ゲームに熱中する子どものイライラ解決策

ゲームに熱中する子どものイライラ解決策

 

子どものゲームは取り上げるべきか?

 

勉強しないでゲームばかりして!
遅くまでゲームばかりして朝起きない!
部屋に閉じこもってずっとゲームしてる!

 

こんなお母さんたちの嘆きを聞いた事はありますか?

勉強や習い事を優先してしっかり勉強をし、成績も全てにおいて満足の結果が残せるのならこのような嘆きはあまり聞こえないのかもしれません。

 

 

ところが宿題や勉強よりも子どもたちはゲームやYouTubeに没頭している・・・先が不安と親であれば心配をするわけです。

では、ゲームやYouTubeなど子どもたちが触れないように取り上げてしまえば解決になるのか?
そうではありません。ゲームがなくなったから勉強をするわけではありませんし、YouTubeを見なくなったから本を読むのではありません。

つまりゲームばかりする子からゲームを取り上げるのは、根本の解決策にはならないのです。

 

ゲームにハマる理由は?

例えば、
「ゲームばかりしてないで勉強をして欲しい」という願いがあったとします。

ですが、先ほども書いたようにゲームを取り上げたから勉強をするわけではありません。
ゲームが出来ないなら次に没頭出来る何かを探すだけです。しかも締め付け(拘束)がきつければきついほど、そこから離れた場所へいき拘束のかからない場所で没頭できることを探すことも考えられます。このイメージ、なんとなくは分かりますよね?

 

大人だけではなく子どもにも子どもの社会があり、家の外では楽しいことも悲しいことも経験するしストレスも感じながら成長をしていきます。大人のようにストレスと言う実感がないだけで実は疲れている子どもも少なくはないかもしれません。

 

 

学校でちょっと嫌なことがあった時、楽しいと思えない勉強を無理やりやっている、そんな日常を無意識で忘れられるのがゲームをしたりYouTubeの動画を見ている時なのかもしれません。

それからゲーム自体は決して悪いものでも悪影響でもありません。自分の頭で思い描くことがゲームの世界では叶えられたり創造する力が養われると言う点もあります。創造力は大人になっても必要です。夢と情熱がないと新しいものを創り上げるのは難しいのです。

 

 

ゲームは決して悪いものではない、ですが、現実と仮想空間の区別が分からなくなると悪影響が出ることがあります。

 

 

思い通りになるはずのゲーム空間でストレス

ゲームでは思い通りに、動ける・作れる・進めるなどが面白くてハマる人も多いです。なので対コンピューターなら至難もいつかクリアできると楽しめるわけですがこれが 対 人間となるとストレスとなる事もあります。

自分だけの理想の空間に誰かが入ってくる事で思い通りにはならない半分現実になる感覚があるからです。

三兄弟はゲームを一緒にやるとよくケンカをします。
対戦モードでは負けた方が「ズルイ」と言いだし、タッグモードでは「あれを取った」「僕のを取った」「ズルイ」と言い出す。つまりお互いの思い通りがぶつかる事なく進まないとストレスとなるわけです。

 

 

思い通りになるはずのゲームで思い通りにならないイライラ。意外とこの話をすると小学生でも何となく理解はできるようです。

 

ゲームを取り上げても学習へは繋がりません。勉強を少しでも楽しめるような工夫をご家族みんなで考えてみるのも良いですね。

土日はお父さんがパジャマでふんずりかえりながら「勉強しろ〜」と言う、
夜はお母さんがスマホでLINEしながら「勉強しなさい」と言う、

そうではなく、一緒に同じテーブルで何かを勉強するのも良いかもしれません。子どもが宿題をしている隣で読書をするのも良いでしょう。
勉強はしないといけないと言うイメージから、大人になっても知らない事だらけ、だから学ぶことは楽しいと言うイメージを持たせてあげるのも1つですよね。

ゲームが気になるようなら、親子でできるゲームを一緒にやるとまたゲームでのコミュニケーションと子どもに取っては心の安定効果もあります。
少子化になり、一緒に遊ぶ兄弟がいない家庭や一人っ子で両親が共働きのご家庭などなかなか家族のコミュニケーションも少なくなっている現代ですが、昭和時代のサザエさんのような三世帯住宅がちょっと恋しくも感じますね。

 

それではまた。

 

 


齋藤朋子 さいとうともこ
東京都出身、兵庫県在住
働くママ起業家

小学生三兄弟のお母さんでありながら女性起業家として活動中。
現在はインターネットビジネスの講師業などで全国を回りながら、子育ても両立しているワーママ(ワーキングマザー)です。

 

 

 

齋藤朋子と繋がるLINE@

 

Source: おとも

ゲームに熱中する子どものイライラ解決策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です