【ラジオ】無在庫転売からのステップアップ第一回「アマゾン輸入転売」

無在庫転売からのステップアップ第一回「アマゾン輸入転売」

本日のテーマは「無在庫転売からのステップアップ第一回「アマゾン輸入転売」」1.2.3ということで無在庫転売のステップアップについてお伝えしていこうかなと思います。

ということで、改めまして本日のテーマは無在庫転売からのステップアップ第一回1.2.3ということでお届けをさせていただこうかなと思っております。

先日メルマガブログの方でも無在庫転売からのステップアップという記事を書かせていただきました。
概要欄の方にも貼っておきますので、文章からも読んでいただきたいなと思っている次第なんですけれども、この無在庫転売からのステップアップというのは、僕のYoutube「雇われない生き方ラジオ」を聞いて頂いている方にとっては、結構重要なテーマなのではないかと思っております。

僕自身も、起業をしてからずっとこの無在庫転売のステップアップというのをやっておりますし、未だにこの転売ビジネスはやっております。
その中で、ステージを上げてきたという部分をお話していきたいと思っております。
Youtubeでお伝えするにはかなりのボリュームのあるテーマになってきますので、数回にわけてお話をして行きます。

今回は無在庫転売からのステップアップというお話をさせていただくわけなのですが、今無在庫転売をすでにやっていらっしゃる方。
すでに辞めてしまっている方。
なども聞いていらっしゃると思います。
今回は主に、今現在無在庫転売というものをやっていらっしゃる方に主に聞いていただきたいかなと思っております。
または、これからちょっと始めようかな。
どのようにビジネスを進んでいくのがいいかな。
と思っている方の選択肢のひとつとして、無在庫転売からスタートしていく。
という部分のお話をさせて頂こうと思っております。

転売ビジネスはれっきとした小売ビジネス

今回はステップ1.2.3と3つのステップをお伝えさせて頂こうかなと思っております。
ネット物販を行うにあたっては、色々な手法があります。
物販ビジネスですので、商品があって、その商品をどのようにして売っていくか。
という部分がメインになってきます。
転売ビジネスというものは世の中に知れ渡ってきていると思います。
ちょっとね、最近は悪い方向に捉えられてしまっているというところはあるのですが、れっきとした小売ビジネスとなっておりますので、是非やっていただきたいなと思っております。

あとは在庫を持った方がいいのか、持たない方がいいのかという所になってくるかと思います。
これはご自身のリソースの問題だったりするとは思うのですが、例えば資金がすでに沢山ありますよーとか、数千万、数百万動かせますよという方と、クレジットカードの枠が100万円すらありませんという方ですと、考え方が変わってくると思います。
あとは、自分自身で商品を持っているか否かというのがあったり、スキル問題も出てきます。
ネット販売のスキルというのがあるかないかなどの現状把握をしていただくことによって、どのビジネスをおこなっていくのかという部分も決まってくると思います。

僕がビジネスを始めたときというのは、本当に知識も経験もなく、お金も全くなかったというわけではありませんが、クレジットカードなどは1枚しか持っていないというところからスタートしております。
そこから考えますと、やはり在庫を持つビジネスというのはどうしても資金が最初に必要になってくるというところと、あとは、商品が売れないと利益が出ないという部分があります。
まさにいう黒字倒産というものもありますよ。
という所になりますので、在庫を持たずして出来るのであれば、持たないほうがいいじゃん。
っていうのが正直なところではあります。

