戦ってはいけないアイツの「正義感」#652

戦ってはいけないアイツの「正義感」

 

ディスカッションができない日本人

日本人ってのは“喧嘩”が下手ねw
頭がカタイのか真面目なだけか良くわからないけど・・・とにかく“ディスカッション”ができない人が多い。

「人の話を上手に聞けない」とも言えます。自分の主張が正しいと言う頭のカタサはピカイチです。
つまり、自分の主張が絶対でそれに対する意見や反論は全て敵だ!ぐらいに思う人が多いようです。

このような“自分の中の正義感を主張する輩”とは絶対に戦ってはいけません。

聞く耳を持っていない人に何を言っても通じないからです。つまりあなたの有限な時間を無駄に使う事にも繋がるという事です。
自己主張が強い人から人が離れていくのはこういう事なんですね、納得です。とは言え、このメルマガを読んでいるあなたにはディスカッション上手になって頂きたい!とも思っています^^

意見をされるとムッとする男性、めちゃめちゃ多いですよ!
対照的に反論があると引っ込んでしまう女性、何人も知っています!

それでは人生そのものが勿体無い!><

 

批判を助言に変える方法

大好きな経営の神様“松下幸之助”さんの言葉でこんなものがあります。

批判に対して弁明しない 

是非これも是非本で読んで頂きたい…のですが、

批判する人、つまりここで書いた正義感を主張する輩はそもそも聞く耳を持っていないのだからあえてこちらから弁明する事もないという意味です。
ここで終わらないのが松下幸之助さんの凄いところで、こう続きます。

批判への弁明は自分がその批判に捕らわれている事を意味する。
十分に考えて決めたことでも何事も100%正しいという事はない。
つまり意見や批判があって当然である。

「批判」に自分が捕らわれず素直な心で受け止め耳を傾ければその批判は助言に変わる

 

いかがでしょうか?(何度も言いますが本は読んだ方が良い)

ディスカッションをしているのに何だか批判されている><と、捉える人が多いですが、松下幸之助さんのお言葉のようにそれは自分の受け止め方次第で助言へと変わります^^

ムッとするのではなくやはり素直な心で受け止める事が大事。
「素直な心で素直に耳を傾ける」大人になればなるほど難しくなる課題の1つでもありますね。

そして“立場が上がるほど難しい

おごれる事無く素直に人の意見には一度耳を傾ける。
そしてそれを冷静に判断して決断する。

この2つはけっこう意識しています。

傲慢な態度は人も離れますし本音を聞けなくなっていきますよね。
(偉ぶって損をしてる人沢山います。)

素直に素直に・・・

心で常に意識しながらディスカッションをして助言をいただく

こういう人が人生で得をします。

ただし冒頭で書いたように、自分の正義感を貫こうとし主張する輩とはこれは時間の無駄になる事が多い。
良く覚えておきましょうw

それではまた。

\[YouTube]おともチャンネル/

おともチャンネルはこちらから登録

Source: おとも

戦ってはいけないアイツの「正義感」#652

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です