Amazon一斉パトロール開始!?知的財産権侵害の警告が、複数セラー同時にやってきた

こんばんは。
大越です。

今日の内容は、正直、メルマガで公開しようか悩みました。

無在庫輸入を始めるにあたって、
「アカウントリスク」というものは、事前にお伝えする必要があります。

まぁ、Amazonなどのプラットフォームでビジネスをする場合、
無在庫だろうが有在庫だろうが、アカウントの権限はプラットフォーム側にあります。

Amazonには、アカウントスペシャリストと呼ばれる、
いわゆるAmazon警察のような部署があります。

マジで、恐ろしい部署ですが、
理不尽な処分も下されることもあります。

自分に非がなくとも、一度下された判決をひっくり返すのは、
可能性は0ではありませんが、覆ることはほとんどありません。

なので、僕は「攻めより守りが重要」といい続けております。

いわゆる「サスペンド」と呼ばれるものですが、
サスペンドの種類は2種類あります。

・アカウント停止(一時停止)
・アカウント閉鎖(凍結)

凍結は、いわゆる「死」を意味し、再び復活することはほぼ不可能です。
一時停止に関しては、改善指示書の提出などで復活できることが可能です。

Amazonで、アカウントを停止される原因は、
大きく分けて3通りだと思います。

ーーーーーーーーーー
1.アカウントヘルスに特に問題がある?
2.出品に関する規約違反または契約違反をしている。
3.複数アカウントの運用、または過去サスペンドになったアカウントとの関連がある。
ーーーーーーーーーー

無在庫輸入をするにあたって、この3つを守っていくことは、
売上、利益を上げることよりも優先順位が高いです。

しかも、アカウントを停止されると、
「資金保留」と言って、売上金をAmazonに保留されてしまいます。

つまり、「無在庫販売はキャッシュフローが良い」
という、最大のメリットが諸刃の剣となって返ってきてしまいます。

サスペンドについては、もう少し詳しくお伝えする必要があるので、
ブログ等にもアップしていくようにしますね。

で、今回サスペンドに関する話をさせてもらったのには理由があって、

昨日のお昼頃に、Amazon一斉パトロールが入りました。
(真意はまだわかっていないのですが。。。)

MYCの複数のセラー宛に、「知的財産権侵害」の「警告」
が飛んできております。

ここは、あまり大きな声でいいたくないのですが、
「警告」ではなく「一発」で「一時停止」の連絡も入ってきています。

かなりシビアな出来事が、昨日一日で起こりました。
まさに、MYCパニックです。

「知的財産権」については、特許庁のページがわかりやすいです。
http://greek-ex.jp/L18843/bc0/?utm_source=rss&utm_medium=rss3t4331

つまり、

「2.出品に関する規約違反または契約違反をしている。」

この部分に抵触する内容で、
その商品ページの権利者(メーカー、代理店など)が、
Amazonに対して、真贋(偽造品)の疑いなどにより、権利を主張をしているパターンです。

Amazonとしては、権利者側の立場に立ちますので、
そういった権利者からの異議申し立てがあった場合、セラーを取り締まるという流れですね。

とは言いましても、
無在庫販売は、ある程度「ざっくり」無作為に出品していく手法ですので、
こういった対応を余儀なくされることがあります。

なので、「フィルタリング」という、
出品してはいけない商品を、出品しないようにする作業をしていく必要があります。

ここからは、少しテクニック的な部分になってくるのですが、

「警告」に対しては、

1、権利者に出品をしてしまったことに対して謝罪をする
2、出品商品を削除する
3、フィルタリングをして、2度と出品しないようにする

という対応で、特に問題はなかったのですが、

昨日のパニックは、今までとはパターンが異なりました。
Amazonの取り締まりが一気に厳しくなっているイメージがあります。

これを聞いて、「なんだよ、無在庫輸入稼げないのか。。。」
と思われるのが嫌なので、僕はこの記事を書くのを躊躇していました。

しかし、真実を書く必要があると思っています。

そして、ビジネスをしていく上で、
「難しい部分」ほど、儲かります。

Amazon無在庫輸入は、アカウントリスクがある。
昨日、Amazonから一斉措置があった。

「では、どうするの?」

という部分の方が重要で、僕はここと向き合っていくことに決めました。

ということで、MYC内に「アカウント対策チャット」を立ち上げました。
ここの情報は、随時メルマガでも共有させていただきますね。

僕の教え子は、僕が守らなくてはいけないですからね!

(多分、読んでくれていると思うので・・・メッセージを。)

to 今回、アカウント一時停止パニックに巻き込まれたMYCの数名
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビジネスをしていると、今回のようなケースは幾度となく訪れます。
ここで諦める人、真摯に対応する人、常に次を意識する人

大きく差が開きます。

まずは落ち着いて、対処していきましょう。
随時、対応結果、進捗をご報告ください。
絶対に、こんなことで諦めてはいけません。

最後に、Amazonからの通知を共有させていただきます。

ーーーーーーーーーー
平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび権利者より、知的財産権の侵害について申し立てがありましたため、出品者様の出品アカウントを一時停止いたしました。該当する商品の例を、本メールの末尾に記載しております。

出品者様のアカウント残高はそのままとなりますが、この問題が解決されるまでお振込みは留保されます。つきましては、未完了のご注文がある場合は、発送処理を行っていただきますようお願いいたします。

残高や決済情報はセラーセントラルの「ペイメント」セクションでご確認いただけます。ご不明な点がありましたら、xxxx-xxxxxx@amazon.co.jp宛にメールをお送りください。

出品アカウントの再開をご希望の場合は、次の情報をxx-xxxxxxx@amazon.co.jp宛てにお送りいただきますようお願いいたします。

— 仕入れ先から発行された、発行日から90日以内の請求書、領収書、契約書、配送伝票、または委任状の写し。記載されている商品の数量は、在庫と一致している必要があります。
— 出品者様が本件商品の権利者ではない場合、流通経路の証明となる書類一式。
— お客様がブランドオーナーである場合は、ブランド登録証明書のコピーと、営業免許または個人の身分証明書のコピーをご提出ください。
— Amazonへの通知が必要と思われる追加情報。

送信いただくファイルは、.pdf、.jpg、.png、.gifのいずれかの形式でお願いいたします。書類は真正で、変更が加えられていないものである必要があります。価格情報は書類から削除してもかまいませんが、その他の情報は確認できるようにしてください。仕入れ先の連絡先情報は秘密情報として取り扱います。

ご提出いただいた情報をもとに、出品者様の出品アカウントを再開できるかどうかを判断させていただきます。必要情報を17日以内にお送りいただけなかった場合、出品者様の出品を再開できない場合があることをご了承ください。

Amazonのポリシーの詳細については、セラーセントラルの「ヘルプ」で”Amazon偽造品の取り組み”または”禁止商品”をご確認ください。

当Eメールの内容に関するご不明点は、直接返信を行う形でご連絡ください。出品操作に関するご不明な点がございましたら、テクニカルサポートまでご連絡ください。

————————————-
(メーカー名) -B00xxxxxxxx B00xxxxxxx B0xxxxxxx
————————————-

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://greek-ex.jp/L18843/bc0/?utm_source=rss&utm_medium=rss4t4331
ーーーーーーーーーー

引き続き、アカウント対策に関してシェアさせていただきます。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

Source: 大越雄介
Amazon一斉パトロール開始!?知的財産権侵害の警告が、複数セラー同時にやってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です