ただやはり在庫を持たないということで、デメリットやリスクというのも発生してきますので、無在庫転売どうなの。
と言われる部分はそこなのかなと思います。
あとは、リスクマネジメントと言いますか、リスクヘッジ、リスクリバーサルという部分の話になってくるのですが、初心者の方などこれから副業を始められる方とかであれば、無在庫転売からのスタートがやはりハードルが低いですので、いいのではないかなと思っております。
その中で、どういったふうに無在庫転売からどんどんビジネスのステージを上げていくのかというお話をしていきたいと思います。
僕自身はこの無在庫転売の情報発信やツールの開発などをやっておりますが、そっちの話は今日は入れてありません。
もちろんやれる人はやった方が良いとは思いますが、情報発信をしたくないですとか、顔や名前を出して発信をしたくないという方というのは結構多いです。
ですので、物販でステップアップしていくのであればという今日は僕なりのお話をさせていただこうかなと思っております。
シリーズ化してお伝えしていきたいなと思っておりますので、今回はステップ1.2.3のお話をしていきたいと思います。

ステップ1

まずステップ1についてなんですけれども、これは僕が本当におススメしているやり方で本当に誰にでも出来るやり方となります。
簡単に稼げるという言葉がですね言えてしまう手法ではあります。
ただ、簡単という部分の表現が結構難しいですよね。
単純にアメリカのAmazonの商品を日本で販売するという方法が僕はステップ1だと思っております。

Amazonというプラットフォームでの集客力もありますし、既存の商品というのは、商品ページが出来上がっていますので、相乗り出品というものを行っていきます。
Amazonにある、アクセスが集まっている商品に相乗り出品をしていくという単純にそれだけの話になります。
取り扱ってはいけない商品やメーカーの権利者がいらっしゃる商品などもあったりはしますので、そこは気を付けなくてはなりません。
が、まぁ単純に無在庫転売を行いましょうという部分が第一段階となります。
ツールなどを使うと、出品がもっと簡単になってきます。
単純にアメリカにあって日本にもある商品に対して、相乗り出品を行っていただくことも無在庫単純転売になりますので、売れたらその商品を仕入れてお客さんに届けるというだけになります。

これだけ簡単な手法なのですが、実は稼いでしまえるという状況があったりしますので、まずはこれは最初の行っていただければと思います。
僕らがやり始めたころは、数十万、数百万という商品をツールを使って出品して、ばかすか稼いでいた人もいるのですが、最近ではそのやり方は少し厳しくなっているのかなと思っております。
ですので、僕の方で推奨するのは、売上100万円ぐらいですかね。
出品数10万点ぐらいがMAXかなと思っております。
その中で20万、30万ぐらいの利益を出すというのが最初の段階になります。

ステップ2

ここをクリアできたら、次はステップ2に進んでいくということになります。
手法としては色々やり方があったりはしますし、グレーな手法になってしまう可能性もあったりはしますので、知識や経験がないと難しい部分があるのですが、Amazon.jpのサブアカウントを作成し、複数ショップ運営を行いましょうというのがステップ2となっております。

ですので、ステップ1でやってもらったことを横展開していき、2つ3つ作っていくということになります。
サブアカの作成については、色々な情報がありますので、そちらもご確認いただければと思います。
今日はここの部分については触れないのですが、注意が必要な部分ではあります。
規約に触れてしまったりするケースがありますので、そこは注意していただければと思います。

僕自身も最初のころ、アカウントをバンバン作ってしまって、3つほど一気に飛ばした経験がありますので、初心者の方はまずステップ1を踏んでいただいたうえで、きちんとAmazonの規約やリスクを理解し、経験を積んだうえで複数アカウントの運営を行っていただければと思います。
なぜこれをステップ2にしていくのかと言いますと、出品をして売れたら発送をするという形は誰でもできるわけなんですよね。
そして、このやり方を2つ3つ作ることによってだんだんと一人の力では出来なくなってくるんです。
ですので、一つのショップに店長さんのような形で外注さんをつけていったりして、組織を作っていったりすることによってステップ2が出来るという形になります。

まずはきちんと自分自身で行って、それを収益化していくのがステップ1
その収益化したお店をフランチャイズのようにしていき、2つ3つやっていく。
アカウントが増えていくと色々なリスクが増えていきます。
色々とマネジメントしなくてはいけない部分も出てきます。
そこでステップ、ステージを上げていくという感じです。

