【ラジオ】後編「個人資産1億円」を目指そうと思っているアナタへ

「個人資産1億円」を目指そうと思っているアナタへ

本日のテーマは「「個人資産1億円」を目指そうと思っているアナタへ」後編ということで、前回前編をお届けさせていただきました。
改めて無在庫転売についてであったりとか、お金と需要の部分も手に入れないとね。
というお話をさせていただいたんですけれども、音声自体にボリュームがでてしまいましたので、2回に分けてお届けをさせて頂いております。
今回は後編となりますので、最後までお聴きいただけましたらと思います。

経済的自由を手に入れよう

改めまして本日のテーマは「「個人資産1億円」を目指そうと思っているアナタへ」後編ということで、前編の方をきいて頂いていない方はぜひ、聞いていただきたいんですけれども、最後ね「つまり・・・・」なんだよ。
ということで今日は後編をお届けさせていただきたいと思います。

どうなればいいかと言いますと、経済的自由を手に入れることがやはり最短ルートかなと思います。
もちろん健康面であったり、精神面であったり、そういったものが豊かになるということも大切なのですが、その部分を手に入れるためには、やはり一番早いのは経済的自由となります。
ですので、色々な手段や選択があると思いますが、自分のやりたいことを選んでもらい、そこでお金と時間を手に入れましょうという所が重要だと思います。

僕も投資だったり資産運用だったり、経済や経営のことを41歳にしてようやく学び始めました。
今まで転売のことばかり頑張ってやってきていたんですけれども、40歳を超えてきましたので、僕自身が色んな事をやりたいなと思ってきたわけなんです。

最近学んだことではあるのですが、「お金持ちの方程式」というものがあります。
当たり前のことではあるのですが、この方程式を知っているかどうか、意識しているかどうかで経済的自由を得られるかどうかが変わってくるかなと思います。

また、この方程式を知らないと、経済的自由を手に入れるためにお金を稼げばいいんだっていう考え方になってしまいます。
もちろんそれは正解でもあるのですが、ただお金を稼ぐだけではお金持ちになることは出来ません。
この方程式は一度しか言いませんので、メモしていただけるといいかなと思います。

お金持ちの方程式

「お金持ちの方程式」それは「収入-支出」というものです。
収入があっても、生きていく上で何かしらお金は出ていきます。
そして「資産×利回り」というものがあります。
例えば、年利7%とか月利○○%などの投資案件などです。

不動産などもそうだと思うのですが、そういったものを足してもらう。
自分が働いていたり、事業をやっていたり、投資などそういった何かしらの収入がありますよね。
そこから支出が出てくると思います。
事業をやっていれば経費として出てくる支出もありますよね。
あとは普通に生きていれば発生する、食費や、住宅のお金、洋服を買ったりですとかの支出があります。

それに対して、いわゆる手元にある資産ですね。
お金に変えられるものに利回りがかかってくるだけです。
例えば銀行にお金を預けていたら年齢別では0.00何%とかの利回りが付きますよね。
というのはお金がどれだけ手元に残るかという話なのです。

生活に必要な支出。
例えば映画を見に行く。
これが必要かどうかはわからないですが、旅行に行くとかもそうですよね。
他にも結婚式があるからドレスを買うですとか、生活に必要な支出も色々あるわけじゃないですか。
お子さんがいる方だったら教育費とかそういった支出を上回っていなければ基本的にはお金に困ることはないわけです。

しかもそれが、単発の収入、単発の資産ではなく、一生続いていければお金に困ることはありません。
ということになります。
お子さんが小さい時、お子さんが大学に行くとき、自分自身が身体を壊して病院に入院をしなくてはいけないときや、親御さんが病気になってしまって色々と世話をしなくてはならないという時。
様々な時によって生活に必要な支出というのは変わっていきます。

もちろん必要な支出をコントロールすることも出来ます。
例えば電話代が高かったら電話代を少し安くしてみるとかですね。
そういったやり方があるわけです。

このお金持ちの方程式というのを理解して、どういった風になればいいのかというところをきちんと、シミュレートして一つ一つやっていく。
そしてそれが一生続けばお金に困ることがなくなっていくという形になります。
月単位で考えても良いですし、年単位で考えても良いと思うんですけれども、やっぱり最終的に一生この状態になれる。
このお金持ちの方程式ということが成り立つような状況にしていかなきゃいけないと。
経済的自由というのはこの状態の収入が労働収入から脱却できれば叶うものだと思います。

