【ラジオ】輸出入ビジネスコミュニティフリボー

輸出入ビジネスコミュニティフリボーについて

本日のテーマは「【ラジオ】輸出入ビジネスコミュニティフリボー」ということで、お話をしたいと思います。
前回のこの”雇われない生き方ラジオ”の方で最近やっている物販ビジネスについて、というお話をさせて頂きました。
このラジオの方でも結構お話をさせて頂いているんですけれども、物販ビジネスだけではなくて情報発信であったり、コミュニティ運営というのをやっていくと事業が大きくなりやすいですよ、というお話をいたしました。

得意不得意というのは皆さんあると思うんですけれども、僕の場合は物販ビジネス自体がそんなに得意なわけではないです。
けれども、コンテンツを作ったりとかマニュアル化したりとか、効率化したりとかというのや、教えるというのが結構好きなんですよね。
なのでそういったところをビジネスにしたいな、と思っていたので物販ビジネスをガンガンやっていくプレイヤーになっていくというよりは、教えるほうになりたいなと思っていました。

そこで作ったのが、この「輸出入ビジネスコミュニティフリボー」というものなんですけれども、完全に初心者向けのビジネスコミュニティとなっているという形になります。
なので、もう既に物販ビジネスガンガンやっているよ、とかもっと凄い人に習いたいよ、という方に関してはちょっと向かないのかなとは思います。

初心者の方、うまく行かない方へのサポートをしていきたい

ただ、僕も物販ビジネスを始めるときに何をやってもうまくいかなかったりしたんですよね。
高額のお金を払っても身にならなかったとかですね。
それは別にそのスクールが悪かったとかそういったことではなく、自分自信の取り組み方だとは思うんですけれども、うまくいかないことが多かったんですよね。
なので結構コンサルティングとかスクールとか、コミュニティとかオンラインサロンとか色々あると思うんですけれども、やっぱり結果が出ないと意味がないと思います。
あとは、そんなにハードルを上げたくなかったというのがあります。

僕も過去に高額のスクールとかをやっていたことがあります。
それはそれで、しっかりとコミットしていただいたというのはあるんですけれども、中にはある程度の授業料をいただいたとしても結果が出ない人というのがいらっしゃいました。
稼ぐためのスクール、稼ぐためのコミュニティなのでお支払いいただいている金額以上の成果は出してもらいたわけですよね。
ハードルが高い、低いという話にはなるんですけれども、僕の場合は初心者の方とか中々うまくいかない方に対してサポートをしていきたいな、という考え方があります。
やっぱり稼げる金額って高く設定しちゃうとハードルが上がってしまいますよね。

例えば、月収で30万円稼ぎましょうね、というやり方と月収で3万円稼ぎましょう。
だとお小遣い稼ぎかもしれないですけど3万円稼ぎましょうねと言うと、教え方も違ってきますよね。
そうすると3万円稼げるものに対していくら払う、月収30万円稼げる物に対していくら払うという部分の違いがどうしても出てきてしまうと思います。

初心者の方が結果を出しやすいコミュニティ

やっぱりですね、知識だったり経験をビジネスにさせて頂いているので、最小限とは言わないですけど、そのビジネス自体が回っていく所でいいのかなと思っています。
例えば月額3万円のコミュニティで今30人いますと、そうすると毎月90万円の売上が立つわけなんですよ。
なのでそういったコミュニティ運営者って儲かるんだな、と思うかもしれないですけれども、その90万円の売上ってそこから決済を使っていたら、決済手数料がかかったりします。
また30人とかでしたら、一人で見れないわけですよ。
そうするとサポートの講師がいたりとかですね、あとはシステムとかツールを使ったりしていると、補修とかメンテナンスとかに費用がかかったりするので、言うほど手残りはなかったります。
なので最低限の自分の労働対価に対して入ってくるお金があれば、もう少し人を幸せにすることが出来るよな、と思ったんですよね。

利用料とかが高ければ高いほどハードルも高くなります。
まぁその分意識が高くなって結果を出す人が多くなるかもしれないですけれども、初心者の方に関しては、無駄なお金を払ってもらう必要がないかなと思ってはいます。
なので僕がやっている輸出入ビジネスコミュニティフリボーというのは初心者向けのコミュニティではあるんですけれども、初心者の方が結果を出しやすい主には無在庫販売というところなんですけれども、そこからスタートしてもらう。
月額でスタートが出来るというのがまず特徴ですよ、というところになります。

あとはこのコミュニティなんですけれども、サポートメンバーが10人ぐらいいます。
その子たちというのは、僕と同じというと失礼かもしれないですけれども、僕と同じようにプイレイヤーとしてガンガン稼いでいるメンバーというのはそんなにいないです。
もちろん実績はあるので、ちゃんと教えられる人で揃えております。
ただ、めちゃめちゃ稼いでいる人たちを講師にはいれていないということなんですよね。
初心者がつまづく部分であったりとかを丁寧におしえて貰える環境というのを作りたかったんですよね。

