台湾2日目

台湾2日目。仕入れツアーとはいえ、どうせなら観光も!!ということで、朝5時半前に起きて行列の出来る朝ごはん屋に行ってきました。

6時半から並ぶこと1時間。確かにかなり美味でした。私は豆乳飲めない派だったんですが、台湾の豆乳は飲みやすいということで飲んでみたら確かに結構飲める!コスパも良く正直食べすぎました・・・皆が並ぶ理由はわかりました。ちなみに6時に並んだときは周りから聞こえるのは中国語ばかり・・・地元民に人気のお店なんでしょうね。

しかし、食べ終わって7時半に店を出ると、行列から聞こえてくるのは日本語ばかり!!日本人観光客の朝は遅いようです。

前置きが長くなりましたが、終日かけて天然石のお店や台湾の秋葉原、ファッション問屋街など、色々なところを巡って来ました。

アパレルは正直あまり分からないのですが、明らかに中国仕入だろってわかる激安低品質の物から、台湾オリジナルのコスパに優れた良品まで玉石混合で面白かったです。ちなみに、電子機器系は既に有名な台湾メーカーはメーカーとして独自に日本に進出している処も多いため、物によっては日本の方が安いものも結構ありました。

台湾メーカーかばんなど、日本であまり見かけないデザインなんかもあって、普通に欲しいなと思うようなものも多く、結構ありかな?という感想です。台湾から日本への物流網など色々課題はありますが、普通に個人レベルでもうまくやれば行けそうな感じはあります。

電子機器関連で言うとASUSとか中国のHuawei(スマホですが)なんかは、日本市場では自国より安い戦略価格を付けることがあると聞いていましたが、結構そんな感じでした。この辺は問屋で仕入れてもうまみが少ないな、と言うのが正直な感想です。メーカーの日本法人がある企業も多いですし。台湾=電子機器と言うイメージを持っていましたが、この辺はやはり強いですね。

天然石に関しては、かなり良質な商品ばかりを並べているお店で、日本人バイヤーである旨を伝えて交渉したら、結構値引きが効く感じでしたので、お試しで購入してみました。

物が良くてもネット通販でそれを伝えるのは簡単ではないので、どちらかと言うとリピーター狙いの独自ショップや楽天向けの商材とも言えますが、品質と値段のバランスは良いように思いますので、挑戦してみたいですね。

今回は現地で実際にお店や商品を見れたことも大きいですが、一緒に行ったメンバーが、物流会社の社長さんだったり、輸入スクールの塾長していたり、サラリーマンの副業で年商数億売ってたり、数社の会社を経営する社長だったり、1アイテムで月商1300万売ってたりと、ちょっとぶっ飛んだメンバーなので、みんなの商品を見る目や買い付けなどの視点が学べたことも大きいです。

このメンバーでの少人数ツアーに参加出来たってだけでもラッキー以外の何物でもないですし、本当にありがたい話です。
色々と学ぶことは多かったので、これを実際に活かしてきたいですね。

Source: 伊藤 亮

台湾2日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です