お金に振り回されるとお金持ちにはなれない

ということで「収入-支出」というお話をしたんですけれども、僕なんかもそうだったんですが、日々朝から晩まで働いて月給30万円貰っています。
という方っていると思います。
あとは自分でお店をやっていて、お店の商品が売れたらそれが収入になるという方ですね。
そういった方は労働が収入になってくるので、今度は時間が手に入らなくなってきます。

ここが労働収入が単純に事業収入であったり、投資の収入から配当金とかそういった所から収入を得ていくことが出来れば自分が働かなくても生活に必要な支出というのがまかなえる状態になってくるわけなんです。

そう考えると、単純に収入を増やせばいいんだ!
と思うかもしれないですが、例えば収入が少なかったとしても、その収入に見合った生活をしていればお金持ちになる事というのは可能になります。
ですので、色んな資産を作ってそれを増やしていけばいいわけですので、やっぱりお金をどこに使うのかっていう所が重要になります。
例えば、タワーマンションの最上階に住みたいとか、高級車のフェラーリを乗り回したいとかですね。
不動産はよくわからないですが、沢山持ちたいとかですかね。
「お金持ちのイメージ」というのがあると思います。
そういったイメージがあるからこそ、無駄な支出をしてしまうし、必要のないものを買ってしまったりします。
そうして支出が増えていくと収入が増えない状態になります。
単純にお金持ちにはなれません。

ですので、お金持ちって実はわからないですが、タワーマンションに住んでいるとお金持ちかというとそうでもなかったりするんですよ。
ちょっと背伸びをしてタワーマンションに住んでいる人もいたりはしますので、本当にお金を持っていないけれども無理してマンションに住んでいる人とかもいるということは、覚えておいていただきたいなと思います。

こういったお金持ちのイメージをぶち壊すことによって自分自身に必要のないものは選択しなことが大切です。
高級車に乗る必要もないんですよね。
軽自動車などの車でもいいわけですし、下手したらレンタカーでもいいわけです。
そういった所がお金持ちになる最初の一歩といいますか、収入を増やして、支出を減らす。
そして資産を増やすというこの3つをやっていくことがとても重要となります。

お金に振り回されているといくら稼いでも自由にはなれないのです。
例えばですが、毎月300万円稼いでいます。
そしてタワーマンションの家賃が毎月150万円払っています。
そしてフェラーリのローンが毎月30万円あります。
とかですね。
そして不動産を持っていると、その不動産が入ってくればいいですが、不動産ローンでそれもかなり払っているとかですよね。
まぁ色々あったりするわけなんですよ。
ですのでお金を稼いでいるから。
収入が多いからこそお金持ちではないということもあります。
そして収入が多い人ほどお金に振り回されている可能性が高いということですよね。

無在庫転売の完全外注化で毎月100万円の収入があるという人と、単品通販ヒット商品を開発して毎月1億円の売上がある人がいたとしますと、明らかに後者の方が凄い人なんですよね。
一億円月商があるということですから。
なんですけれども、無在庫転売、単品通販の中でも中身を見てみますと、在庫が一億円以上あります。
ですとか、融資を一億円借りていますよ。
とかっていう状態で一億円の売上を上げているみたいな形だとしますと、お金残ってんのかな?
見たいな話になってきます。
もちろんそれ以外のケースもあるとは思いますが、無在庫転売の外注化で毎月100万円収入がある人の方が実はお金持ちで幸せだったりすることがあります。
そういうことなんですよ。

僕の考えがおかしいのかもしれないですが、単純に無在庫転売はやめろという世間の冷たい風当たりがあると思います。
そこを気にしている方は大きなビジネスを頑張ってみるということになります。
無在庫転売というものを手段手法として理解してやりながら、自分のやりたいことを仕事にしていくというんですかね。
もちろん無在庫転売は悪いものではないということは、大前提としてあります。
ですが、風当たりは冷たいということは間違いありません。
世間体を気にするのか、自分の幸せや自由を気にするのかという所だと思います。
それも選択するのは自分自身でしかありません。

