稼げるコミュニティの探し方

今日も毎月参加している物販の集まりに参加してきました。

有志での勉強会と言う形で、知っているメンバーが多いんですが、今日は初めましての方もたくさんいらっしゃいました。

今回は以前から知っている方々が講師だったのですが、いつのまにか月商で1300万売ってるとか聞くと良い意味で刺激になります。
もちろん、外注化や販売戦略、販路拡大など、講義自体も色々と参考になる内容が多かったです。

初めましての方と色々交流できたのも良い刺激になりました。今回は講師の知り合いでこれから物販始めてみたいという方や物販始めた直後の方なども何名も参加されていて、お話していて結構新鮮でした。

今日お話をした中で、75万のコンサルを受けているけど全く結果が出ていないという方がいらっしゃいました・・・

75万円が高いかどうかというのは、得られる内容次第ですので一概に高いとは思いません。個人コンサルでしたら極端に高くは無いですし、本当に稼いでいる方だったらコンサル生取るより自分で売ってた方が儲かるのでコンサルはやらないという方が多いので、そういう方に教えて頂けるのであればむしろ安いかも知れません。

つまりですが、仮に誰がやっても1円も稼げない5000円の情報商材と、過去10人コンサルして、全員が月収30万をコンスタントに稼ぎ続けている100万のコンサルがあったとして、どっちが高いか?という話になる訳です。投資した金額以上のリターンがあるのであれば安いですし、たとえ数100円でも何の役にも立たないのであればただのゴミです。

ここで考えて欲しいは、絶対的な金額ではなく、どれだけのリターンが見込まれるか?という事ですね。

ここを考える上で一つ注意して欲しいのが、スポーツでよく言われる「名選手=名監督とは限らない」という事が物販などでも言えるという点ですね。本人は凄く稼いでいるけど、稼がせるのは全然うまくないという方も中にはいます。逆に本人はそこそこの実績だけど、教えるのがうまくて教え子にガンガン抜かれてる!!なんて人もいます。実は今のコミュニティなどはまさにその典型なんですよね。これ書いちゃって良かったのかわかりませんが・・・

何事も独学は非常に効率が悪いので、自己投資で経験者に教えて頂くのをお勧めしていますが、誰から教えてもらうかは非常に重要です。

前置きが長くなりましたが、タイトルの件に関して、稼げるコミュニティを探す場合、実際にそこのコミュニティの教え子がどの程度実績を上げているのかとう事が結構重要になって来ます。ですので、実績を出されている方と知り合ったら、その方が所属していたコミュニティを聞いてみる、と言うのが個人的にお勧めの方法です。

そのためにもやはりオフラインの場で横のつながりを作るのが色々な意味でお勧めですね。是非皆さんも積極的に外へ出て行きましょう!

ちなみに私も

Source: 伊藤 亮

稼げるコミュニティの探し方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です