テーマ「億万長者は、凡人でもなれるチャンスはある!」後編

億万長者は凡人でもなれるチャンスはある!

本日のテーマは「億万長者は凡人でもなれるチャンスはある!」後編ということでお話をさせて頂きたいと思います。

前回もこちらのテーマでお話をさせていただいたのですが、収録後にかなり長い時間になっていたことに気が付きました。
さすがにこれを一気に流すのは聞いてる方がしんどくなってしまうかな?と思いましたので、前編後編という形で2部作に分けさせていただきました。
前回の音声と合わせて後半も聞いていただけましたら嬉しいです。
まだ聞いていない方は是非、前半戦を聞いていただいてから後半戦を聞いていただけましたら幸いです。
では本日のテーマ「億万長者は凡人でもなれるチャンスはあるのか」後編ということでよろしくお願いいたします 。

目指すは年収一千万

前回女性の年収一千万円の方は約1%くらいとお話をさせていただきました。
男性の場合でも会社勤めの給与所得で一千万円貰おうとすると、やはり大企業に勤めている方などになるのかなと思います。
中小企業では、部長クラス以上にならないとなかなか一千万円を超えてこないのではないでしょうか。
他には、ベンチャー起業や営業系の会社でガンガン好成績を伸ばしている人たちなども超えてくるかもしれません。
ただ、そういった方たちでも継続的に一千万円超えるのはなかなか難しいものです。

やはり大手企業というのは勝ち組とでもいうのでしょうか。
そういう方々が安定して年収一千万円の収入になってくるのではないかと思います。
僕なんかは、三流大学を出て中小企業に勤めていましたので、年収一千万円なんて会社員でいる以上は無理でした。
ただやはり、33.4歳のころに現実を考えて「このままではやばいな」と思い起業を考えだしました。
始めは副業から始めて今に至るわけなのですが、そうすると学歴があまり高くなくても、いい会社に勤めていなくても、自分の収入が年収に変わってくる時が来ます。
自分が頑張った分だけ収入を得ることが出来るようになってくるのです。
あまり自分の年収を言うのもあれなのですが、僕も一千万を超えてきたという部分があります。
ですので、億万長者を目指すためには、やはり年収で一千万円を超えてくるということが少なからず必要になってくると思います。

今現在の個人資産の額や、宝くじを当てたとか、億り人になった。
などあるとは思うのですが、やはり億万長者を目指すとなるとまずは「年収一千万円」を目指しましょう。
副業、本業、それぞれプラスしてもいいですし、起業をして自分で収入を上げていくという方向性でもいいと思います。
もしくは、大手企業に転職してキャリアアップしたり、役職を上げて行ったりでしょうか。
年収一千万円を超えるための手段というのは色々とあるのではないでしょうか。

僕はやはりネットでの起業が一番おすすめする形となります。
ただ年収一千万円を目指していくうえで、一番気を付けなければいけないことがあります。
それは生活レベルを上げないということです。
よく年収が上がっていくにつれて、生活レベルを上げていく方がいます。
例えば6万円家賃のアパートに住んでいたのに、タワーマンションに住んでみたりする方ですね。
そうすると、日々の支出が増えていくようになります。
入ってくるものも増えますが、出ていくものも増えていく。
そうすると当たり前の話なのですが、貯金は絶対に増えていかないんですよね。
爆撃的に稼げる方などは別ですが、聞いたことはありませんか?
「お金持ちはケチ」というフレーズ。
年収一千万円とか、億万長者の方というのは、やはり倹約家の方が多いです。
ケチというと聞こえが悪いですが、要は無駄なものにお金を使わないとういことになります。
見栄を張るためにタワーマンションに住んだり、高級外車に乗るということがないのです。
逆にそれが出来ている方はめちゃめちゃ稼いでいる人だということですね。
どちらを目指すかというと、今回のテーマは凡人でもなれるチャンスはあるのか?
ということですので、やはり倹約をしていきましょうと僕はお伝えしたいです。

税金を知る

年収一千万円を稼いで、倹約をしていくということが、チャンスをつかむポイントだと思ってください。
そして一番倹約していかなくてはいけない部分というのが「税金」となります。
お金を稼いでいる人の中で年収一千万円を超えているにもかかわらず、浪費が多く見栄をはるような人、税金の仕組みを理解していない人というのは、年収一千万円であっても本当にお金がないと思います。
ご家族がいてお子さんがいて、お子さんが大学に入っていて~
となるともう本当にお金はたまらないでしょう。

税金のお話は、あまり僕がすると問題が出てきたりしてしますのですが、累進課税といものがあったり、法人と個人での違いなどがあります。
やはり法人税、所得税の面を考えた際には、法人で所得を取った方が有利なことが多かったりします。
簡単に言えば、会社に勤めて収入をもらう場合は源泉徴収といって給料から税金を引いた状態で収入を得ています。
法人で収入を得る場合というのは、法人で収益を上げて、そこから経費を使ったうえでようやく税金が引かれるようになります。
経費をきちんとコントロールしていくことで会社に残すお金というのもが出来てくるようになります。
またそこに対する税金というのも、個人でやるよりも税制面で有利ということがあります。
あとは出来れば一人法人がいいと思います。
とてもコントロールがしやすいです。
会社に社員さんがいたら、お給料を払わなくてはいけなかったり、税金の払いなどが出てきますので、コントロールが難しくなってきます。
ですので、「年収一千万円を目指す」「倹約をする」「一法人を作る」
ということが億万長者への近道となってきます。

