ネットショップで重要なトライアンドエラーの考え方とは

ササキです。

 

 

何事も挑戦しなければ成功は得られない

という考え方が根強く、まずは挑戦し、

そこで学んだことを次に活かすということが

求められています。

 

 

これをトライアンドエラーと呼び、

ネットショップの運営をしていくにあたり、

この考え方がとても重要であると言われています。

 

 

そう言われる理由の1つとして、

ネットショップの立ち上げから

運営を安定させるまでの

苦難の道が考えられます。

 

 

 

最初の段階は

ネットショップの存在自体を知らないため、

まずは存在を知ってもらうということから

始めなければなりません。

 

 

 

そのために広告を打ったり、

知り合いにSNSでの拡散をお願いしたり、

自ら街頭に出てビラを配ったりするなど

あの手この手で集客を考える必要があります。

 

 

 

もちろん効率的なやり方もありますが、

まずはガムシャラにやってみるという姿勢が

立ち上げには求められます。

 

 

その時にトライアンドエラーの精神が

必要になります。

 

 

ネットショップなのだから

街頭のビラ配りはあまり効果がない、

学校の前なら意外と効果があったなど

やってみてわかることも多々あります。

 

 

 

トライアンドエラーをすることで、

なぜ成功したのか、

なぜ失敗したのかという分析をすることになり、

 

自分の頭で考えることができるという

側面もあります。

 

 

 

最初から固定観念で動いてしまうと

何も挑戦することができず、

無難なことしかできなくなります。

 

 

 

しかし、局面によっては無難な選択肢だけでは

乗り切れないことも多く、

不十分ということも多々あります。

 

 

 

そうした時に過去の経験などが活かされ、

あの時こんなことがあったから、

今回もそのやり方でいけるのではないか

 

というように自分の中で過去の経験を応用し、

局面を打開することが可能になります。

 

 

トライアンドエラーという考え方は

試行錯誤という言葉に置き換えることもできますが、

 

まずはアクションを起こす、

 

そして、そこで学んだことを

次につなげることを心がけていけば、

おのずとネットショップを

大きくさせていくことができます。

Source: 佐々木 裕也

ネットショップで重要なトライアンドエラーの考え方とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です