無理は禁物!?単純転売の上限値のはなし

無理は禁物!?単純転売の上限値のはなし

本日のテーマは「無理は禁物!?単純転売の上限値のはなし」というお話になります。
単純転売とは、物を仕入れて販売をするという小売ビジネスの中でも一番基本的な物販ビジネスの形ではあると思います。
再現性は高いですし、難易度も低いビジネスであると思います。
初心者の方でも頑張れば頑張った分だけ売上利益というのは上がっていきますが、やはり上限値というのが僕の中では存在すると思っております。
そして、どのくらい稼げるのか。
という部分についてもお話させていただければと思っておりますので最後までお付き合いいただけますと幸いです。

ビジネスにおける上限値とは

改めまして本日のテーマは無理は禁物!?単純転売の上限値のはなしということでお話をさせて頂きたいと思います。
無理は禁物と書いてみたのですが、やはりビジネスである以上どんなビジネスにもリスクというものがあると思います。
メリット・デメリットというのはどんなビジネスにもあるという大前提でのお話です。

上限値というお話をさせていただいたのですが、、個人のビジネスですので、上限は特にないと思ってはいるのですが、やはりこの単純転売というビジネスモデルとなりますと、色々な制限や制約が出てきたりします。

物を仕入れて物を売るという販売方法なので、やはり売れたら売上というのは上がりやすいです。
無在庫転売という販売方法ですので商品の出品数を増やしていけば増やしていくほど売り上げ利益は取りやすくなるというのはあります。
ですが、初心者の方が際限なく仕入れをしまくってしまったり、無在庫のセラーさんが際限なく出品をしてしまったりすると色々な歪がでてきてしまったりします。
きちんとルールや節度を守ってやっていくということが非常に重要かなと思っております。

単純転売とは?

そもそも単純転売とはなにか?
といいますと、転売というのは物を仕入れて物を販売するということなのですが、ネット物販においてはネットで仕入れてネットで販売をするとか、実店舗で仕入れてネットで販売するなどといった形式が大体ではないかな?
と思っております。

何故そこに「単純」というフレーズが付くのかと言いますと、単純に物を仕入れて、プラットフォームにある商品ページにあります画像や商品説明などをコピペしたりして販売をしていくからになります。
Amazonで言えば既存のカタログがあったりしますので、そこに相乗り出品をしていくという形が単純転売と呼んでおります。
すでに売れている商品に対して、利益が出る価格で仕入れをしていくというのがメインになります。
または逆に言いますと、価格が跳ね上がりそうな商品や、手に入りにくい商品を仕入れて値が上がるのを待ったり、値段が高い時に売りさばくといったことも単純転売になると思います。

あとは僕がメインでやっております無在庫転売という形なんですけれども仕入れ先の商品ページ、販売先の商品ページを作ってそこで販売をしていくという形になります。
ですので、基本的にはメーカーさんや卸しなどといった所の商品を販売している小売業者から物を仕入れてAmazonであったり、ヤフーショッピング・海外などで販売をしていくというのが単純転売になります。

ですので基本的に自分で商品を持って商品カタログを作る必要もないですし、商品知識がない状態でも出来てしまうという形になります。

売れている商品、もしくは売れる可能性のある商品の商品ページに対して、先に仕入れるか・仕入れないかは別として既存の商品を売っていくという方法となります。
やるべきことというのは基本的にはどこから商品を仕入れるのか。
という部分と、どれだけ価格差が取れるのかという部分。
そして中間マージンがありますので、経費を引いても利益がでいるのかという3つの部分がポイントとなります。

有在庫か無在庫か

最初にもお話をしましたが有在庫でやる場合に関しましては、価格差が取れて儲かる商品、売れる商品というものを仕入れただけで売上利益というのは立ちます。
この場合ですと、在庫を仕入れて売れてからようやく利益が立ちますのでキャッシュフローが少し難しくはなってくるのかなと思います。
ここが有在庫のポイントですね。

無在庫販売の場合ですと、売れてから商品を仕入れればいいので、出品をするだけですと特に在庫リスクというものはほぼありません。
売れたものだけ商品を買い付ければいいという形です。

どちらが効率が良いかと言いますと無在庫の方が効率はいいと思います。
ただ、有在庫の場合はきちんとその商品が売れるかな?と調べたうえで商品を仕入れますので、10商品仕入れて全部売れませんということはあまりありません。
リサーチがめちゃめちゃ不得意な方であればそういったことも起こるかもしれませんが、10個仕入れたら半分くらいまでは売れるんじゃないかな。
と思います。

