「身銭をきれない…」ビジネスが不向きなタイプは?#726

「身銭をきれない…」ビジネスが不向きなタイプは?

 

集客で1リスト(1人のお客さん)にいくら使えますか?

今日はセミナーに朝から参加して来ました。自分が開催ではなく、久々の受講側としてです。
誰かのセミナーに行くともちろん講義をしっかり学びに行くのですが、

・講義の話し方
・講義の進め方
・資料の作り方
・受講者との絡み方
・受講者の層
・会場の雰囲気
・クロージングの方法

などなど、講義と同じくらいガン見してしまいます。特に受講者の層は最近良く見てますね。

 

①どんな人(開催者)の

②どういったセミナー集客だったか

この人のこういう集客だと、こういった受講者が集まるんだ・・・。こんな所を(大好きな)妄想をし始めるわけです。
今日のセミナーもやはり受講者の層はすごいガン見してました。講義の間に何度も周りの人とのシェアタイムが入ったのでそこではシェアをサラッとしつつ一緒になった方に何気に質問していました。質問というかインタビューですね。

①何で今日来たのか?

②何を求めてこのセミナーに参加したのか?

③開催者との関係性はどうなのか?(ファンなのか、紹介なのか、メルマガ読者なのか)

 

私のグループは3人でしたが、お二人とも集客方法を学びに来てたようです。

・一人は美容系のアラフィフの綺麗な女性
・一人はアフィリエイターの中年のおじさま

 

集客に悩んでいるわけですが、話してて気になったのは・・・集客時に1リストにいくらのお金をかけれるか?のマインドブロックでした。

 

 

自分の商品・お店に自信を持っていますか?

例えば無料セミナーの集客。ここにいくらの費用をかけれるかって事です。私たちの物販で言うと、「有在庫or無在庫」の感覚に近いと思うのですが、先にリストに対していくらの費用をかけれるか。(先に仕入れをいくら使えるか?みたいな。)
ここにお金を使う事をビビっちゃう人が多いって事です。

無料のセミナーに人を集めるために紹介をしてもらってうん百万円使う勇気ですね。セミナー自体は無料なら、商品を売って回収するしかありませんから、自分の商品に自信がない人は勝負に出れないでしょう。

 

要は、自分の商品に自信がない人が多いという事です。
今日一緒だったお二人も、そういった面でマインドブロックがかかって集客に先行的なお金を使う事に抵抗があるようでした。

 

借金できないような人にビジネスはできない

 

今日のセミナーでも講義中にこんな話がありましたが、確かに。これではビジネスをするのは厳しい・・・って思いますよね。
私も今年は初めて広告費的なもんにうん百万円を使ったわけですが「これがビジネスか・・・!」って妙に腑に落ちましたからね。
お金を1銭も使わずにビジネスでどデカく稼ごう!!なんて考えてる人も多いようですが、ちょっとそれは図々しい気がします。

と言いますか、そういう人ほど耳障りの良いキャッチコピーに引っかかって騙されて大損しちゃいますよーと警笛を鳴らしたいです。

 

身銭を一銭も切れない人はビジネスを自分でやろうとか考えない方が身のためかもしれません。


お金は使う所を間違えなければ、増えて戻って来ますが、使わないところからはどういうわけなのかお金から離れていきます。
お金ってなんだかツンデレですね・・・嫌いじゃないけど。

 

 

 

さて、明日は今月最後のセミナーです!今夜はホテルにこもり、講義資料の調整です。私はビジネスにお金も時間もしっかり先行投資しています。結果は見ての通りです。

「ビジネス」するなら、プラスやメリットばかり先に取りに行こうとしない事。それが成功の秘訣です。

 

 


2020年齋藤朋子の独学用プログラム発売予定!


このブログは わたくし
齋藤朋子 おともが書きました!
・情報発信、マーケティング指導 その他コンサル、情報発信、権利収入、美容案件、など
小中学生三兄弟のシングルマザーであり、女性起業家として活動中。現在はインターネットビジネス業務全般で全国を回りながら、子育ても両立しているワーママ(ワーキングマザー)です!メッセージは直接繋がるLINE@へお待ちしています!

 

 

齋藤朋子の公式メールマガジンは毎朝6時に配信中

 

齋藤朋子へのダイレクトメッセージはLINE@から

 

 

 

 

 

Source: おとも

「身銭をきれない…」ビジネスが不向きなタイプは?#726

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です