僕自身もある程度物販ビジネスをやっていたので、ある程度初心者の気持ちとかがわからなくなっているんですよね。
なのでそういったホスピタリティの高いというと語弊があるかもしれないですけれども、ちょっと寄り添ってくれるような講師の方、サポートの方というのをコミュニティのサポートにいれているわけなんですよね。
そうすると、初心者の方が質問しやすい環境があったりですとか、コンテンツが優しいので徐々に進められるというのがあります。
後はいきなり高額なお支払いをしてもらっているわけではないので、自分のペースでやっていけるというのがあります。

もちろんそれが良いか悪いかという判断は、色々な考え方があるんですけれども、まずは知識を得たいとか、やり方を教わりたいとか、何か困った時に助けられる部分があるといいな、というところと、あとは横の繋がりですね。
横の繋がりとして同じレベル感の方が一緒にいたりですとか、勉強会に参加出来るとかという状況も作りたかったというのもあります。

皆が成長できるような環境づくり

僕もこのコミュニティ運営というのは、5年位やっているんですけれども、そうするとやっぱりクライアントさんも5年目の人とかが出てくるんですよね。
となると、1年目の人と5年目の人とだったら、レベルが違うんですよね。
ただ、1年目の人が5年目の人を見て自分も5年頑張ればこういう風になれるんだって思えるわけじゃないですか。
実際に結果を出している人も結構いるので、そういった環境が作りたかったんです。

いわゆる輸出ビジネスの小学校、中学校、高校、大学みたいな形で、そこで学んできた人たちが講師になってサポートをしていくという環境も作りたかったです。
まぁそれがずっと同じノウハウを教え続けるいわゆる小学校の先生が、小学校の算数をずっと教えているという状況だと、先生の知識が増えて行かないじゃないですか。
なので講師の方もどんどん新しいノウハウとかを作っていって、やっていく。
つまり講師もサポートメンバーもクライアントさんも徐々に成長出来るような環境を作りたかったと思っているわけなんです。

そして、そこで成長した人に対して、僕自身も成長していって、新しい販売方法だったり新しい考え方だったりを、ちょっとレベル感を上げたコンテンツだったりを徐々に徐々に配布することによって、最初は中々結果の出なかった人でも徐々に物販ビジネスの全体像がわかってきたり、サポートが受けられたりするので、長く継続すればするほど自分自身が成長できるコミュニティになっているのかなと思っております。

ある程度歴も出てきましたので、そこのコミュニティに所属している方々のレベルも徐々に上がってきているという形になりますので、どんどんどんどん積みあがっていっているんですよね。
教えていることはそんなに変わっていないんですけれども、その中にいるサポートメンバーであったり、ノウハウであったりをどんどんブラッシュアップしていくので、新しく入ってくる人たちはそういった沢山のコンテンツの恩恵を受けることが出来るし、長くいる方に関しては継続してきたことに関しての恩恵を受けれるし、中にはもっともっとレベルの高いことをしたいよという方もいます。
その方に成長したサポート講師が教えられるという環境があったりはするので、僕はこのコミュニティを作ってよかったな、と思っているわけなんです。

長く使って、プラスになることが多い関係性

コミュニティに入ってくださいね、という話をしたいわけではなくて、コミュニティビジネスをしているというところと、短期間のスクールって入って卒業したら終わりじゃないですか。
そういう関係性のビジネスはもうしたくないなと思っていて、要は入ってもらった人がいかに長く使ってもらえるのか、そして入ってもらってることによってその人たちがプラスになっていくかということが非常に重要だなと考えています。
僕自身もやっぱり知識をどんどん入れて行かないと、教えられないですしということがあるので、そういった循環がうまくいくようになったかなって思っています。

このラジオで撮らせていただいている現段階で、会員の方というのが大体450人くらいになっているわけなので、輸出入ビジネスという事業に携わろうとしている人、もうすでにガンガン稼いでいる人というのがこのコミュニティにはいますよということが、一番のつよみなのかなと思っている次第です。

そういったコミュニティのビジネスをやらせていただいていますよ、というそれだけの音声ではあるんですけれども、こういったフリボーというね。
名前もちょっと変わってるじゃないですか。
これなんでフリボーかと言いますと、フリーダム貿易アカデミーということなんですね。
自由に貿易をしていくコミュニティですよということなので、自由に貿易するといっても、変なものを輸出入するとかというわけではなく、場所の自由とか時間の自由とかそういった意味のフリーダムになります。
皆で楽しく自由に貿易ビジネスをしようじゃないかというコミュニティになっております。
なので気になった方がいらっしゃいましたら、毎月無料のセミナーをやっておりますので、興味のある方はセミナーに参加していただけると嬉しいなと思います。

ということでちょっと宣伝っぽくなってしまったんですけれども、僕は今日のラジオに関しましては、僕が運営をしている輸出入ビジネスフリボーについて少しお話をさせていただきました。
最後までお聴きいただきましてありがとうございました。
それでは失礼いたします。

Source: 大越雄介

【ラジオ】輸出入ビジネスコミュニティフリボー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です