僕自身がやっていることというのは、無在庫転売をやりながら情報発信をしつつ、コミュニティ運営をしていくというのがガッチリと出来上がっています。
これ以外のビジネスも沢山やっていますけれどもここが基盤になっているわけなんですよ。
ここで稼げているからこそ当たり前のように節約もします。
無駄なものは買わないですし、出来るだけお金をかけないように生きております。
もちろんそうしていると、収入から支出を引いたものは増えていきます。
そして、お金をお金で生むという投資に向かっていきます。

節約をして投資もしてビジネスも行って、お金にもある程度余裕があり、時間にも余裕が出来た。
やはり次は健康ですね。
健康も気にするという形になります。

ビジネスの基盤を固めておきましょう

きちんと収入があるか。
ちゃんとした基盤が固まっていると、当たり前のように節約や投資、健康というものをやっていくようになります。
収入がない状態で節約とか投資とか健康を気にしていると人生はよくならないかなぁ。
と思いますので、結局のところ手段手法はなんでも構いませんので、ビジネスの基盤を固めておくというのは重要です。

その中でやはり自分がやりたいビジネスというものがありましたら、コンサルを受けるとかスクールに入るとかお金を払って、学んで実践するということも必要です。
もちろんビジネスのコンサルを受けたら実践しろよ。
という話にはなるのですが、僕は生粋のノウハウコレクターですので、情報だけで終わってしまっています。
なんてこともあったりはしますよね。
僕自身もそこに対しての風当たりが冷たかったりします。
言われたらいやなことを言われたり、将来のためにと思っていた時期もあり、全部やめてしまおうと思ったこともありました。
ですが、よくよく考えると別に無在庫転売って先ほどお伝えしましたが、別に悪いビジネスではないですし、お客さんがきちんと喜んでくれるビジネスなんですよね。
辞める必要ってどこかにあるかな?
と思ったんですよね。
それが結構僕の人生、ビジネスをやっていてのターニングポイントになった部分になります。

無在庫転売とかが本当に世の中に対して悪いものであって、とてもお客さんから文句を言われて、誰かに迷惑をかけているビジネスであったらちょっと辞めてしまおうかなと思ってしまうのですが、冷静に考えるとどうしてオワコンなんて言われているんだろうって。
きちんとポイントを押さえておけばいいだろうということに気が付いてですね。
これはこれでやっていこうと思えるようになりました。

もちろん3年後、5年後とかにこのビジネスが無くなっている可能性はあります。
ですが、それはどのビジネスも同じになります。
そこをどうのこうの言う人に対してはもう知らんがなと。
勝手に言っておけ。
と思うだけの話になります。

僕自身、無在庫転売が理由でプラットフォームにサスペンドされたという経験はないんですよね。
あとは無在庫でキャッシュフローというのもおかしな話ではありますが、よく言うキャッシュフローが回らなくなってしまうとかもありません。
あくまでも僕の経験上の話ではあります。
もちろんしんどい時は結構ありました。
色々とですが、そういったキャッシュフローがダメになり、ビジネスが出来なくなるというのは今まで多くの経験の話ではないということになってきます。

 

大きく変わった人生

僕の場合は無在庫転売を行い、そしてそれを情報として提供させていただいて、サービス提供をしていくという部分がビジネスの基盤となっています。
基盤として行っているビジネスも色々と展開をして節約投資、健康という部分を目指しているという部分で個人資産一億円というのがほぼ出来上がっております。
それをきちんと運用して年利6%ということろを目指しています。

細かい話をすると税金どうなんだよ。
とかそういった話がでてきたり、これは資産なのか?といった話も出てきたりしますかね。
そういった所は若干加味していないのですが、一億円の資産6%で運用できたらどうなるかといいますと、毎年600万円の不労所得が入ってくる形になります。

僕の情報発信を見ていらっしゃる方はご存知かと思いますが、僕はもともと酒屋の雇われ店長をしていました。
朝7時の満員電車に揺られて出勤をして、よく終電を乗り過ごしていました。
終電を乗り過ごしてタクシーで帰宅する日々もありました。
そこまで働いて、年収が300万円代だったんですよね。
その状況からして毎年600万円の不労所得が入ってくる状況、プラスα事業も行っている状況があった時に本当に人生大逆転したなと思っております。

