ネットショップ開業をする際に調べるべき商品梱包資材

ササキです。

 

 

ネットショップ開業を行い

商品の発送方法が決まったら、

その発送方法にあった梱包を行う必要があります。

 

 

ネットショップで一番利用頻度が

高い梱包資材としては、

宅配袋があげられます。

 

 

比較的小さなものは宅配袋で発送することができ、

運送業者と法人契約を行った場合には、

無料で宅配袋をもらえる場合もあるでしょう。

 

 

次にアパレル系のネットショップで

多く利用されている梱包資材が、

宅配ビニール袋です。

 

 

紙で作られている宅配袋よりも費用は安く、

雨に濡れても中身が濡れる心配はありません。

 

 

段ボールのように組み立てや解体の必要もないので

手間もかからないでしょう。

 

 

しかし梱包が安っぽく見える

というデメリットがあるので、

商品によって使い分けると良いでしょう。

 

 

そして封筒の内側に緩衝材のエアキャップが

付いているクッション封筒と呼ばれるものです。

 

 

衝撃によって壊れやすい

CDやDVD、ゲームソフトなどの

梱包に最適であるといえます。

 

 

元から中にエアキャップが付いているので、

商品を袋に入れて封をするだけなので、

手間も時間もかかりません。

 

 

サイズも豊富にそろっているので、

商品に合わせたものを選ぶことで、

簡単に利用することができます。

 

 

そして、

顧客との連絡の際に利用することができる、

店のロゴや名前などが入った名入れ封筒です。

 

 

そのほかにも、

小さな雑貨などのメール便の梱包資材としても

利用できるでしょう。

 

 

ネット印刷を利用することで

1枚あたり10円もかからない程度の

予算で作れるので、用意しておくとよいでしょう。

 

 

そして大型の商品発送に欠かせない

梱包資材が段ボール箱です。

 

 

そのほかの梱包資材に比べると

コストは高くなりますが、

受け取った側は高級感を感じるでしょう。

 

 

段ボールの中で荷物が動かないように

緩衝材を詰める必要があります。

 

 

緩衝材にはいろいろな種類がありますが、

あまり費用をかけられない場合には、

ビニール製のエアーキャップと、

紙の緩衝材が挙げられます。

 

 

どちらも低コストなので、

準備しておくとよいでしょう。

Source: 佐々木 裕也

ネットショップ開業をする際に調べるべき商品梱包資材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です