ニッパチの法則から考えてみる

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

本日は、12月7日のメルマガの一部を、
公開させていただきますね!

 

この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

 

本日のテーマは、

「パレートの法則から考える、指導者としてのマインドセット」

 

僕の、ビジネスの実績も公開させていただいておりますので、

最後までお読みください^^

 

パレートの法則から考える、指導者としてのマインドセット

 

 

 

こんばんは。
大越です。

現代でよくパレートの法則が用いられる事象

ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。
よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。
商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール
売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。
仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。
故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。
住民税の8割は、全住民のうち2割の富裕層が担っている。
プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。
全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

毎度、すみませんが、
ウィキペディアによる引用です。

いわゆる、
ニッパチの法則というやつですね。

これは、
スクール運営にも、
統計的に見ても、
同じことが言えて、

最終的に残るのは、
全体の2割だったりします。

例えば、100人のスクールだとすると、
ある程度満足のできる成果を残すのは、
全体の2割、つまり20人程度。

残りの8割、つまり80人が、
成果を出せずにスクール期間を終えていきます。

なので、

指導者がいくら頑張っても、
ノウハウがいくら再現性が高くても、
100%の人に成果を出してもらうということは、
パレートの法則に則って考えると、
難しいものなのです。

しかし、

少なからず、

「脱落者」

は、減らしていきたいですよね。

そういう場合は、
どうしたら良いか?

「全体の2割は、うまくいく」

ここを、うまく活用していくのが良いですね。

例えば、

4ヶ月のスクールであれば、

チェックポイントを、
1ヶ月ごとに作っていくのが良いです。

・第一関門
・第二関門
・第三関門
・第四関門

第四関門まで、
進んでいく為には、

まずは、
第一関門を突破する必要があります。

最初の第一関門で、
実は、脱落する確率が高かったりします。

ですので、

第一関門にチェックポイントをおいて考えたときに、
脱落者をできる限り少なくすることが、
最終的な成功率に繋がってくるものです。

1ヶ月目
100人のうち80人が第一関門を突破できない。

2ヶ月目
80人のうち64人が第一関門を突破できない。

3ヶ月目
64人のうち51人が第一関門を突破できない。

4ヶ月目
51人のうち40人が第一関門を突破できない。

こう考えていくと、

100人のうち60人が、
第一関門を突破することが出来るのです。

つまり、

第一関門の突破の水準を、
出来る限り引き上げることで、
再現性が高くなるということです。

うまく伝わっていますかね?

最初から、
第四関門の突破を目標としていると、
100人中20人の成功率。

チェックポイントが、
第一関門に設定しており、
第一関門を突破すれば、
第四関門までたどり着ける仕組みさえ作ってしまえば、
成功率が3倍になるということなんです。

なので、

指導者がやるべきことというのは、
適切な第一関門を設定すること、
第二関門から第四関門までの道筋を、
明確に再現性高くしておくこと。

第四関門を最初から目指すから、
脱落者が増えるということですよね。

チェックポイントを適切に設定して、
ゴールとコースを明確化することで、
再現性というのは高くなるものです^^

それでは!

あ、大量出品も同じ考え方ですよ〜。

10万品出品していたら、
実際に、売上に貢献している出品は、
2万品だけということです。

残りの8万品をどう見るかは、
戦略の部分となりますね^^

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

Source: 大越雄介

ニッパチの法則から考えてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です