3人中3人が、1週間以内に成果を出した手法

久しぶりのメルマガになります。

ちょっくら避暑地に行ってました。

とは言っても、
都内も埼玉も、もうすでに暑くはありませんが…笑

どこへ行っていたかというと、

こちらです^^
http://www.karuizawa-psp.jp

めちゃくちゃ広いですねー!

こんばんは。

株式会社 雇われない生き方
代表取締役の大越雄介です。

僕は、着るものなんて、

ユニクロで十分かなと思ってますし、
未だに学生時代に買った服とかでも着ます。

無頓着というほどではないですが、
オシャレ好きというほどでもありません。

ただ、

ユニクロは、
やっぱすごいですよね。

そういえば、

フォーエバー21が、
日本から撤退するようです。

安くて流行の早いファストファッション。
同じ商品は、再生産しないそうです。

最近の若者は、

最終的にメルカリで販売することまで考えて、
洋服を購入するそうで、

ファストファッションという文化が、
あまり定着しなかったそうです。

とは言いましても、

原宿のど真ん中に、
10年間君臨していたわけですから。

・実店舗
・自社商品
・常に流行を追いかける

こう書くと、
撤退すべく撤退したようにも思います。

大資本がないと、
成り立たないビジネスモデルには、
素人目には見えてしまいます。

そして、

最近の若者は、
(この表現が良いのかは置いておいて・・・)

安い洋服を沢山購入するよりも、
ある程度高いものを購入する傾向にあるといいます。

アウトレットモールのブランド店でも、
数万円、数十万円する商品を、
20代くらいの若者が結構購入していました。

飽きるまで着て、
メルカリで売って、
また、新しいものを買う。

ものによっては、
購入時よりも高く売れたりするものもあるのでしょうか。

駅前のタワーマンションみたいですねw

結局は、

どれも転売の思考です。

「安く仕入れて、高く売る」

この原理原則が成り立てば、

転売だろうが、
無在庫だろうが、

ビジネスは成り立つのです。

プラットフォームの規約がどうの。
社会的意義がどうの。

うるせーよ。

って、話ですよね。

誰が何と言おうが、
無在庫転売は、最強だ。

9月は、

ヤフーショッピングについて、
アレコレやってました。

色々と、
情報を漁ってたのですが、

まぁー、
ヤフーショッピングに関する情報って、
本当に少ない。

ひと昔前に大量にいた、
アマゾンJPからの国内無在庫転売も、
あまり見なくなりました。

こういうタイミングですよね。

「チャンス」

って、ヤツは。

今後、
PayPayも加速して拡大していくことでしょう。

引き続き、ZOZOの話題も、
トレンドになるでしょう。

しかも、

出店審査が未だ厳しい状況。

市場が大きくなり、
ライバルが減少傾向。
税制も変わるタイミング。

9月からスタートしたメンバーは、

軒並み、
速攻で初売上をあげていました。

3人中3人が、
ツール回しはじめて、
1週間以内に売れてます。

しかも、

自分の好きな商品を並べてるだけですからね。笑

「ライバルの真似しましょう!」
「ライバルの価格より安く売りましょう!」

こんな単純転売の手法では、
ジリ貧になっていきます。

需要のある商品を、
ライバルを気にせず、
自分の好きなように扱う。

うん、

これは、楽しいビジネスだ!

それでは!

Source: 大越雄介

3人中3人が、1週間以内に成果を出した手法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です