利益率と価格競争力をアップさせるための仕入れの工夫【アマゾン輸出スタートアップ講座/第10回】

いよいよ8月突入です。

やっぱ、アマゾンさん、すんげーわー
http://yj-style.com/amazon_tenbuyer_20190731/

こんばんは。

株式会社 雇われない生き方
代表取締役の大越雄介です。

本日は、仕入れについて、
僕なりの考え方をお話していきます。

アマゾン輸出において仕入れは差して重要ではない?

物販ビジネスにおいては、
仕入れは肝だ。

と考えている方も多いと思います。

しかし、

仕入れを落とす工夫というのは、
実は、手段ってそんなにありません。

そして、

その商品が売れなければ、
いくら仕入れを安くしても、
意味がないことになります。

ですので、

まずは、

「売れる」

ことが重要です。

そして、

「売れ続ける」

商品でないと、

・商品選定
・仕入れ判断

これを繰り返していくだけの

「作業」

になってしまい、

自分の手を止めた瞬間に、
売上も止まってしまうことになりかねません。

継続的に、リピートする商品を、
安定的に安く仕入れることが出来れば、
長く稼ぎ続けてくれる商品になります。

もちろん、

限定品や一点物、中古品といった、
ライバルとの差別化が出来る商品を、
宝探しのように探すのも戦略ですが、

やはり、

アマゾンという販路の特性上、
機械的にリピートしていく仕組みが理想ではあります。

と、考えると、
ベースは、やはりアマゾンJP仕入れ。

・売れている商品
・日米の価格差がとれる商品

つまり、儲かり商品を、

機械的に抽出し、
機械的に仕入れをしていく。

アマゾンJP仕入れをスタンダードに考える。

まず最初に考えるべきは、

アマゾンJPでいかに安く仕入れるか?

1、アマゾンギフト券を安く手に入れる。
2、複数購入で、配送料割引のセラーからの購入。
3、セール品を狙う。
4、セラーに直接割引交渉。

こんなあたりでしょうか。

あらゆる手を使って、
アマゾンから安く仕入れる工夫をすると、
利益率を上げることができます。

そして、

仕入れを抑えることで、
販売価格を下げることも可能になり、
価格競争力をアップさせることが可能となります。

ただ、

価格競争ほど、
不毛な戦いはありません。

初回納品に関しては、
もっと安い仕入れ先を血眼になって探すよりは、
アマゾンJPで、サクッと仕入れて、
実際に売れる売れないの判断をした方が効率的ではあります。

リピート商材から、仕入れの工夫を考える。

狙った通り、商品が売れたなら、
もっと安く仕入れられる方法を考えてみましょう。

1、アマゾン以外のショップを探してみる。
2、実店舗で探してみる。
3、ポイント、クーポンが活用出来ないか考えてみる。
4、フリマアプリやオークションサイトで探してみる。
5、出来るだけ、上流から仕入れる。

契約条件にもよってしまいますが、
安定して安く仕入れをするには、
上流仕入れを目指した方が良いです。

ただ、

仕入れを安くすることだけにフォーカスすると、
粗悪品や偽造品をつかまされたり、
騙されてしまうことがありますので、
注意が必要です。

なので、

信頼の出来るサイト
信頼の出来るサプライヤーから、
仕入れる必要があります。

そういった意味では、

アマゾンは、大抵の場合、
他のサイトと比較しても最安値の場合が多い。
変な商品をつかまされる可能性も低い。

初心者にとっては、
ベストな仕入先とも言えます。

ただ、

かんたんに仕入れが出来てしまうので、
誰でも真似出来てしまう。
という大きなデメリットはあります。

とは言っても、

まだまだ、
利益とれる商品見つかりますので、
ご安心ください^^

アマゾン輸出における仕入れの工夫のまとめ

本日のテーマをまとめますと、

・仕入れの工夫より売れることが重要
・まずは、アマゾン仕入れからスタート
・怪しい仕入れ先には注意が必要

と、基本的な部分にはなりますが、
ご参考にしていただけましたら幸いです。

明日は、

「海外のFBA倉庫に納品する方法」

を、お伝えさせていただきます。

それでは!

Source: 大越雄介

利益率と価格競争力をアップさせるための仕入れの工夫【アマゾン輸出スタートアップ講座/第10回】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です