アカウントを守るためには?

おはようございます。

Yoshiです。

amazonアカウントのサスペンド種類とは?

今回、アマゾンで一時停止になられた方がいらっしゃるとのことですが、

一時停止の措置について重さがわかりましたでしょうか?

今回、すでに起きてしまったことに対しては、まず改善案を提出することが第一でありますが、

そもそも、アカウント一時停止を防ぐためにはどうすればよろしいでしょうか?

1.法律、権利に違反しない

2. アカウントヘルスを良好に保つ

この2つが大きく影響するわけです。

他には、複数アカウントを持って紐付いてしまうことによるアカウント停止がありますね。

1.法律、権利に違反しない

法律に関してはAmazonのヘルプページで定義されておりますので参照ください。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085374

権利(知財)については、商標権については下記のサイトで検索することが可能です。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

ここで、ある程度事前に防ぐことは可能です。

しかし、どうしても謝って出品してしまった場合はどうなるのでしょうか?

・Amazonより直接通知が来る(パフォーマンス通知)

・他のセラーからメッセージを経由して、削除依頼の通知が来る。

基本的には上記ケースが殆どです。

この場合には、

即対応

が原則です。放って言うたら、アカウント一時停止へ発展する可能性が高まります。

なので、基本Amazonへは規約、または、通知に対してしっかり対応しているような状況を作りましょう。

なぜ、このようなことをするのか?

 

少し全体を俯瞰した時にセラーって何万人といると思うのですが、

それに対してアカウントスペシャリストの人数って数%な気がします。

セラーからのメールなんて基本見ていませんよね。。。。。

ただ、いつでも顧客情報は見ることができるわけで、何かトラブルがあれば全てトレースされます。

そういった時に解除につながる材料、いわゆる証拠をどれだけ持っているかが重要なんです。

武器を揃える期間ですね。

そういう認識を持って、法律、権利関係に対応していきましょう。

 

2. アカウントヘルスを良好に保つについては、また後日に!

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

Source: Toku太郎
アカウントを守るためには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です