【Amazon無在庫輸入】[知らないと損する]とあるサイトを活用した超基本的なリサーチ方法!

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

本日は、1月8日のメルマガの一部を、
公開させていただきますね!

この記事の最後に、

メルマガの登録フォームを設けておりますので、

少しでも参考になった!

もっと詳しく知りたい!

ということであれば、メルマガへのご登録をお願いいたします^^

本日のテーマは、

「無在庫輸入における基本的なテコ入れをやってみた!」

僕の、ビジネスの実績も公開させていただいておりますので、

最後までお読みください^^

早起きは3億の徳

みんな朝早く起きられないって言うけど、答えは簡単だよ。早く寝ないからでしょう。で、早く寝られないっていうのは、早く起きてないからだよね。「早寝早起き」っていう言葉は間違い。「早起き早寝」が正解でしょ。

by 哀川翔

いやぁ…
今日も、太陽に負けてしまいました。

こんばんは。
大越です。

かっけぇ…

哀川翔さんの名言に、
連日、心撃たれてしまいました。

「ぐうの音も出ない」

とは、このことで、

夜更かしをする
 ↓
朝起きるのが辛い

特に、ネットビジネスに取り組んでいると、
この負のサイクルが生まれてきますよね。

うーっし!

太陽に負けてたまるか!(3回目)

無在庫輸入における基本的なテコ入れをやってみた!

ということで、
昨日は、新年1発目の弊社MTGでした。

僕のチームは、
副業の方が多いので、

どーしても、
みんな集まってMTGというと、

平日の深夜になってしまいます。
(今日起きれなかった言い訳ですw)

このチームで、
やっていることは、

・スクール運営
・ツール開発
・無在庫輸入アカウント運営

が、メインです。

各事業の今年の進め方を、
主に打ち合わせをしていったのですが、

運営しているアカウントが、

調子の良いアカウント
調子の悪いアカウント

に、別れていくんですよね。

当たり前のことなのかもしれませんが、
物販で売上、利益を安定させるためには、
底上げをする必要があります。

もしくは、

良いものだけ残し、
悪いものを切っていく。

Amazon無在庫輸入で売上が伸び悩んだら・・・

無在庫輸入のテコ入れ(改善)をする際の、
手順をお伝えしておきますと、

・まずは、オペレーションの見直し

赤字や在庫切れといった、
マイナス要素が生まれるオペレーションになっていないか?

顧客対応がこまめに、
着地を決めて行われているか?

つまりは、
売上を伸ばすためには、
守りの部分がやはり重要です。

売上が伸び悩むと、

とりあえず、出品数を上げてみる。
とりあえず、価格を落としてみる。
とりあえず、変な商品でも送ってみる。

こんな、負の連鎖が生まれるのです。

結果、

利益率が落ちていく
変な商品ばかり売れていく
顧客対応が増える
モチベーションが下がり出品作業の手が止まる

と、なっていくのです。

最悪の場合は、
アカウントが止められてしまいます。

なので、

売上の調子が悪い時ほど、
守りの意識を高めていくことが重要です。

・ビジネスレポートに基づき、出品商品を削除していく

無在庫輸入において、

・売れる商品の価格帯
・扱うべきカテゴリー
・各レンジのセッション数の基準

こういった項目を、
日々、データとして感覚値として、
蓄積させていく必要があります。

「ツールで出品するだけで稼げる」

これは、嘘ではありませんが、
もちろん、頭打ちになりますよね。

正しくは、

出品商品を、常に入れ替えていき、
数値や季節指数を考え、
売上を伸ばしていく。

ここを、ルーティン化することが、
無在庫輸入における自動化だったりします。

ここに目がいかないと、

結局は、

ライバルセラーとの価格競争
顧客対応に疲弊する日々
アカウントリスクに怯える日々

ここに陥ります。

考えて、楽しんで、
自分のショップに、
意図をもった出品を繰り返していくことで、

ストレスのない、
楽しいビジネスモデルへと、
構築していくことが出来るのです。

・売れている商品とトレンドの把握

改善において重要なのは、

上記の2点

「オペレーションの改善」
「数値分析のルーティン化」

ここで大きく改善が可能です。

要は、

悪い部分を取り除く作業です。

アカウントヘルスの悪化や、
顧客からの見え方なども、
細かく見ていく必要がありますね。

では、

あとは、
無在庫輸入においての、
売れる商品を投入していくフェーズに入ります。

どんな商品を入れ込んでいくのが良いのか?

「無在庫輸入における質の良い商品とは・・・」

・納期が早い
・軽くて小さい
・仕入れ単価が低い
・ミドルテール商品

ざっくりですが、
こんな条件が揃っている商品を、
沢山売っていくのが、
最も、効率的に儲かります。

今日は、一例として、

「Amazonランキングからの商品選定方法」

を、お伝えさせていただきます。

動画を久しぶりに撮ってみました^^

【Amazon無在庫輸入】[知らないと損する]とあるサイトを活用した超基本的なリサーチ方法!

ご参考にしていただけたら幸いです!

それでは!

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Source: 大越雄介

【Amazon無在庫輸入】[知らないと損する]とあるサイトを活用した超基本的なリサーチ方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です