amazonアカウントのサスペンド種類とは?

おはようございます。

Yoshiです。

先日のamazonアカウント 一時停止についてご覧になられましたか?

amazonの一時停止に立ち向かう!

今回、「このたび権利者より、知的財産権の侵害について申し立てがありましたため、出品者様の出品アカウントを一時停止いたしました。該当する商品の例を、本メールの末尾に記載しております。」というメールでかなり動揺している方もいらっしゃると思います。

amazonのセラーに対する制裁はどのようなものがあるでしょうか?
僕の経験で知る限りでは、下記の3点です。

1.売上の保留を伴うアカウントの審査

2.アカウントの停止

3.アカウントのブロック

1.売上の保留を伴うアカウントの審査

売上が急激に上がった場合や、
出品数が出品数が上がった場合、
セラー評価の指標において疑いを持たれた時
メッセージ内に不適切な文言があった場合

特に取引件数が少ないうちは
数回のミスでODRやキャンセル率が大きく悪化します。
開設間もないアカウントで大量出品等を行うと
こうした問題が発生しやすいとのことです。

なので、レビュー中については
発送遅延、キャンセル率などを気をつける必要があります。

短期間でパフォーマンスを改善させるには
安価で大量に売れる商品を取り扱うことが大事ですね。
FBAも使うのも手ではありますが、
パフォーマンス通知には、
FBAと出品者からで評価が別になっておりますのでご注意ください。

2.アカウントの停止
売上を留保してもアカウントの評価が改善しない
もしくはさらに悪化した場合には、
アカウントを停止される場合があります。

今回の「知的財産」についてのアマゾンの対応が、
ここになります

この場合アマゾンは改善計画の提出や
また、詳細な資料を求められるケースがほとんどです。

3.アカウントのブロック
ほぼ「アカウントの死」を意味します。

改善計画を提出しなかったり、ポリシー違反を繰り返してしまったり
した場合に起きる一番厳しい制裁になります。

如何でしたでしょうか?

今回の「知的財産による一時停止が非常に厳しい状況にあること」
ということが理解できたかと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

Source: Toku太郎
amazonアカウントのサスペンド種類とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です