ステップ3

ステップ1.2で経験値を積んでもらい、商品の傾向がつかめてきたら、一部有在庫化やASINずらしや新規カタログ作成、高価格帯商材の取り扱いといった差別化戦略を取っていきましょうというところになります。

あとは仕入れ先をアメリカのAmazonではなく、例えばebayのオークションサイトで仕入れをしたり、現地の外注さんを使って現地でしか仕入れることが出来ない商品を展開したり、あとはウォールマーケットとかですね。
そういった向こうの海外のネットショップから商品を集めてくるという方向でもありかなと思っております。

やはり無在庫だけですと、天井地がありますので、やはり在庫を持ってそれを売っていくとかですね。
あとはカタログだったりASINずらしといいますと、靴などがあるのですがそういったものも取り扱うようになることによって差別化が出来るようになってきます。
あとは、やっぱり輸入商品って結構高価格帯の商材が売れるんです。
例えば時計であったり、カメラであったり、フィットネスグッズであったり、車用品などです。
そういった高額商品というのが10万円、20万円の物が売れたりとか、もっともっと高いものが売れたりします。
あとはまとめ買いで数万円のものを数10個という売れ方をしたりもします。

ただ、やはりこれは資金力がなかったり、高い商品を無在庫で扱うと返品の際のリスクがあったりとかもします。
あとは海外からの発送時に壊れてしまったりなどもあります。
ですので初心者の方が最初からこれはやらないほうがいいという所があります。
ですが、高価格帯の商材を扱うと、売り上げ規模は一気に上がっていくことができます。
まぁ高価格帯ではなくても良いのですが、低価格のものを少し在庫を持って回転させていったり、単純に相乗り出品ではなく商品カタログを作っていったりと、差別化できるような戦略というのを取っていくことによって利益率だったり、売上であったり、仕入れ先もずらしていくことが出来ていきますので、この海外の商品を販売するという部分がAmazonの輸入転売のステージ1.2.3になっていくかなと思っております。

上限値を高く持たずに収益化をしていく

今回お話するこのステップ1.2.3のステップというのは基本的にAmazon無在庫輸入転売を行っていただき、ショップを増やしていく。
そして外注化をして、手離れをしていき、さらに差別化をして売上利益を上げていきましょう。
というところになります。

ここのステップ1.2.3で月収100万円とか行くことが出来ると思います。
頑張れば200万円とかも狙える範囲かなと思いますので、Amazonを使った無在庫転売というところを皮切りに売上利益の仕組みだったりをしっかりと学んでいくことが重要かなと思っております。
ただ単純に海外の商品をAmazonで売ろうというステージですので、あまりビジネススキルとかはいらないです。
マーケティングをするとか、広告を運用するとか集客を行うなどもありません。

Amazon自体に集客があるというのもありますし、海外の商品メーカーってある程度しっかりしたものが多いというのもあります。
ただ、Amazonというプラットフォームで他人の商品を売っているというところがありますので、どうしてもサスペンドリスクというのがあります。
いきなり5アカウント止められてしまうというリスクが気になっていくよと言う部分がありますので、この1.2.3の部分をゴリゴリやっていくというよりはこういった仕組みを作っていくというステージになりますので
あまり、上限値を高く持たずにきちんと収益化していくことを継続していくという意識でやっていくのがいいかなと思っております。

本日は無在庫転売からのステップアップということで1.2.3と3つのステージにわけてあるのですが、大きく分けてAmazon輸入転売というところをまずはやっていきましょうというお話をさせていただきました。
今日のラジオは以上となります。
また次回この第2弾という部分をお伝えさせて頂きたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
本日は以上となります。
ありがとうございました。

Source: 大越雄介

【ラジオ】無在庫転売からのステップアップ第一回「アマゾン輸入転売」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です