これは…一筋縄にはいかない…[ゼロからはじめるヤフーショッピング入門/第3回]

さて、昨日は、
ヤフーショッピングの歴史についてお話をさせていただきました。

ヤンとファイロ[ゼロからはじめるヤフーショッピング入門/第2回]

 

まぁ…
ググれば出てくる情報をまとめただけですので、

知ってるよ!

って、
方もいらっしゃったかと思いますが、、、

こんばんは。

株式会社 雇われない生き方
代表取締役の大越雄介です。

やはり、
プラットホームを攻略するには、
歴史や創業背景が見えてくると、

どうしたらプラットホームに好かれるか?
どうしたらプラットホームに嫌われるのか?

という部分が、
なんとなーくですが、
見えてくるように思います。

Yahoo!は、どこでマネタイズしているの?

・Yahoo!という無料の検索エンジン
・ECサイトの無料化

では、どこでヤフーは、
マネタイズしてるんだ?

そうです。

「広告収入」

ですよね。

ヤフーショッピングにも、

・アイテムマッチ広告
・PRオプション

といった、
販売者が利用出来る広告があります。

ヤフーショッピングは、第2の販路として活用せよ!

前回、お伝えさせていただきましたが、
基本的に、ヤフーショッピングの活用は、

「第2の販路」

として、
活用すべきだと考えております。

要は、

アマゾンのように、

ヤフーショッピングで売れている商品を、
安く仕入れて差益を抜くというモデルではなく、

アマゾンで販売している商品を、
ヤフーショッピングでも併売する。

これが、シンプルかなと。

とは言っても、

アマゾンで販売している商品を、
単純に横流しだけでは、
あまり売上は期待出来ません。

いや、昨年くらいまでは、
それでも、それなりに売れていたのですが、
同じやり方では、厳しくなってきています。

なので、

腰を据えて攻略をしたいなと、
思っているわけです。

ヤフーショッピングの攻略ポイントとは?

攻略ポイントは、

もちろん、
商品選定もあるのですが、

・統計分析
・検索対策
・広告運用
・リピーター戦略

そして、

・ショップの構築

これだけ書き出しても、
アマゾンでの単純転売のようには、
攻略は出来ないということですね。

もちろん、

ヤフーショッピング自体の集客は、
アマゾンのそれと比較すると、

月間のユーザー数

アマゾン:約4,000万人
ヤフショ:約2,800万人

3分の2程度となります。

ただ、

アマゾンのセラー数:約20万人弱
ヤフショのショップ数:約75万店舗

攻略するためには、

いかに、自分のショップを目立たせ、
いかに自分のショップの顧客を獲得し、
自分のショップのファンを作り、
リピーターになってもらう。

これをやっていく必要があるわけです。

アマゾンが、
カート獲得競争だとすれば、

ヤフショは、
検索順位をいかに上位に表示させるか?

というのが、
攻略の鍵になるということです。

販売手数料が安い分、
その分を自分の利益にするのも良いですが、
広告に投資してみるというイメージですね^^

さて、頑張ってみますかねー!

それでは!

Source: 大越雄介

これは…一筋縄にはいかない…[ゼロからはじめるヤフーショッピング入門/第3回]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です