【Amazon輸入】Amazonで個人輸入する最初のハードルは言葉の問題

まず個人輸入とは文字通り個人でAmazonなどの海外のサイトからさまざまな商品を購入することですが、その際に個人が自分でAmazonなどの海外のサイトに注文して購入する場合と、輸入代行業者に自分が欲しい商品の購入を依頼する方法とあります。
個人が自分でAmazonなどの海外のサイトに注文して購入する場合に、最初のハードルとなるのは英語など言葉の問題です。

Amazonは世界中の13ヶ国で展開している

仮にAmazonから個人輸入するとしてもAmazonは世界中にあり、フランスのAmazonであれば当然のことですがフランス語で書かれています。
ちなみに現在Amazonがサイトを運営している国はアメリカと日本以外ではカナダ・フランス・イギリス・ドイツ・イタリア・スペイン・オランダ・インド・中国・オーストラリア・メキシコの11ヶ国です。
Amazonなどの海外のサイトに注文して購入する場合に現地の言葉で書かれているので、輸入代行業者を使わないで自分で個人輸入するのはかなりハードルが高いと言えます。

英語圏のAmazonであれば何とかなる

それでもアメリカやイギリスやオーストラリアなど、英語圏のAmazonを使って個人輸入をするのであればまだ何とかなりそうです。
ほとんどの人が中学校と高校で最低6年間は学校で英語を学んでいるので、ネイティブの外国人との会話は無理でも英語を読むくらいはできるはずです。
それにもし分からない英語があればGoogleの翻訳ソフトを使えば、他の言語と比べると翻訳の精度が高いので大抵は大丈夫です。英語圏のAmazonであればGoogleの翻訳ソフトを使えば、商品説明や輸入手続きなどもだいたいは理解できます。

まとめ

もしAmazonで個人輸入するのであれば輸入代行業者に依頼するのが1番かんたんですが、自分で世界中にあるAmazonから商品を購入することができれば、日本で手に入らないような欲しい商品が安く買えます。
学校で英語を最低6年間は学んでいるはずですが、英語はどうも苦手だという方も多いはずです。
ただもしこのハードルをなんとかクリアできれば、Amazonでの個人輸入がビジネスにも繋がる可能性があります。
英語圏以外のAmazonもGoogleの翻訳ソフトを使えば、商品説明や輸入手続きなどであれば理解はできます。
いずれにしても言葉のハードルがあるから、ビジネスになるのかもしれません。

Copyright © 2017 現役FPが物販で月商1000万円を達成した軌跡!! All Rights Reserved.

Source: 中川 拓人

【Amazon輸入】Amazonで個人輸入する最初のハードルは言葉の問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です