無在庫の場合はとりあえず仕入れられるものを探して、価格差があって利益が取れるものを売っていきます。
なので、プラットフォームだったり商品の選び方だったり、価格帯などによっても変わってくるとは思いますが、10個出品したとして売れないんじゃないかな?
と思います。

僕がやっている海外のAmazonから仕入れて日本のAmazonで販売するという無在庫販売の場合ですと、どのくらいの商品が売れると思いますか?
ひと月で考えていただきたいのですが、1000個商品を並べてようやく1個売れるかなというイメージを持っていただけたらと思います。
成約率コンバージョンレートという言葉を使うのですが、成約率で言うと出品数に対しては月間で0.1%くらいになります。
月間ですので、それを30日で割りますと、0.003という基準値になってきます。
どれだけ出品すればいいんじゃい!という話になってくるわけなのです。

ですので、1000品出品すると1点売れるという感じです。
1万品出品すると10個、3万品出品すると30個超えてくるイメージです。
3万品くらい出品をすると1日1個売れるかなというイメージになります。
僕の肌感覚としてはずれていないのですが、初心者の方からすると1000品でも「うわっ」と思うかもしれないですが、3万品なんてどうやって出品するの?
と思うかもしれません。
そこはシステムやツールを使うことによって可能にしているという形になります。

「1日1個売る」ということのリスク

ただやはり単純転売の場合は結局商品を元々扱っているセラーさんだったり、特にAmazonで多いのですが、偽物のブランドだったり、有名ブランドの商品を盗んでいたりする商品も少なからずあるのです。
もちろんそれは知的財産権などの法律に抵触してしまう商品になってしまいます。
僕らは普通に仕入れられて、普通に販売ができるもの。
もちろん規制の部分は今は考えずにということになりますが、そういったものを販売している状態になります。

例えばそれこそグッチのロゴを少し似せて作った商品だったり、グッチというブランドではないのですが、グッチという名前を商品名に入れてあったりする商品などは、「グッチ」と検索した人が目にするようになるわけなのです。
そうすると目に目に止まり売れる可能性があるわけじゃないですか。
偽物というわけではないのですが、商品名に紛らわしい言葉を使っているなど色んなものがあるわけなんですよね。
そして、そういった商品というのはプラットフォームで扱うとお客さんに迷惑がかかってしまったり、誤解生んでしまうことが多くなってしまいます。
ですので、そういった商品を扱っている販売者に対して制裁をかけてくるのです。
まぁ3万品くらいの商品を出品していくと、まぁまぁいくつかそういった商品に出くわしてしまうのです。
「1日1個売る」ということにどれだけリスクがあるのか。
というお話になります。

もちろん物販ビジネスというものをどんどん大きくしていこうという目的であれば、次のステージ、次のステージと徐々にステージを上げていく必要はあるのですが、単純転売だけで無理せず稼いでいきたいという方、月に5万・10万稼ぎたいという形であればそのやり方でも全く問題はないと思います。
ですが、単純転売で生計を立てていきたい。
利益で毎月100万円欲しいなどとなってくると、確実に無理が出てきます。

何故無理かと言いますと、例えば100万円の利益を出すとしたら、粗利率・利益率のお話で考えると、大体転売ですと、15%から20%の利益率が普通ではないでしょうか。
最近はもう少し低いのかもしれないですかね。
やり方によっては30%・40%ということもあるかもしれません。
さて、100万円の利益を出そうと考えた時に、利益率20%だとして、大体500万円売らなくてはいけない計算になります。
500万円売るとなりますと、先ほど1日1個売るというお話をしましたが、僕の扱っている欧米の商品ですと平均単価で1万円くらいのものを売っていますので、1日1個売ったとして30万円くらいになってきます。
そう考えると何個売れなきゃいけないんだと考えたときに、10倍以上売れなくてはいけなくなります。
30万円利益を得るために3万品出品していましたが、出品数もその10倍になります。
そうなるとリスクも10倍。
もしかしたら10倍以上になってしまいます。

基本的に単純転売の場合はリターンも出品数を増やしたからといってそんなに変わっては来ませんので、やはり無理をしてしまうとリスクも上がっていきますよ。
ということになります。

