日本でもいよいよカジノが合法になるのか

2016年12月15日にカジノ解禁法案が国会で可決し、いよいよカジノが日本でも合法になりそうです。カジノとはよくアメリカの映画などに登場するルーレットや、ブラックジャックなどでお金を賭ける賭博を行う娯楽施設のことです。

カジノはアメリカのラスベガスが有名ですが、イギリスにある「クロックフォード」は営業しているカジノとしては世界で最も古く、イタリアの「カジノ・ディ・ヴェネツィア」も歴史は古く、元々はカジノの起源はヨーロッパです。

そんなカジノがなぜ日本でも、合法になるのか検証してみます。

なぜ日本ではこれまでカジノがなかったのか?

実は日本でもゲームセンターやカジノバーでルーレットや、ゲームを楽しむことは法律で禁止されているわけではありません。しかしチップやメダルなどを換金する行為は、日本の刑法185条や186条の賭博及び富くじに関する罪に問われます。

そのためアメリカのラスベガスやマカオにあるカジノで楽しむか、長期航海を行うクルーズ船でしか日本人には許されていませんでした。クルーズ船も日本籍の場合は船内にカジノはありますが、チップを換金できないのであくまでカジノの雰囲気を楽しむだけでした。

なぜ今になってカジノが合法化されるのか?

実は今になってなぜジノが合法化されるのかという議論は、あまり行われていないまま国会で可決したのです。安倍政権が掲げるアベノミクスにある、経済の活性化の一環としか説明がないまま合法化されるようです。

確かにカジノが合法化されれば新たな雇用の創出や、海外からの観光の客の誘致など経済の活性化が図れることは間違いありません。実際にカジノを誘致している都道府県は東京都をはじめ、北は北海道から南は沖縄県まで多くの地域で誘致の動きが活発になっています。

まとめ

パチンコやパチスロなどもそうですが、ギャンブルには依存症になる危険性を含んでいます。

今回のカジノも娯楽の範囲で楽しむ分には構いませんが、自分をコントロールできない人はカジノでギャンブル依存症になる可能性があります。

お金の怖さは安易に稼げると勘違いすると、人生も狂ってくることです。

Copyright © 2017 現役FPが物販で月商1000万円を達成した軌跡!! All Rights Reserved.

Source: 中川拓人
日本でもいよいよカジノが合法になるのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です