あえて薄利多売しない理由

こんにちは。

佐々木です。

 

いきなりですが質問です!

 

「あなたは利益率の高いビジネスと

 

低いビジネスだったら

 

どちらをやりたいですか?」

 

 

こういう問いがあったら、

あなたはなんと答えますか?

 

まぁほとんどの方は間違いなく

 

「利益率の高いビジネス」

 

を選ぶと思います。

 

だった当然ですよね。

 

薄利多売よりも、

高利多売の方が

いいに決まっています。

 

それは儲かるから、

ということもあるのですが、

 

もう少し突っ込んで考えると、

 

・リスクに対する対応力が出る

 

ということなんです。

 

例えば、

 

A)1000円で仕入れたものを2000円で売って、

送料・経費含めて200円の利益が出る商品と

 

B)1000円で仕入れたものを6000円で売って、

送料・経費含めて3000円の利益が出る商品であれば、

 

A)利益率10%

 

B)利益率50%

 

となります。

 

そこで商売をしていくうえで、

避けては通れないのが

返品交換等のリスクです。

 

そういったことが起こると

売り主としては当然いくらかは

負担しなければいけない経費が

発生しますので、

 

利益が500円であれば、

仮にそういったトラブルが何件も

起きた場合は、

 

逆にマイナスが膨らんで

補填しきれないということに

なるわけです。

 

一方利益率が高いビジネスであれば、

返品・交換があったとしても、

 

そういったリスクに対応できる

体力があるので、

 

ショップ運営的にも

リスクが少なく

安定して運営することができます。

 

ですので、

ネットショップを運営していくうえでは、

 

「高利である」

 

ということが非常に重要になってきます。

 

自らがメーカーであれば、

薄利多売戦略もとれますが、

 

在庫を持たない無在庫ビジネスであれば、

リスクヘッジと安定運営の観点からすると、

 

高利で運営していくというのが

理想的な状態です。

Source: 佐々木 裕也

あえて薄利多売しない理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です