最近の大人の言語化が小学生レベル#646

最近の大人の言語化が小学生レベル

 

 

文章を読む

8月に入りましたね\(^o^)/

子どもたちがいないのもあって、いつも以上に時間が自由に使えるのですがこんな時にやたら誘惑されちゃうのが・・・

大好きな「本」ですね!

今どハマりしているのはこれ

冒頭から“見城節”炸裂でグサグサ刺されてますw

「文章を読む」って事はすごく奥が深い。

文章を読む、

言葉を聞く、

動画を見る、

こういったものを無意識でボーッと見る(聞く)人が本当に多い。

その証拠に、アウトプット力がかなり乏しい。
私が思うに、人の話を単に情報を集める感覚で見る(聞く)人が多いからではないか?

そうじゃなくて、例えば日報一つ、返事一つにしても“自分で感じた事を言語化できるか”

ここがすごく重要だと思います。

返事そのものが社交辞令

例えば助言をもらった事に対して、

「ありがとうございました!頑張ります!!」

“だけ”返して終わる人?

申し訳ないけどうちの三男(小2)レベル

って言うか、うちの次男(小4)長男(小6)以下

 

 

思考するコトバ

 

ちなみにこの本ではこんな一節が妙に響きました。

=====

最近ではあらゆる場所で「教養」の重要性が語られている。

しかし、さまざまな情報を知っている人を「教養ある人」だと捉える言説が多い事に僕は違和感を覚えている。

教養とは単なる情報の羅列ではない。
人生や社会に対する深い洞察、言い換えれば「思考する言葉」にほかならない。

「読書という荒野」より引用

======

本を読み漁っているから、

動画を見漁っているから、

色々な塾に入っているから、

それでも情報だけをインプットして自分で何かを感じられない人、
つまり自分の言葉を発せない人は

「「「 頭デッカチ 」」」

だと私は思いますね。

 

 

今日から正式なスタートをした『新MYC00』

早くも日報の提出があり読んでいましたが…

 

自分の言葉でしっかり書ける人が多い!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

これ、初日早々からすごい事ですよね^^

やる気に背中を押されて出した課題に対してもしっかり考えながらやる人が多い。
思考停止なまま淡々と作業するのではなく、しっかり何かを自分なりに感じる。

 

 

これができる人は、多くの情報を持っている人よりも断然、優っていると思います^^

いや〜本当にすごいメンバーが集まってる♪

 

 

私も負けてられないので頑張りまっっす!

それではまた

Source: おとも

最近の大人の言語化が小学生レベル#646

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です