これだけは決めておいたい!ネットショップ開業まえのターゲット選択

ササキです。

 

人間の趣味嗜好は、

年齢とともに移り変わります。

 
ファッションを例に挙げると

学生時代は派手なデザイン

社会人になると落ち着いた

デザインを好みます。

 

ファッションの他のジャンルでも、

趣味嗜好は年齢とともに変わるので、

ネットショップ開業のターゲット選択を

するときも、年齢層は重要なポイントです。

 

 

ターゲットの年齢層は、

あやふやにしてはいけません。

 

 

若年層と高齢層の両方を

ターゲットに選択すると、

ネットショップのコンセプトがぶれます。

 
そのため、

若年層が欲しがる商品を

取り扱っていなかったり、

 

高齢層には見にくい

サイトデザインになったりするのです。

 
ネットショップ開業時から

両方の年齢層に対応しようとすると、

扱う商品は増やさなければいけません。

 

 

サイトのデザインも

特徴のないものになりがちで、

面白味がなく印象にも残りません。

 

結果、

どっちつかずのネットショップに

なってしまい売り上げにも

悪影響が出てしまいます。

 

 

ネットショップ開業前に

ターゲットの年齢層を

絞っておけば、

 

扱う商品も

絞り込むことができるので、

管理のコストや在庫のリスクも

低下させることが可能です。

 

 

サイトのデザインも

若年層に好まれる

おしゃれなデザインにしたり、

 

高齢者でも見やすく

分かりやすいデザインに

したりできます。

 

 

ターゲットに合わせた

ネットショップ開業ができれば、

その年齢層の顧客に効果的な

アピールができるでしょう。

 

 

基本的に

ネットショップ開業の前に決める

ターゲットの年齢層は、

自分と近いほど良いです。

 

 

あまりにもターゲットの年齢層と

自分の年齢が離れていると、

顧客の立場に立つことができません。

 

 

顧客の欲しがる商品を

セレクトすることができなくなり、

ニーズと品揃えにズレが生じます。

 

 

自分とターゲットの年齢層が近ければ、

自然と顧客のニーズを

汲み取ることができるでしょう。

 

 

商品をセレクトするときも、

ニーズを自然と汲み取り

品揃えを充実できるので、

 

魅力的な商品をサイトに

並べることができます。

Source: 佐々木 裕也

これだけは決めておいたい!ネットショップ開業まえのターゲット選択

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です