「あっち側とこっち側」のはなし

情報発信をしていて、
スクールやコミュニティといった、
有料のサービスをしていると、

どーしても、

「あっち側とこっち側」

の情報提供が必要になってきます。

 

こんばんは。
大越です。

今日は、雪ですね。

有料級の情報といって、
無料で情報を提供することもありますが、

それは、

あっち側の人に、
こっち側にきてもらいたいからです。笑
(みなさん、大人なのでわかるかとは思います。)

まぁ、
人によっては、
有料級の情報以上のサービスを求めて、
有料のサービスを購入したものの、

無料の情報と、
大して変わりがない。
むしろ、サポートすらない…

そんな経験をした方も、
多いのではないでしょうか?

特に、「情報」や「ハウトゥ」というのは、

「無形のサービス」

なので、

価値の大小の感じ方が、
人によって異なります。

なので、

「あっち側とこっち側」

の、境目が見分けにくいです。

情報提供側が、

「有料級」

といっても、

受け取る側の価値は、
必ずしも一致しないということです。

では、

「情報には価値がないのか?」

という論点になってくるのですが、

新聞も有料ですし、
雑誌も有料ですし、
書籍も有料です。

しかし、

書籍を購入して、
書籍の内容を理解して、
噛み砕いてブログの記事にしている情報などは、

ネット上に、
無料で転がっています。

無料で短時間で、
情報が得られる時代になっています。

あ!!!!!

ここからは、
女性の方は、読み飛ばしてください!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

絶対に、読んじゃダメです。笑

全然、話は吹っ飛びますが、

エロ本やアダルトビデオなんかも、
中学生の頃は、近所の自動販売機で、
ドキドキしながら買ったものですw

最近の中学生だと、
おそらくスマホで海外サイトなんかで、
ワンクリックでエロ動画みる時代なのだと思います。

おそらく、
興奮度としては、
自動販売機でドキドキして買ったエロ本の方が、
数十倍興奮すると思います。

ただ、
クォリティとしては、
数百倍、スマホのエロ動画の圧勝だと思います。

あれ?
なんの話でしたっけ?笑

何をお伝えしたかったのかというと、

勇気を出して、
お金を払って手に入れたものには、

それだけで価値がある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つまりですね・・・

商品やサービスよりも、

「購入体験」

に、対価を支払っているということなんですね。

さて、

ここからが、

「あっち側とこっち側」

の、話になってくるのですが、

特に、「情報」

という「無形のサービス」

の場合は、

手に入れた「情報」の価値

よりも、

「情報の活用方法」

が、重要になってくるのです。

僕の場合だと、

■ 2015年から稼ぎ続けている無在庫輸入パーフェクトメール講座
<全73回のメール講座>
1、スタートアップマスター講座(全15回)
2、基礎教材サポートメール講座(全20回)
3、実戦マスター講座(全15回)
4、作業の手離れマスター講座(全17回)
5、成功するための7つのステップアップ講座(全6回)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aiiIRnMim

こちらが、

いわゆる「有料級の情報」です。
(無料で提供しています。)

つまり、

有料のスクールで提供している情報と、
ほとんど同じものということですね。

しかし、

「こっち側(有料サービス)」

には、

「情報」いわゆる「ハウトゥ」

だけではなく、

「実践ベースのノウハウ」
「困った時のサポート」
「最新の情報」
「効率化できるシステム提供」

これが、「情報」ではない、

「サービス提供」

なんです。

さらに!しかし!!!

「有料サービス」

を提供しても、
なかなか結果が出ない場合もあります。

それはなぜか?

「実践できていない」
「間違った解釈をしている」

大きくはこの二つかなと思います。

なので、

頑張りましょう!
ということではなくて、

いきなり高額のサービスを受講するのではなく、

まずは、
実際に稼いでいる人の、

「環境に入ってしまう」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これが、重要かなと思います。

なので、

僕が、
今年チカラを入れていきたいのが、

「月額制のコミュニティ」

なんです。

輸出入ビジネスに関する、

・環境(稼いでいる人の仲間に入る)
・ノウハウ(実践ベースの事例共有)
・サポート(専門的なサポート)
・最新の情報(情報は、できるだけ上流から)

対象は、

・初心者
・高額スクールで稼げていない
・ノウハウコレクター
・ステージを上げられず、もがいている人

こんな方々の、

輸出入ビジネスに必要な、

「基礎能力」

を、底上げしていくような、
サポートをしていきたいなと、
思っております。

「なぜ、僕がコミュニティをやるのか?」

というテーマの動画を撮りましたので、

明日あたりに、
配信させていただこうと思います^^

「あっち側とこっち側」の、
中間くらいのサービスになるかと思います。

それでは!

Source: 大越雄介

「あっち側とこっち側」のはなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です