有在庫のケースだと500万円の利益を得るためには少なくとも300万円くらいの商品を仕入れなくては難しいのではないでしょうか。
300万円仕入れて、100万円利益が出ました!となってもぞその時点ですでにマイナスなんですよね。
利益が全て戻ってくるのであればプラスにはなりますけれども、仕入れたものが全て売れるということはないと思います。
どれだけリサーチがうまい人でも月でさばけるのは半分くらいではないでしょうか。
300万円仕入れたとして半分売ったとしても500万円には届きませんよね。
そう考えると結局500万円くらい仕入れしないとダメになってきます。

ですのでよく物販のビジネスで売上いくら行きました!
というのを見かけたことはありませんか?
2ヶ月目で300万円売りましたというのがあるのですが、その裏側のいくらで仕入れてどれだけ出品数を上げているのかという部分も見ていただきたいです。
それがいい悪いの話ではなく、手法の話というだけになります。

無理は禁物

ただ、やはりリスクは上がっていくのはわかりますよね。
転売商品ですのでメーカーさんやプラットフォーム側から規制がかかってくるというケースもあります。
無理をしてしまうとそういった部分で引っかかってきてしまいます。
有在庫であれば在庫が残ってしまったり、売れ残ってしまったりということになります。
せっかく仕入れたものが売れ残るので、いわゆる黒字倒産のような形になっていきます。

無在庫販売の場合は出品数を上げれば上げるだけ、出品してはいけない商品が出てしまう可能性と確立が上がっていきます。

有在庫の場合は在庫リスクという所と、無在庫だから有在庫だからということではなくて、プラットフォームで販売している以上はそういったプラットフォーム側の規約・制約がありますよ。
ということになります。
ですので、万が一商品が売れなかったら。
万が一アカウントを止められてしまったら。
という所が一番の大きなリスクになってきます。
その時にご自身のいまある資金、例えば1000万円があったとして、そのうちの100万円を転売商品で購入してその100万円が200万円になりました。
ということもあるわけなのです。
ですので、ご自身のリソースによって、リスクの取り方やリターンをどうやって取っていくのかという部分は変わってくるんですけれども、やはり上限値はありますよ。
ということになります。

無在庫の場合だとクレジットカードがあれば、後から仕入れればいいので基本的にはキャッシュフローというのはまわっていきますが、アカウントが止まってしまうと売上も止まってしまうという部分を忘れないでください。
クレジットカードだけでもまわせはするのですが、売上が止まってしまった場合に、後から仕入れる商品の仕入れ額が払えなくなってしまうということもあります。
なので、やはり今の自分のリソースとリターンとリスクというものを考えてビジネスをしなくてはいけないという風になります。

無理は禁物ということなのですが、リターンとリスクというのをしっかりと考える。
そして、ご自身の今の資金状況だったり、あとは無事ネスに取り組める時間だったり、知識経験などの自分のリソースの所を考えたうえで上限値というものをしっかりと把握しておくことが重要になってきます。

有在庫のビジネスですと、売上をいかに伸ばすかというよりは、いくら仕入れられるのかという部分をしっかりと考えてビジネスをしていくということで、万が一仕入れたものが全てうれなかったとしても、売れた後にアカウントが止められてしまったとしても回していけるような資金繰りをしていかなくてはいけないということです。

無在庫の場合も同じでクレジットカードの上限値があったり、今手元にある現金があったり、後は出品数をどこまで自分のキャパの中でできるのかということを考えていかなくてはいけないということです。

単純転売の上限値

そして、ちょっと結論となってしまうのですが、僕がこの4.5年転売ビジネスを行い、色々な方に教えてきてたどり着いた結論なのですが、単純転売の場合ですと、僕の場合の上限値は売上で100万円かなと思っています。

例えば有在庫であれば50万円仕入れて100万円売り上げが立って、70~65万円ぐらい返ってきて、利益が15万円残りますよ。
みたいなビジネスモデルかなと思います。

無在庫販売でも同じでAmazonでの出品数で言うと10万品くらい出品して、100万円売って、利益が20万円から30万円ぐらいでるというビジネスを上限値としていただけるといいのではないかなと思います。

ただやはりお小遣い稼ぎだったり副業で今の生活にプラスアルファのお金が欲しいという方であれば、それでも十分ではないかと思います。
それが自分がどれだけ時間をかけてその収益を得られるかという所もあると思うのですが、やはりもっともっと事業としてやっていきたい!
脱サラしたい!と思っていると、20万30万という利益だけでは少し心元ないと思います。