ただ今の状況で僕自身が凄いことをやっているわけではないので、あまり実感はないのですが、それでもやはり起業前の時と雇われていた時の生活を考えると大きく変わったかなということは間違いなく言えることになります。
僕が起業したタイミングが大体7年前くらいになるのですが、その当時を比べると今は中々うまくいかない人も多くなってきていると思います。
何故かと言いますと、今は副業ブームであったり、コロナウィルスの影響でオンラインビジネスを活用したものではないビジネスがどんどん死んでいってしまいます。
ということはネットビジネスをやっていく人たちというのはどんどん増えていくということになります。

結局早い者勝ちだったりするわけなんですよ。
資産というもの早く形成した者勝ちだったりするわけなんですよ。
ですので今どうしようかな。
今の人生を変えられないかなと悩んでいたり、無在庫転売やりたくないよ。
と思っている方もいらっしゃるかと思うのですが、本当に早く形成したもの勝ちなんです。

丁度今朝も同じような話をしてきたのですが、僕なんかは色々な知識がついてきてしまって、例えばお金を組み立てていくとそれが将来何年後かに何十倍とかになるというやり方がわかってきています。
まだ41歳なのですが、例えば20歳くらいで積立複利運用のようなものをして、月に2万円とかでもいいのですがそういった積み立てをコツコツ行って20年運用していたら多分数千万円にはなっていたと思うんですよね。
ですのでもっともっと人生楽勝だっただろうなと本気で思います。

僕の場合は20年前にそういったものがあるということを知らなかったんですけれども、7年前の起業をするというきっかけがあり、気が付いてよかったなと思います。
起業して脱サラをするという選択肢をとっていなかったら、恐らく未だに先ほどお伝えした朝の7時の満員電車に揺られて、終電を乗り過ごしタクシーで帰宅する日々で年収300万円台の人生だったのかなと思います。

今気が付いて、また20年間頑張っていかないと行けないと考えると結構しんどいと思います。
単純に7年前にそういったことを知って気が付いて、その選択肢を取ったというところ。
そして7年かけてきたということが今の僕を作っているという形になります。
だからこそ、このYoutubeだったりメールマガジンなどを使って僕の7年前と同じような境遇の人たちに伝えていきたいと思うわけなのです。

物事を始めることに遅いということはない

僕のことを嫌いな人や、今日の話は共感できない方というのもいらっしゃると思うのですが、単純に僕と同じような境遇の人というのはやはり、7年かけて自分の資産を億単位で作ってそこから不労所得を得るみたいな考え方を知らない人が結構多いと思います。
また、もし知っていたとしても中々実践まで行きつく人ってほとんどいないと思います。
結局そうなると僕の7年前の状態から、時がたってもあまり人生が変わっていない。
むしろちょっとしんどくなってくるということがあったりすると思います。

僕の音声で一番最後に伝えたいことっていうのは「まだ遅いことはありませんよ」と。
これからでも十分、自分の人生というのは変えられるということをお伝えしていきたいなと思っております。
丁度この音声を撮らせていただいているのが2020年の11月になるわけなのですが、今年の2020年の振り返りであったり、2021年の計画を作っていたりします。

僕においては今このビジネスを始めて7年目になったのですが、今年の上半期というのは色々ありました。
特に人間関係ですかね。
厄年だったからと思ってはいるのですが、本当に色々ありました。
ビジネスをやりだして、人とかかわって仕事をしていると、個人で事業をしていたとしても色々とあります。

ですが、選択肢に関してですが、後悔は一つもないかなと思います。
一個もというと嘘かもしれませんが、そう思っています。
ですので、この音声を聞いていただいている方。
メールマガジンを読んでいただいている方にお答えすることによって、何か少しでもお役に立てて行けるといいのではないかなと思っております。

何故こうやって配信をしているのかといいますと、僕自身がサービスをやっているからになります。
なんだ最後にセールスかという話ではあるのですが、最近クローズドではあるのですが、個人資産一億円を作りましょうみたいなコミュニティというのをひそかに始めておりまして、ちょっと仲間を増やして行きたいなと思っており、この音声を撮らせていただいたわけなのです。

また次回この個人資産1億円という所に向けた情報発信というのをやっていこうかなと思っておりますので、引き続き見ていただけると嬉しいかなと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
それでは本日は以上となります。
ありがとうございました。

Source: 大越雄介

【ラジオ】後編「個人資産1億円」を目指そうと思っているアナタへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です