【ebay輸出】商品の返品について

杉原です。

この時期は商品がたくさん売れるのでとても
良い思いをされている方も多いのではないでしょうか?

商品をたくさん売ると販売数に応じて
あとから返品も増えます。

 

まあ、物販をやっていればどうしても一定の割合で
返品リクエストをいただくのは仕方のないことです。

僕の場合返品リクエストを貰う割合は1%程度だと思います。

返品リクエストの原因は主に次のものがあげられます。

・気が変わった

・商品違い

・壊れていた

気が変わったと言って返品要求してくる場合も
極稀にあります。

 

僕の場合は返品可(return accept 30 days) としているので、
返品期限を過ぎていなければ受け入れます。

こちらに落ち度がない場合は往復の送料をバイヤーに
払ってもらうようにします。

「返品の送料はあなたが払ってね」

「商品が到着したら送料を引いた〇〇円を差し引いて返金します」

これを了承してもらいます。

 

商品違いの場合は返品を受け入れるしかないです。

しかし、返品すると返送料次第では大赤字になる可能性があります。

商品代金が3,000円なのに返送料が10,000円もかかったのでは
返品してもらう意味がありません。

 

アメリカやカナダから日本に送る送料って割と高いのを
覚えておいた方が良いと思います。

その場合はバイヤーに「返送する前に送料を教えてね」と
聞きます。

 

返送料があまりにも高かったら商品は送ってもらわずに返金
した方が被害を最小限に抑えることができます。

または、部分返金のオファーをします。

状況によって、20%、30%、半額返金など決めれば
良いと思います。

 

返品してもらうよりも時間と手間の短縮になります。

金額にもよりますが、部分返金を受けてくれるバイヤーは意外と多いです。

商品が「壊れていた」と連絡が来たら壊れた商品の
写真を送ってもらってください。

 

その写真で壊れているのが確認できれば
状況によって判断できます。

輸送中に壊れた(箱が潰れていたり穴が開いているなど)と
証明できれば日本郵便に損害賠償を申請できます。

 

なので、バイヤーに状況を聞いたうえで輸送中に損傷した
可能性があったら梱包されていた箱と一緒に郵便局に
持っていき「ダメージレポート」を申請します。

 

申請が通れば送料と申告した商品代金が戻ってきます。

「壊れていた」というのはうその場合もあるので厄介です。

状況により判断するしかありませんが
バイヤーにいろいろと質問してみるのも手だと思います。

トラブルがあった場合はいろんな角度から質問して
一番良い解決策を考えてください。

 

■編集後記

今、上野にきています。

物販で鬼のように稼ぐ仲間達と飲んでいます。

今月に入ってから何かと理由を付けて飲んで
ばかりですが、かなり楽しいです。

飲みながら情報収集しているので、遊びに来て
いるようで仕事もしている感じです。

今度は仕事抜きで遊びたいものです。

って考えたら仕事以外で遊ぶ人が思いつきません^^;

メルマガの登録はこちらから
http://ten.funsjp.net/muryou/
初心者の方はこちらから
http://ten.funsjp.net/bigining

ブログランキングに参加しています。
現在の順位は? 以下のボタンより確認してみて下さい。
応援ありがとうございます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

Source: 杉原裕一
【ebay輸出】商品の返品について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です