ただ間違えてはいけないのが、法人を作ったとしても法人に売り上げがなければ収入もないということになります。
法人の場合は売上がなかったとしても法人税というのがかかってきます。
売上がゼロでも法人税は取られてしまうということは覚えておいてください。

何度もの繰り返しにはなりますが、現時点での個人資産を把握する。
年収一千万円を目指す。
倹約家になる。
税金をしっかりと理解したうえで法人を立ち上げる。
法人でビジネスを行いながら、個人に役員報酬という形で収入を得る。
というのが良いと思います。

あまり大きな声では言えないグレーゾーンなのですが、自宅でビジネスをしている方などは自宅の一部を会社の経費にすることなどもできますので、そういった経費の使い方を理解できるようになることが、億万長者へのスタートになります。

投資を知る

今までの話を少し振り返っていただいて、今ご自身が足りないもの。
例えば、今の個人資産がどれだけあるのかわからないという方。
僕も2.3年前まではそうでした。
今は貯金額など通帳を見ればわかるのですが、そういった状況から入っていく人が多いのかなと思います。
そして今の年収を会社を転職したり、キャリアアップをしたり、役職を上げたり、副業をする。
起業をするなどして上げていく。
資産が一千万円以上ある方であれば資産運用も良いと思います。
ですがやはり預貯金が一千万円以上ある人というのは、そんなにいないのが現状です。
ですので、一千万円以下の資金を投資に回したとしても残念ながらそんなに増えていかないんですよね。
例えば、一千万円があり、500万円をFXで回していて知らない間に溶かしてしまった。
そうなると一千万円の貯金があっという間に500万円になってしまうのです。
FXでもお金が増えることはあるのですが、実際にはそれは一時的なものになります。
プロであればうまく運用できることもありますが、基本的に勝ちが負けしかない世界ですので、勝ちと負けを繰り返していくのです。
ということは基本的には資金は増えないのです。
ですので、そこに夢を持たないほうが億万長者を目指すのであればよいと思います。

億り人を目指すのであれば、FXや仮想通貨、株のトレードなどやってもいいとは思いますが、堅実にいくのであれば、税金を知り、法人で事業を行っていくということをスタート地点として行っていただけたら良いのではないかなと思います。

事業でどうやって稼ぐなどは今日のテーマと外れてしまううので、僕のラジオや動画、ブログを参照していただき、まずは稼ぐという所にフォーカスを当てていただければと思っております。
先ほど貯蓄額が一千万円以下で投資をしても意味がないというお話をいたしました。
例えば色々な案件があるのですが、投資信託のようなもので、割と利率が良いもので年利で7%・8%とか、頑張って10%のものがあります。
月利で言うと1%、2%とかいうものですね。
そういったものはなくはないです。
ただ月利で10%ありますとか、年利で20%ありますとかいうもの。
まぁそれもなくはないのですが、単純に怪しいと思っていただいた方がいいレベルになってきます。
月利で言うと、3%以上はちょっと危険ではないかなと思います。
年利で言うと、10%、15%以上くらいかな。
僕もここは専門家ではないので、あまりお話をすることは出来ないのですが、そういった案件があった時には、ちょっと調べたほうがいいと思います。
もちろん本物もあるとは思いますが、8割型詐欺かなと思っていただくといいと思います。
お金だけ集めてどこかへ行ってしまうとかそういった事例も聞いたことがありますので気を付けていただければと思います。
例えばちょっとよくて年利で8%ぐらいの案件があったとします。
軽く試算しますと一千万円手元にあり、それをそのままぶっこむとして(本当にぶっこむのは危険なリスクも伴いますが)8%でどれだけ増えるかというと、年間で80万円増えるんですよ。

なので一千万円ぐらい手持ち資金があって、ある程度信頼できる硬い案件を持っているのであれば、一千万円以上を投資をしていく。
というのもありかなと思います。
毎年80万円増えて行ったら、10年たてば800万円になってきます。
億万長者にはまだ遠いですけれども、10年後に800万円増えているというのは、結構いいですよね。
そして、800万円というのをまた8%以下の案件に投資していくとまた同じような増え方をしていきます。
そうすると雪だるま式に複利が増えていくので、資産を作るというものが見えてくるのではないでしょうか。
ですので、投資をするのであれば、三千万円とか五千万円あった方があった方がいいとは思いますが、少なくとも一千万円以上は欲しいかなと思います。