しかも1アカウントで、1つのビジネスだけで20.30万だったときにそれが万が一潰れてしまった場合のことを考えるともう終わりになってしまうわけなんですね。
ですので副業でやっていてその状況だったら万が一ダメになっても本業がまだ残っているので生きていくことが出来るのです。
なので、やはり複数の収入源というのを増やしていくことが必要です。
ですので、一つのやり方をやり続けるというのはありなのですが、2つ目の収入の柱を作るということですね。
1つのノウハウでうまく行ったらその次もまたビジネスをしていく。
Amazonだけで行っているのであれば、ヤフーショッピングでもやってみる。
国内の販売だけであれば海外の販売も行っていく。
という風になっていくとそれが20万、30万というのが3つ4つ増えていくことで100万円を超えてくるわけなのです。

100万円を超えてきて、例えばそのうちの一つが無くなったとしても80万円とか、最悪でも30万円は残るわけじゃないですか。
全部一気に滑るということは、そうそう変なことをしない限りないと思いますので、そういった形でリスクとリターンと自分のリソースを考えてビジネスを始めてもらうといううことがまず一つかなと思います。

そして、それを増やそうとした時には無理をするのではなく、きちんと二つ目三つ目という風に横に増やしていくことを行う。
物によっては縦に積んでいくビジネスもあるんですが、例えば、在庫を持たずしてやっていたビジネスであれば、在庫を持ってみるというふうに一つレベルを上げてみるとかなどです。

一つずつステップアップしていく

単純転売のお話をしたんですけれども、単純転売ではなくて今まで売っていた商品の在庫を持って、自分で写真を撮ってみる。
そしてきちんと商品のことも調べて、お客さんのことも調べて、マーケティングを行う。
それを商品ページに織り交ぜていく。
そうすると単純転売ではなく、単純に仕入れたものを販売するというネット販売になってきます。
そうやって一つステージを上げていく。
また、そうした時に人様の商品を勝手に売っているのはよくないよね。
という観点から、その商品を販売している販売元に許可を貰ってみる。
その上流仕入れという考え方ですね。
やはり人のメーカーさんから仕入れているので、メーカーさんとの関係性などもあったりしますので、ご自分の商品を持ちたいということになりますので、その商品を例えば中国で作って自分のオリジナルブランドにして販売していくというOEMですよね。
そういったものをAmazonとかヤフーショッピングで売っていくという形になります。

ただやはりプラットフォームで販売をしていると販売手数料があったりとかプラットフォームごとの規約があったりとかまぁ後はライバルセラーの嫌がらせとかっていいうのが出てくるのでどうしたら良いかといいますと、販売先も自分のプラットフォーム、要はネットショップやECサイトだったり自分の店舗であったり、人によってはBtoBのビジネスなどがあります。
卸しをしていくということも出来るようになってきますので、やはり最終的には自分の商品というものを自分で売るというところが理想ではあります。

やはりその理想に今のご自身のリソースによって単純転売からじゃないと始めるのは難しいよということではあったりします。
とはいっても、これからも初心者の方が100万円売って利益で20万円30万円出たらかなりいいですよね。

もちろんそれが長く続くかどうかという部分に関しては、やり方次第とはなってくるのですが、長く続けようと思わずに、次のステージに一歩ずつ上がっていくことが非常に重要となります。

僕も5年、6年かけてステージのステップアップというのは一つずつ登って行っておりますし、物販ではないですが、情報発信という形で自分のコンテンツを売ったりなどしておりますので、もう一つステージを上げていくのがいいのかなと思っております。
ですので、これから単純転売をしようと思っている方もいると思いますし、今単純転売をして悩んでいらっしゃる方もいると思います。
また、単純転売だけだと、未来が不安だという方もいると思います。

でも、不安だからといって、不安のままでいても全く意味がないですので、その不安を解消するためにはどうしたらいいのかという所を考えていって頂きたいです。
一番簡単な所は横に展開して増やしていくということですね。
あとは規約、規制などのプラットフォーム依存という所から抜けていくというステージに入っていかないとその不安というのは拭われないと思います。
せっかくこれからビジネスを始めようとか、今もうすでに始めているよ。
という所なのにも関わらずやはり無くなってしまったら元も子もないですので、一つ一つ確実にステップアップしていきましょう。
ということで、本日は根本的なお話ではあるのですが、非常に重要な話だと思っております。
ですので、単純転売に変に怯える必要はないと思っておりますので、しっかりとやっていきましょう!
というのが僕の結論となります。
是非、引き続き頑張っていきましょう。
ということで本日の雇われない生き方ラジオということで以上とさせていただきます。
ありがとうございました。

Source: 大越雄介

無理は禁物!?単純転売の上限値のはなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です