アマゾンの無在庫販売は禁止ではない

アマゾンの無在庫販売は禁止ではない

 

 

無在庫販売はダメなのか?

去年くらいまでは「アマゾン無在庫転売は違法だ!!」くらいに騒ぎ立てる書き込みや動画がありましたが最近ではなくなってきていますね。
それはそうです、プラットホームであるアマゾンさんが規約でドロップシッピング方式を認めているわけです。
在庫を持たずに出品するのがダメなのではなく、注文をくれたお客さんにその商品をしっかりお届けできるか、また返品やキャンセルも含め出品(販売)をしているショップがしっかり責任を取れるのかどうかというポイントだけしっかり守れば無在庫での販売は問題ありません。

 

ドロップシッピングとは?

 

ドロップシッピング・・・まだ物販の経験がない人には聞きなれない言葉ですよね。このドロップシッピングとは、注文が入ってからメーカーや卸より商品を買い付けお客さんに発送できるという販売方法のことを言います。アマゾンはこのドロップシッピングを規約で認めています。ただしこの方法で販売をする場合はアマゾンのルールがありますのでそれを守れば問題ないということになります。

 

 

アマゾンのドロップシッピングポリシー

ではアマゾンではどんなルールを守らないといけないのでしょうか?

 

ドロップシッピングを利用する場合は、出品者は以下の要件をすべて満たす必要があります。

  • 商品の記録上の販売者であること。
  • 商品に同梱または付随する納品書などのすべての情報に、自身を商品の販売者として明記すること。
  • 購入者からの商品の返品受付・実施の責任を負うこと。
  • Amazonの定める出品者規約およびポリシーのすべての条項を遵守すること。                                                         Amazon ドロップシッピングポリシーより引用

 

例えば商品の注文が入り売れた後にメーカーや卸から買い付けて発送をしても、販売したのは出品したショップなので責任を持ちましょう、そんな解釈ができますね。

壊れてもうちはメーカーじゃないから知りませんよ?
責任は一切ありませんよ?

そんな対応をされてはアマゾンさんも困りますよね。また、出品したけど実際に買い付けができるかは注文してからじゃないと分からない…こんな無責任な出品をしてはいけません。
もちろんどうしてもタイミングで買い付けができなくなってしまうこともあります。その場合はお客さんにしっかり状況を話した後にショップ都合のキャンセルという対応をすることもあります。

 

 

アマゾンはお客様第一主義

アマゾンは地球上でもっとも豊富な品揃えもっとも顧客を大事にするという理念を掲げていますので、こう言ったルールをしっかり守ることは必須です。

とはいえ、普通に考えても出品した商品が売れたらしっかりお届けする。何かあれば誠心誠意お客さんの対応をするというのは、商売をする上で当たり前といえば当たり前の話ですよね。

アマゾンって転売に厳しそう、アマゾンって個人での参入が難しそうと誤解をしていた方は、アマゾンはお客さんのために世界一の品揃えを提供したいという理念の裏を考えれば、実は個人であろうが出品をして販売をする私たちセラーもウェルカムということがわかるのではないでしょうか?

 

 

 

 

初心者でも始めやすいアマゾンを使った無在庫転売、
この具体的な方法や流れをもっと知りたいという方はチャンネル登録をお願い致します!

YouTubeチャンネル登録はここから

 

Source: おとも

アマゾンの無在庫販売は禁止ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です