ネットショップ運営する上で集客するコツ(サーチワード広告)

ササキです。

 

 

サーチワード広告はキーワードを設定し、

そのキーワードに該当するものを

上位に表示させるという広告の一種であり、

 

ネットショップの集客を考える際には

一度は検討する広告です。

 

 

 

サーチワード広告のポイントは

その安さと固定された広告費用です。

 

 

 

サーチワード広告はまとめ売りで

行われていることが多く、

その分、値段が安く設定されやすいのが特徴です。

 

 

 

また、クリック制の広告とは違い、

場合によって多くのお金を支払うようなことになるのを避け、

 

決まった広告費で確実に効果を出すことができます。

 

 

 

例えば、

ネットショップの運営をしている個人事業主が

節税対策で経費として落とせる広告を打つ際、

 

決まったお金で広告を打てるサーチワード広告の方が

何かとメリットが多いというのが実情です。

 

 

ただ、気をつけるべきポイントもあります。

 

それは一定期間広告として表示されるというものです。

 

 

在庫がかなりあり、

ある程度の反響があったとしても

すぐに量産体制に入ることができるものであれば

何の心配もありませんが、

 

量産体制に入りにくく、

一度品切れになると当面その状態が続く、

もしくは常に品切れに近いような状態ということになると、

下手をすれば長い期間品切れの状態で

上位に広告が表示される事態に

なってしまうことも考えられます。

 

 

ネットショップで品切れということになると、

その失望感は意外と大きく、

信頼を一気に損なうことになります。

 

 

まして、広告を打っているのだから

そうした事態は考えなかったのかという疑問が渦巻き、

 

運営自体に疑問符がつくということも

十分に考えられます。

 

 

 

集客だけを考えるのなら便利ですが、

その先のことを考えなければならないのが

サーチワード広告を利用する場合の注意点です。

 

 

 

在庫に余裕があり、

そのアテもちゃんとあるという場合には

これ以上効果的な広告はありません。

 

 

 

費用対効果も高くそれでいて

集客につながりやすいことから、

広告を打った後のことを十分に検討した上で

利用するというのが大切です。

Source: 佐々木 裕也

ネットショップ運営する上で集客するコツ(サーチワード広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です