人生の避難経路「生きるリスク」#708

人生の避難経路「生きるリスク」

 

学校で教わらない人生の避難経路

東海道中より上京しながらのメルマガです♪関西地方では、台風の影響でこの後の電車はSTOPするようです。台風がもろに日本列島に直撃することが相次いでいますね、みなさんの地域は大丈夫でしょうか??天災は今の私たちには止めることができませんが、その影響については“仕方ない”で済む問題ではなく自分たちでどうしていくか考えないといけません。

 

大きな地震がきたら・・・

自分の住まいの避難地域は?
学校に行っている子どもの引き取り場所は?
火事の時の避難経路は?

 

 

このように、防災訓練、避難訓練とか、学校では年に数回、やりましたよね?
じゃあ人生レベルで、いざって時の緊急避難経路みたいなのも、考えておいてもおかしくないですよね。

 

それは天災だけじゃなく、病気、リストラ、事故、、、、

 

会社がなくなったら仕事がなくなるので今のうちに準備できることって何なのか。

病気になってしまったり事故などで、体が思うように動かなくなってしまったら医療費や生活費をどうやって捻出するのか。

生きるリスクへの保険

死んだ時の保険はかけるけど、自分が生きている時のリスクへの保険はどういうわけかケチる人も多いです。
でもぶっちゃけ、事故や病気、またリストラなど、何かあって生きている時にこそ絶対にお金って必要ですよね?

何かあったら、家族のために・・・

もちろん葬式代くらいは残しといてくれって感じだけど。
小さなお子さんがいるご家庭の主人だったら子どもが育つように最低限のものは残したいとか考えるでしょうが、
それよりも、自分が生きてるけど何もできない体になってしまった時の方が間違いなくお金は必要だと思います。

余裕がある人や心配性の人は多額の医療保険も生命保険とセットで入っていますがこの保険も規約をちゃんと読めば細かいルールがあったり。
保険に入ってたのに、その病気は対象外なので、入院した日数×数千円しか出せません。。。なんてオチもあるくらい。

 

だからやっぱり労働だけではリスクですよね。

 

労働=自分の体と時間を使ってお金をもらう

 

 

自分が明日ぶっ倒れても仕組みでお金が入る

天災だけじゃなく、自分の人生レベルでの避難経路の確保も考えることが重要ですね。私ももっとよく考えてみます。
それでは、東京に着く前にお化粧をしてきますw

 

また。 

 


このブログは わたくし
齋藤朋子 おともが書きました!
・本格貿易ビジネススクールMYC代表
・情報発信、マーケティング指導
・その他、コンサル、情報発信、権利収入、美容案件、など

小中学生三兄弟のシングルマザーであり、女性起業家として活動中。現在はインターネットビジネス業務全般で全国を回りながら、子育ても両立しているワーママ(ワーキングマザー)です!

 

メッセージは直接繋がるLINE@へお待ちしています!!!

おともとおともだちLINE@登録はココ

 

Source: おとも

人生の避難経路「生きるリスク」#708

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です