コロナで、アレが売れるようになったらしい【ラジオ】

コロナで、アレが売れるようになったらしい

本日のテーマは「コロナで、アレが売れるようになったらしい」というお話をしていきたいと思います。
前回の動画で新三種の神器というお話をさせていただいたんですけれども、覚えておりますでしょうか?
やっぱりコロナによって売れるものであったりとか、売れなくなってしまったもの、世界が変わってしまったために、人々の需要というのが大きく変わっているというところなんですね。
大きくは新三種の神器ということで出させていただいたわけなんですけれども、マスクであったり消毒液だったり、非接触型体温計とかそういったものが急に売れるようになっているというところでお話をさせていただきました。

もしね、初めて聞いたよという方は前回のラジオを聞き直していただけるとありがたいと思っております。
で、実はそういったマスクとかよりも売れるようになった商材が実はあったんですよ。
そのお話をしていきたいなと思ってはいるんですが、実はその新三種の神器というのは、ランキングで2.3.4位という形だったんですね。
で1位は何だというお話を今日はしていこうと思っております。

コロナの影響で

ちょっと一位の前に他のものとかでどんなものが売れたんだっていうことをお話していきたいんですけれど、例えば外出をしなくなったというところが一番大きいと思います。
仕事もリモートワークですとかオンラインワーカーみたいな働き方が増えているので、Zoomであったりとかオンラインのコミュニケーションが増えているということなんですよね。
僕なんかも、かなり毎日のようにZoom会議ですとかwebセミナーというのをやらせていただいているんですけれども、映る所というのがwebカメラを使っているのですが、顔と上半身が若干映るかなというぐらいになります。
なので下半身のところであったりは見えないわけですよ。
あとは外出をするときはマスクをつけているので女性の方なんかは口元が隠れるわけですよ。
そういったことも踏まえると、ポイントメイクなどの化粧品よりは美容液ですとか乳液などの化粧品が売れるようになってきているようです。
後はマスカラ、アイシャドウ、アイラインや目の周りの化粧品も売れるようになってきているということです。
化粧をするというよりは肌自体をしっかりとメンテナンスしようという動きがあったりですとか、露出している部分のメイクをしっかりとしようねということで、マスカラとかアイシャドウなどが売れるようになったといことがあります。
結構大きな売れるものの変化が起きているんじゃないかなと思っています。

後は中々外出が出来ない、旅行が出来ないというところがあったりするので、例えば園芸用品ですとかお風呂グッズ、バスグッズとかそういったものも結構売れるようになっているみたいです。
後は子供を連れて外出するときなども近場の公園などに外出などがあるんだと思うのですが、外出できないというのとは反しているんですけれども、日焼け止めですとかが売れるようになってきているということですね。

なので、コロナによって色々な物の売れ方が変わってきているというのがあります。
飲料とか家で飲む量が増えて行ったりもしているようです。
例えばスポーツドリンクですとか、ビールですよね。
外で飲めなくなっているので自宅で消費するようになっているというところがあったりするみたいです。

傾向としては、コロナで売れるようになっているものというのは、外出をしなくなっているので、近場で済ませられるという2つが大きなところではないでしょうか。
あとは女性でいうと露出する部分が減ってきているので、需要が変わっているというところがあるのかなというのがあります。

一番売れた商材

ということで、そんな全体像の中で一番売れた商材ってどんな物があるのかと言いますと、麦芽飲料らしいです。
麦芽飲料って何だろうな?ってお思ったんですけれども、ビールもね麦芽飲料になるので、ビールかなと思ったのですが、ビールじゃないんです。
麦芽飲料について色々調べてみたんですけれども、ご存知の方もいらっしゃるかなと思うんですけれども、麦芽飲料でめちゃめちゃ売り切れ続出をしたような商品がありまして、それがネスレのミロというものになります。

これせどりやっている方とかは結構知っているのかな?
ネスレのミロがめちゃめちゃ売れたみたいで、それこそマスクですとか消毒液ですとかそういった化粧品類とかよりも需要が一気に伸びたのが、麦芽飲料のミロらしいんです。
これなんで伸びたのかなという所があるんですけれども、やっぱり在宅が増えて、僕もそうなんですけれども、ダイエットをしたりですとか、健康を意識したりですとかする人がめちゃめちゃ増えているみたいで、ミロって僕も子供のころ結構飲んでましたけど、健康にいいというイメージがありますよね。
味はココアになるんですかね?それを麦芽飲料というふうに呼ぶらしいんですけれども、このミロがめちゃめちゃ売れたらしく、コロナで売れた商品群の仲では麦芽飲料というのが一位になっていくという形になります。

ミロの場合はミロ活みたいな言葉も出ているみたいで、普段とれにくい栄養素があるので、普段よりもどんどん売れたんじゃないかなっていうところと、後はお子さん用ではありますけれども、僕らも子供のころ結構飲んでいたので、親になった世代の方がミロを飲み始めているということが起こっているようですね。
今回のラジオは僕は以外だなと思ったんですが、やっぱり本当に需要と供給のバランスですよね。
世の中の動きによって売れるものって大きく変わるなっていうことを、このランキングを見させていただいて感じましたよというお話をさせていただきました。
なので色々なところで着目点を見ていくと、自分がどういった商品を扱っていったらいいのかとかそういうのが考えられるんじゃないかなと思いますので、何かしらのヒントになればと思いまして麦芽飲料ミロが爆発的に売れたよというお話をさせていただきました。
ということで今日はコロナであれが売れるようになったらしいということで、答えはネスレのミロだったというお話をさせていただきました。
ということで、本日の雇われない生き方ラジオは以上となります。
またよろしくお願いいたします。

Source: 大越雄介

コロナで、アレが売れるようになったらしい【ラジオ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です