年収一千万円で、ちょっと倹約をしていくと5年後、10年後には見えてくるのではないかと思います。
少ない資金を増やしていくというのはやはり少しきついです。
一千万円が余剰資金であったと考えた時に、一千万円を年利8%で20年とか回しておけばいいじゃないですか。
残りの余剰資金ではない部分で生活をまかなったり、事業をコントロールしていけばいいのです。
結局は手元に残しておく現金だったり余剰資金を投資に回していくことを考えつつ、日々の生活費やローンの支払いなどの支出の部分をしっかりと計算して、キャッシュのインとアウトをしっかりと把握することが大切です。

会社員の方、公務員さんや、大手の企業で今後も潰れないだろうみたいな会社に勤めている方であれば、先輩などのお話からなんとなく、今後の年収などはわかるのではないかと思います。
ビジネスをしていると、10年後に自分の事業がどうなっているのか。
というのはよくわからないんですよね。
法人を作って自分で事業をするというのはそういったリスクがあります。

だからこそ個人の資産というものをしっかりと運用していかないと、ビジネスが出来なくなったときや自分の事業がダメになった時に、資産がいくら多くあったとしても、食いつぶしていき最終的にお金がなくなってしまうという図式になってしまいます。
ですので、結局は安定的に入ってくる収入。
年収一千万円を継続的に稼げるような仕組みを作っていくことがまずは第一となります。
そして、できるだけ個人の支出ではなく法人としての支出にしていくと、税制面でかなり優遇されていきます。

そしてようやくそこで出来た一千万円や二千万円を投資で回していき、年利8%や6%を複利で回していくと雪だるま式にお金が増えていきます。

それを例えば、10年後、20年後のシミュレーションをしたときに、例えば一千万円で8%で毎年まわしていくとなると、結構長くいけば、今計算機がないのでわかりませんが、かなりの額になるのではないかと思います。
要は一千万円に1.08を12回かけていく計算ですね。
億を超えるか超えないかの近しい金額になると思います。
そうすると夢が出てきますよね。
一億円の資産を持つというのも無理ではないことがわかってくると思います。

倹約の大切さ

まずはそのスタート地点として、今ご自身の個人資産というものがどのくらいあるのか。
そしてキャッシュのインとアウトをしっかりと見極めてもらう。
そして倹約をして無駄な出費を控えてもらう。
無駄な出費をするのであれば、1万円でも2万円っでも投資に回した方が絶対にいいですよ。
増やすと将来の投資に回っていくのでいいですよ。

例えば300万円の車を買おうか一千万円の車を買おうかと考えた時に、一千万円の車を買っても機能は同じなわけじゃないですか。
もちろんスピードが速かったり見栄えが良かったり、周りからかっこいいって言われたりすることはあると思いますが、それだけなんですよね。
700万円の差があった時に。
移動するという手段で考えると、変な話50万円とかの軽自動車でもいいわけですよ。
まぁそれだと少し悲しいので、200万円か300万円とかの買っていくとかでいいと思います。
まずは消費をするときに、AとBを比較し、そこに見栄だけで高いものを買うという習慣はやめが方が良いと思います。
もちろん高いものを買って得られるものがあるというのはわかるんですけどね。
それ以上に自分の未来というものを大事にしたほうがいいと思います。

なので恐らく僕よりも全然稼いでいる起業家の方は沢山いると思うのですが、その人たちが今どのくらい資産があるのかと比べた時に僕よりも少ない人って多分沢山いると思います。
その違いは何かというと、多分倹約をしてきたという所や、お金の勉強をして増やしていったという所の違いだけだと思います。
両軸で勉強して実践している方に関しましては、お金がどんど増えて今の僕なんかでは全然叶わないくらいの莫大な資産を持っている可能性はあります。
結局資産を持っている人とお金を稼いでいる人というのはイコールではないということをこのラジオでお伝えしたかったことになります。

今日はかなり対策的な話になって長丁場になってしまいましたが、最後までお聞きいただいてありがとうございました。

このほかにも、色んなステップアップの法則などをラジオでお話しておりますし、雇われない生き方や、働かなくても生きていけるような生き方を目指している方のためにこのラジオをお送りさせていただいておりますので、参考にしていただけますと幸いです。
そして何よりこのラジオを聞いて、夢を持ってもらうだけではなく実践をしてしっかりと自分の将来にむけてステージを上げていただければと思っております。
将来に向けて自分のステージをあげていただき、将来のことだけ考えるのではなく、今を楽しむということが出来るようになっていただきたいです。
そしてその楽しむっていうのが、仕事に直結していくとやはり人生はもっともっと楽しくなり良くなっていきます。

今日のお話はかなり投資的な話になってしまいました。
ただ僕自身もめちゃめちゃ大富豪というわけではありませんし、すごい起業家というわけでもありません。
単純に倹約をしてて固く生きてきたという所はありますので、好き嫌いはあると思います。
ですが、気に入っていただけました方はぜひ僕の生き方を参考に皆さんの生き方を検討いただければと思っております。
では本日は以上となります。
ありがとうございました。

Source: 大越雄介

テーマ「億万長者は、凡人でもなれるチャンスはある!」後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です