クレーマーと戦った話。〜最終章〜

こんばんは。天道です。

そろそろ書いてる僕も読んでて飽きてきたので、今回で終わりにする。

 

最後のメッセージに対してやってきた返事。

お前、到着まで待たせないって言ったよな?

んで、買った商品がフィットしないことを教えてくれなかったよね?

俺たちのやりとりは記録されるし、お前の商品は○○でない事を証明する事は簡単だ。
お前はクレイジーだ。お前はセラーとしてクライアントの事をケアしようと思わないのか?

 

天道の攻撃!

 

僕は日本郵便での到着予想を伝えたの。
僕も商品があれだけ保管されるとは思ってなかった。

さっきも言ったけど、商品を送る前にSサイズでOKか確認したよね?
んで、OKって言ったじゃん?

この商品は○○○だよ。
領収書もある。

もし僕がクライアントをケアしないんだったら、君ののメッセージを全て無視してるってんだよ!!

 

そして、このメッセージを送った後に。

商品の到着が遅れたこと、商品が合わなかったことを言ってきて振り出しに戻った。

 

しかも、ちゃんとここまで読んでくれてる人は分かると思うが、この人は天道にどうしてほしいのか一言も言ってこないんだよね。返品したいのか返金してほしいのか愚痴を聞いてほしいのか。

 

天道は何となく察するけど、思ってるだけじゃ伝わらないし言わなきゃ伝わらないよ?って考えで生きている。

 

だから僕は彼女に、すっっっっっごい気持ちを伝えるの。

 

話を戻そう。

さすがに僕も面倒くさくなって、もう終わらせようと思った。

まずは、30%の返金を提案

すると、こう来た。

 

商品が合わないんだし、あれだけ待たせたんだ。

60%の返金が妥当じゃない?

 

まぁ、いいか。

普通に対応してたら全額返金で落ち着いてたろう。

それを60%返金で終わらせたんだからいいほうでしょ。

 

そして60%の返金をし、このバイヤーをブロックして終わったのである。

 

労力は使うけど、皆さんも納得イカないクレームと時には戦ってみてはいかがだろうか?

逃げ道をたくさん作っておけば、それが武器となりクレームに対応できるのだ。

まぁ、疲れるからオススメはしませんけどねwww

 

僕がこのイスラエル人だったら、これでも評価をNegativeかneutralにするところだが、このイスラエル人は最後まで意味がわからなかった。

 

とある日、僕の評価を見てみたらこのようにポジティブ評価が入ってた。

 

ハッハー!!このセラーはとても話好きだ!良いサービスだったぜ:)

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!!

Source: 天野徹
クレーマーと戦った話。〜最終章〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です