぎ続けるためにはどうしたら良いか?

やはり、

経験値の高い、
トッププレイヤーから学ぶことが重要です。

そして、

無在庫販売だけではなく、
次のステージの稼ぎ方まで、
導いていくことが出来る指導者が必要です。

何度もお伝えしているように、

無在庫販売自体は、
初心者のビジネスのスタートアップとしては、
最高のノウハウだと思います。

これ以上に、稼ぎやすい手法は、
僕は、未だに出会っていません。

月収30万円を、半年以内に達成し、
継続的にゆるーく稼ぎ続けるには、

アカウントリスクがあるとはいえ、
初心者から稼ぐには、
最適な手法だと考えます。

今回、

僕の教え子の中でも、
突き抜けて稼いでいる方がいます。

おそらく、
僕が知りうる中では、
最強の無在庫輸入セラーです。

僕が教えましたが、
残念ながら、あっという間に師匠越えです。

実はですね。。。

彼から、
いろいろ聞き出そうと、
動画撮影をしてきました。

いわゆるプロダクトローンチ形式で、
彼のコンサルティングサービスを、
ご紹介させていただこうと思います。

「プロダクトローンチとは、
商品の販売前から見込み客を集め、
商品の発売時に爆発的な売上を上げる方法です。」

はい!
僕にとっても、
新しいチャレンジです!

もちろん、
すさまじい実績を持っているので、

少人数限定での提供になりますし、
安い金額での提供は出来ません。

現在、動画の編集や、
ページの作成などを行っているのですが、
めちゃくちゃ楽しいです^^

やっぱり、
嘘偽りなく、
僕も彼も、本音で話したので、
とても斬新なセールスになるかと思います。笑

ローンチ?
セールス??

という言葉に、
拒否反応を起こす方も一部おられるのは、
僕も、よーく知っております。

僕も、今まで色々と、
痛い目を見てきましたから。笑

でも、

僕自身が今までに、
ローンチや、
セールスを受けて、

色々な学びを得て、
今、ここにいます。

そして、

実際に、8割以上のサービスが、
受講して良かったと思える、
商品やサービスの提供を受けました。

1割ちょっとは、
残念なものもありましたけどね。。。

よく、ローンチなどで、
詐欺商材をつかまされるというような話を聞きますが、

相当、運が悪い人か、
商品の見極めが出来ない人なのかなと。

なので、

僕のセールスのスタンスは、

「必要な人に、必要なサービスを」
「信頼できる人のサービスしか販売しない」

ここは、絶対に曲げたくありません。

来週あたりから、
ご案内をさせていただきますので、
お楽しみにしていただけたらと思います^^

そして、

コンサルティングサービスが、
必要だと感じていただけたら、
飛び込んでいただけたら嬉しいです^^

それでは!

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

Source: 大越雄介

僕のセールスのスタンスとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です