Amazon カテゴリー検索術!!

どうも。
FP × 物販 = TAKUTO です。

本日は、「Amazon カテゴリー検索術!!」です。

普段何気なく使っている
検索機能も、意外と知らない”検索のコツ”があります!

Amazonでリサーチする時などに、
「検索結果が多過ぎて、自分のほしい情報を見つけるまで時間がかかってしまう」
ということはありませんか?

そのような場合に
「除外」「完全一致」「サイト内検索」
などの検索方法を使うと効率的です。

今回は便利な検索方法を
3種類まとめて紹介しますね!!

【検索方法1:OR検索】
【検索方法2:完全一致検索・フレーズ検索】
【検索方法3:除外検索・特定のキーワードを除いた検索】

————————————–

【検索方法1:OR検索】
この方法は
「Aを検索したい」「Bでも検索したい」
という時に一度で検索できる方法です。

Aのみの検索とBのみの検索を
合体させた検索結果になります。

検索したいキーワードの間に
スペースと大文字のORを入力します。

小文字のorでは機能しませんので
注意してください。

例えば、
A=並行輸入、B=海外輸入品として検索したいときに

「並行輸入 OR 海外輸入品」

【検索方法2:完全一致検索・フレーズ検索】

例えば、
「並行輸入品 恐竜」と検索すると
アンド検索となってしまうので、

「並行輸入品」と「恐竜」が含まれている
ページが検索結果に表示され、特定の条件で絞り込みがされない。

その場合は、
「”並行輸入品 恐竜”」と検索すると、
「並行輸入品 恐竜」という1つのキーワード
(完全一致)として検索され、表示されます。

【検索方法3:除外検索・特定のキーワードを除いた検索】

例「並行輸入品 -ナイフ」

並行輸入品とナイフの間にスペースと
「-(半角マイナス)」を入力して検索します。

「並行輸入品で検索した場合の検索結果」から
「ナイフで検索した場合の検索結果」が除外
されます。

除外検索は、不要なページを除外し
検索結果を絞りこむ時に便利な検索です。

検索一つ取っても、色々と工夫することでライバルに差を付けることが出来ます。

本日も、ガンガン売っていきましょう!!!!

では、本日は以上です!
最後までお読みいただきありがとうございましたー!

Copyright © 2017 現役FPが物販で月商1000万円を達成した軌跡!! All Rights Reserved.

Source: 中川 拓人

Amazon カテゴリー検索術!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です