《ギブアンドテイク》→《ギブアンドテイクアンドギブギブ》

こんにちは。
大越です。

昨日のメルマガは、読んでいただけたでしょうか?
http://yusukeokoshi.com/l/m/mbMKOVE13PA0Jh?utm_source=rss&utm_medium=rss

さて、昨日のメルマガの続きとなります。

「インターネットビジネスで、ある程度稼げるようになったら、次はどうしたら良いの?」

これは、僕が進んできた道なので、賛否両論あるかもしれません。

大越 (スペース) 詐欺
ツールはクソだ…
髪を切れ!笑

最近、色々と叩かれまくられている訳ですが…

いつも立ち返るのは、

「自分の信念」

雇われには死んでも戻りたくない
40歳までにセミリタイアして、儲からないカフェを経営したい
お金があったら幸せになれる人を稼がせたい

僕が、ビジネスをしている大きな3つの理由です。

情報発信をしている理由でもあります。

単純に楽しいから、というのもありますね。

今日は、

「ギブアンドテイクアンドギブギブ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここを、もう少し掘り下げていきたいと思います。

一発目のギブ
これは、相手からのサービス提供を指します。

つまり、すべては、ギブを受け取ることから始まっています。

「母ちゃん、俺を産んでくれてありがとう。」

という、37年前の話は、一気にすっ飛ばしますが(笑)

今日は、稼ぐ系の話に特化します。

「指導者」の一番の役割というのを考えてみました。

ノウハウの提供?
仕組みの提供?
コンテンツ、ツールの提供?
マインドセット?
etc…

まぁ、色々とあるとは思いますが、
まずは、こういったギブを受ける訳です。

僕も、師匠の紙さんからたくさん受取りました。
今も沢山いただいております。

その対価として、お金を支払います。

これが、一発目のテイクですね。
自分自身のギブされたことに対してのテイクです。

しかし、指導者というのは、
サービスを提供することだけが役割ではありません。

なんだと思いますか?

「行動させること」

これに尽きると思います。

つまり、これが二番目のギブに当たります。

よっぽどの酷いスクールでなければ、

「ギブアンドテイクアンドギブ」

ここまでは、受身で良いかと思います。

もちろん、やる気のある教え子であれば、
ギブをしなくても、勝手に行動をします。

なので、

二番目のギブ「行動」

ここが、与える側になるか与えられる側になるかの違いです。

僕が、師匠に対して、

「とりあえずやってみます!」

というのは、

「ありがとうございます!師匠の手をわずらわせる訳にはいきませんから、与えられたもので十分です!」

という意思表示でもあるんです。

ここを履き違えると、

「え?稼がせてくれるんでしょ?」

という、意味のわからない師弟関係が発生します。

もちろん、指導者は、そういった方をいかに行動させるかを考えギブし続けますが、
ここが理解されなければ、正直なところお手上げです。

なので、「手のかからない教え子」というのは、師匠に重宝されます。
この時点で、上位2割には入れます。

とは言っても、「手のかかりすぎる教え子」は、めっちゃかわいかったりするんですけどね(笑)
これも、親心ってやつですよね。

僕の教え子でいうと、お○もさんがそれに当たりますね(笑)

紙さんの生徒でいうと、所長とか木野さんwww

めっちゃ頑張ってるのに、いつも怒られる役割(笑)

なので、この立ち位置は、得ですよね~

あ、話が外れました…
(身内ネタでスミマセン)

三番目のギブは、

「結果」+「シェア」
~~~~~~~~~

ですね。

指導者側からのギブは、

新しい取り組みのシェアとか、検証結果の公開
僕であれば、ツールの進化ですね。

紙さんには、いつも背中を見せていただいています!

ただ、ここのギブが受けられるのは、「行動」している教え子にのみ提供されます。

ここまでくると、師弟関係を超えた、
「ビジネスパートナー」的な立ち位置になります。

では、教え子からみた「結果」+「シェア」は何か?

「結果」は、もちろん実績を出すことですね。

「コーヒー牛乳美味いです!」

の部分です。

そして、忘れてはいけないのは、「シェア」
言い換えるなら、「アウトプット」

ですよね。

自分の経験をフィードバックする
遅れをとっている人がいたら率先してフォローする

ここまでくると、

上位2割のうちの上位2割に入れるかなぁと思います。

ここまで率先して動いてくれる教え子に対して、

指導者は、次のステージに「引き上げる」
という「ギブ」を必ずしてくれます。

もちろん、僕はこれを師匠に対して、戦略的に行っていた訳ではありませんが、

振り返ると、きっとそうだったと思います。

僕が、今こうして60名以上の教え子が出来たのは、間違いなく、紙さんに引き上げてもらったからです。

だからこそ、僕は、紙さんには一生頭が上がらないですし、僕の教え子たちにも僕が紙さんにしていただいたのと同じようにギブをしていこうと思います。

そして、常に、

「サービスを受ける」→「対価を支払う」→「行動」→「結果」+「シェア」

この、

「ギブアンドテイクアンドギブギブ」

の精神で、成長していきたいと思います。

実は、今回、僕の教え子で、

いつも、特に目立って
「ギブアンドテイクアンドギブギブ」

をしてくれている4人がいます。

まぁ、実績もさることながら、ギブの精神が凄いメンバーです。

しかし、彼ら彼女らも、半年前までは、くっそくっそマインドでしたよ(笑)

パソコン使えないは…
くだらない質問してくるは…

そんな彼ら彼女たちも、蓋開けてみたら、全員月収100万円達成していました。

実は、明日

【3月21日18時スタート】

僕の師匠 紙さん
僕のギブ精神溢れる教え子4名
そして、僕

の6名で、動画配信キャンペーンを開催します!

ノウハウについて大暴露をしていきますので、めっちゃ楽しみにしていてくださいね!

4人以外にも、合計9名が月収100万を達成し、実践者の8割以上が実績を出しているノウハウを、

僕からではなく、実際に稼いでいるメンバーが大暴露します!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

Source: 大越雄介

《ギブアンドテイク》→《ギブアンドテイクアンドギブギブ》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です