副業における確定申告

副業における確定申告

副業で物販をされてる方は個人事業主でやっている方も多いかと思いますので、確定申告の時期は頭が痛い方も多いんじゃないでしょうか。

私は昨年度から課税事業者になってしまったので、免税目的もあり昨年法人を立てました。
ですので、今回が最後の確定申告になる予定です。

副業での確定申告で多くの方が気にされるのが、会社にバレないかどうか?だと思います。
会社にばれないように確定申告するには住民税で「普通徴収」を選択、基本的に「事業所得を赤字にしない」などを気をつければ、もちろん保証は出来ませんが、よほど会社にバレることはないと思います。

また、アマゾンで販売をされてる方は、確定申告にクラウド会計の「freee」がおすすめです。
メインバンクにネットバンクを使っている方も多いと思いますが、freeeではネットバンクでの入出金明細や、アマゾンでの売上明細などを自動所得してくれる機能があります。アマゾンから明細単位での所得は本当に便利ですよ。登録も簡単です。

ネットバンクの入出金も、科目を決めて登録ボタンを押すだけで簡単お手軽処理です。ちゃんとこまめに登録していけば毎月の収支なども視覚的に見ることが出来て事業内容の把握にも繋がります。

確定申告の用紙もfreeeから出力出来てまさに至れり尽くせりです。
これで月額980円!最初はちょっとQ&Aを見ながら覚えることは色々ありますが、freeeがあれば確定申告に税理士さん頼む必要なく結構行けちゃいます。はい、なんだかfreeeの回し物みたいになってしまいましたね。

こういう手間は税理士さんなどに丸投げして外注化というのも一つの手ではありますが、自分の売上や経費、手元に残っているはずの利益などを知るという意味では一度ご自身でやってみるのはお勧めします。

長くなってきたので続きはまた明日。