ヤンとファイロ[ゼロからはじめるヤフーショッピング入門/第2回]

さて、

昨日から、ヤフーショッピングについて、
お話をさせていただいております。

アマゾンの次は、やはりコレ![ゼロからはじめるヤフーショッピング入門/第1回]

 

ヤフーショッピングの魅力やら、
転売からでも稼いでいく方法を、
お伝えできたらと思います^^

こんばんは。

株式会社 雇われない生き方
代表取締役の大越雄介です。

初心者からでも、ヤフーショッピングははじめられるの?

有在庫じゃないとダメなんでしょ?
ショップ型のモールなんで、自社商品がないと。。。

いえいえ・・・

そんなことはありません^^

アマゾンの次の販路として、
売上を倍増していただくために、
是非、取組んでいきましょう!

ヤフーショッピングといえば、

覚えていらっしゃいますでしょうか?

2013年10月
「eコマース新戦略発表」

「Yahoo!ショッピング」のストア出店料と売上ロイヤルティを完全無料化し、手数料モデルから広告収入モデルへの転換を発表。「ヤフオク!」でもストア出店料を同じく無料化することを決定。

それまでのヤフーショッピングはといえば、

出店料
初期費用 21,000円(税込)
月額費用 25,000円(月/税込)

売上ロイヤルティ
売上の1.7%~6.0%

出店するのに、
これだけの費用が必要でした。

ヤフーショッピングに出店しているショップは、
それまでは、約2万店でしたが、

無料化を皮切りに、
爆発的に出店数が伸びています。

かくいう僕も、
このタイミングでショップを作りました。

無料で出店が出来、
ランニングコストも発生しませんので、
初心者が始めるには最適なプラットフォームともいえますね^^

ヤフーショッピングの出店数は、楽天市場の約15倍!?

ある資料によると、

2018年3月時点で、

756,349店舗が出店されているそうです。

日本の3大ECモールと呼ばれている、

アマゾン、楽天と比較をすると、
その出店数が、
めちゃくちゃ多いということがみてとれるのですが、

楽天が、約4万5千店舗
アマゾンが、おそらく20万店舗(公表していないようです)

とはいっても、
無料で出店だけして、
稼働をしていないショップも、
相当な数あるのではないかと思います。

という時代背景を確認すると、

現在の出店審査のハードルは、
頷けるところでもありますね。

とは言いましても、
しっかりと手順を踏んでいただければ、
審査はちゃんと通過できますのでご安心ください^^

Yahoo!の歴史

Yahoo!

この社名には諸説あり、

「Yet Another Hierarchical Officious Oracle」
(少し気の利く階層的でお節介なデータベース)

「Yahoo」という『ガリヴァー旅行記』に登場する野獣が由来だとする説。

「ヤッホー!」という意味になるという説。

今でこそ、

「ソフトバンク」「孫さん」

のイメージが強いですが、

Yahoo!は、

1994年4月に、

スタンフォード大学電気工学科の

デビッド・ファイロ(David Filo)と
ジェリー・ヤン(Jerry Yang)

によって、創業されました。

こうやって、
創業の経緯などを調べると、
ヤフーショッピングへの愛着が湧いてきます^^

ヤフーショッピング自体は、

今から20年前の1999年にスタートしています。

9月9日のサービス開始時点では、

「17店舗が出店、取り扱い商品数は約15,000点」

ここからスタートしているそうです。

ちなみに、

アマゾンJPは、
2000年11月1日スタート。

楽天市場が、
1997年5月1日スタート。

今後も、3大ECモールの動向は、
目が離せなそうですね!

本日は、ヤフーショッピングの歴史や概要を、
お伝えさせていただきました。

少しは、興味湧いてきましたかね?笑

続きは、また明日にでも。

それでは!

Source: 大越雄介

ヤンとファイロ[ゼロからはじめるヤフーショッピング入門/第2回]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です